リフォーム詐欺の現場発見!

このエントリーをはてなブックマークに追加

20150831_103351_ks 20150831_103400_ks

上の写真に写っている赤い金物。なんだかわかりますか?最近また世間を騒がせているリフォーム詐欺による不必要な金物を小屋裏に取り付けられた現場です。

全く意味のない金物を高額な費用で付けるという悪質な業者によるもの!皆様も気をつけてください。

公式ホームページ

今回の現場は屋根裏点検口のすぐ上にだけ(取り付けしやすいところだけにつけるのがこの手の業者のやり方)2箇所意味のない工事をしていました。いままでも何度か見たことがありますが、全て必要のない工事ばかり!

そもそも小屋裏に補強金物を入れても全く耐震性は上がりません。先日もテレビで報道されていましたが最近この手の被害が又増えているという事です。

電話での勧誘や直接の訪問は一切相手にしないのが懸命です

リフォーム専用ページ

耐震工事の話

今日の新聞の一面で住宅の耐震が進んでいないという記事が掲載されていましたが、国は補助金を出したり対策はいろいろしているみたいですが、耐震工事は高額になるため、耐震化が進みません

耐震工事自体も一般の方には難しくて理解できない事も原因だと思います。

市町村で行っている無料診断などもありますが曖昧な診断で終わっています。

国の定めた基準の数値「1.0」をクリアするという条件は意外と費用がかかるケースが多く諦める方も多いのではないでしょうか?

耐震性というのは基準をクリアできなくてもバランスをよくする事が重要です。診断結果が「0.7」の数値が出て耐震工事後も「0.7」で終わっても耐震性がよくなる場合があるのです。それはバランスをよくすることです。

例えば、プロレスラーのような強靭な肉体の持ち主でもどちらか一方の足が骨折していたら、子供のチカラでも強く押せば倒せるかもしれません。しかし、一般の大人に子供が強く押しても倒れることはないでしょう!

このように強くするだけが耐震性をあげることではなくバランスの良い家にすることが肝腎なのです。

耐震診断・耐震工事専用ページへ

公式ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です