台風の準備で足場のシート巻き

大型台風が週末に上陸する為、足場のシートを巻き付けて強風対策。

足場のシートは付けたたまだと、強風で倒れてしまいます。先月の台風でもシートの巻き付け作業しましたが、現場近くの大型店舗の足場シートの巻き付けをしていなかった為、足場が倒れていました

所沢市の足場の倒壊現場

ニュースでもよく見ますが、なんで繰り返すのだろう?自分のところは大丈夫?という気持ちがあるんでしょうか?

今日も10階建てくらいのマンションの改修現場の足場のシートがそのままになっています。明日巻くのでしょうか?近所の方は千葉のゴル場の件もあり不安ですね・・・

埼玉県は災害が少ないと言われていますが・・

公式ホームページ

 

台風被害は火災保険で直せます。

2019/9/9 本日、関東に上陸した台風15号による被害は皆様大丈夫でしょうか?

屋根や外壁、窓や外構などの被害がありましたら、火災保険による損害金が出る可能性があります。

前回の大型台風によって屋根の吹き飛びや剥がれ、雨漏りなどの被害も保険が適用になっています。当社でリフォームしたお客様で保険会社によっては200万円以上の保険金が出ているケースもあります

もし被害が多少でもありましたらまずご連絡ください

0120-504-319まで

専用ホームページ

保険申請の流れは

①業者(彩建コーポレーション)に連絡をして被害状況の確認作業(無料で行います)0120-504-319

②業者(彩建コーポレーション)による修理・リフォームの見積依頼

③お客様から保険会社へ連絡

④保険会社へ申請書類を提出 ・見積・図面(作業箇所や内容のわかるもの)・被害箇所の写真などは当社で無料で作成致します

⑤業者(彩建コーポレーション)と工事契約を結ぶ

⑥保険申請が下りてから工事着工。

保険会社によって、又は被害状況によっては申請が降りる前に修理・リフォーム作業が行える場合がありますので申請時に必ずご確認ください

前回の台風で屋根が吹き飛んだ現場の写真

屋根以外にも保険が適用になるもの

①雨樋の破損

②外壁の破損

③窓ガラスの破損

④フェンスの破損

⑤カーポートやバルコニーなどの屋根の破損

火災保険で改修工事 専用ホームページ

屋根の改修工事専用ページ

所沢市の行政道路沿いの足場の倒壊現場

所沢市の足場の倒壊現場

最近の頻繁に起こる災害に対して、おうちの災害対策も考えなくてはいけない時代になってきました。

1.台風対策

窓対策・・・窓に後付けの雨戸をつけたり、面格子や二重窓などなど

屋根対策・・・前回の台風では所沢地区でも家の屋根やカーポート、バルコニーの屋根が吹き飛んだり、被害は大きくなっていますので屋根材の点検や補強も考えたほうがいいですね

外構対策・・・ブロック塀やフェンスなどの補強など

 

 

 

所沢市のLDKリフォームクロス貼り終了

所沢市のLDKリフォーム現場

柱の撤去に伴い補強梁をあらわしにして着色しました

リフォーム専用ページ

所沢市青葉町の外壁塗装現場

水洗い⇒養生中

外壁塗装専用ページ

川越市のLDKリノベーション現場

タカラのキッチン組立中

キッチンリフォーム専用ページ

所沢市のマンション全面リフォーム現場

マンション全面リフォーム解体2日目

リフォーム専用ページ

台風被害現場 ガルバリウム鋼鈑屋根材工事

台風被害現場 ガルバリウム鋼鈑屋根材工事

最初に捨て唐草やケラバといった「役物」を取り付けます

軒先から(屋根の先端」から貼り始めます。雪留め金具も同時に付けていきます

今回はニチハの横暖ルーフというガルバリウムにウレタン断熱材が入ったものを仕様。耐久性と軽量(瓦の1/10)で耐震性が良く、断熱性能も良い屋根材です。

専用公式ホームページ

台風24号による屋根の吹き飛びの現場がやっと着工出来ました!

台風24号による屋根の吹き飛びの現場がやっと着工出来ました!

先月10月1日に起こった台風24号による屋根の吹き飛びの被害現場がやっと本格着工いたしました!

この度の台風被害は想像以上に広範囲に広がっていました。被害は勿論、被害状態を見た方が、心配になり、台風対策として改修工事を考える方が多数いる為、建材の一部が生産が間に合わない、職人の手が足りないなどで大幅に作業が遅れています。今後屋根の改修などの外装工事をお考えの方はできるだけ早めの行動をオススメいたします。

吹き飛んだ屋根の状態(10月1日)経年変化により下地が傷んでいた為、屋根材を止めているビスが効いていなかったのが原因です。

仮補修の状態(10月1日)

足場の設置作業で屋根の復旧工事の仮設工事。屋根の改修工事には足場の設置が必要です。作業の安全性は勿論、作業効率も上がり、隣家にもご迷惑がかからない為、必須条件となります。職人がやりやすい環境がいい仕事に繋がり、お施主様の満足度もあがります。

屋根材を剥がし、下地板まで交換作業。屋根材だけ直しても、下地の腐食などで屋根材を止めるビスが効かなくなっています。下地まで交換しなければ、繰り返しの改修作業が必要になります。

野地板撤去後の状態

隅木が3センチ近くたわんでいた為(左写真)たわみの修正(右の写真)をして下地の補強

断熱材の増し貼り

野地板を貼って、つなぎ部分は防水テープで

アスファルトルーフィングを貼って2面の下地が終了!

屋根の改修工事の専用ホームページ

台風による被害。屋根が吹き飛び仮復旧!

10月1日深夜に直撃した台風24号の強風により、屋根の一部が吹き飛ぶという現場が多発!

こちらは所沢市北中の屋根の被害現場。鋼鈑屋根の軒先と棟包の板金が飛んでしまった現場です。築35,6年以上ですが、20年くらい前に現在の鋼鈑屋根に葺き替えたという事です。

台風による屋根の被害。軒先の屋根材が飛んだ被害事例写真 台風による屋根の被害。棟包の板金が飛んだ被害事例写真

台風による屋根の被害。軒先の屋根材が飛んだ被害事例写真 台風による屋根の被害。軒先の屋根材が飛んだ被害事例写真

応急処置をした状態。

今後は火災保険の申請手続きをして、本格復旧をする予定です。続きを見る

所沢市三ヶ島の現場も

こちらはコロニアル葺きの屋根のやはり軒先の屋根材が一部飛んでしまった現場。

台風による屋根の被害。軒先の屋根材が飛んだ被害事例写真 台風による屋根の被害。軒先の屋根材が飛んだ被害事例写真

仮復旧の状態

外れた屋根材を撤去して、アスファルトルーフィングを張り、仮復旧。これで数ヶ月は心配ありませんが、やはり不安ですよね。

こちらも保険申請して葺き替え工事の準備に。

この他、10数件の現場で屋根やバルコニー屋根、カーポート屋根、フェンスの倒壊など多数の被害が出ております。

ほとんどは保険で適用されるものが多いので、被害に遭われた方はご相談ください。

ご相談は0120-504-319又は保険でリフォーム

 

東村山市でバルコニー改修&外壁と屋根の塗替え工事着工しました

東村山市でバルコニー改修&外壁と屋根の塗替え工事着工しました

東村山市でバルコニーからの雨漏りの為、改修工事を行っています。初日は解体工事から

ルーフバルコニー(下に部屋のあるタイプ)と跳ね出しバルコニー 広い部分がルーフバルコニー

アルミの手すりを撤去し、板金で作られた笠木を撤去

笠木を撤去してみると木部の腐食がかなり進んでいました。よくある現象です。アルミの手すりを板金上からビスで止めつけている為、ビス穴から雨水が侵入するケース。

立ち上がりの壁を解体してみると梁までは腐食は進んでいないのが分かり一安心!

雨漏り箇所の床下地。原因は設計の問題と施工不良です。防水の裏から雨水が回っていた為、防水のやり直しをいくらやっても治りません。改修作業は設計から見直すことで、同じことが起きないように根本を直す事が必要です。その為にかかる余分な費用は、結果として安くなる訳です。簡単な補修で済ませてしまうと後でもっと大掛かりになってしまいます。

本日の作業はここまで、明日は床の解体作業と下地施工です。

床下地を剥がした状態で確認。数箇所の雨漏り箇所を発見!構造体の梁は染みがある程度で、下地の交換で済んだのが幸いでした。

バルコニーの改修工事は本当にこのような現場が多いのにびっくりです。建売住宅の手抜き工事がいかに多いか!安かろう悪かろうは後々、大きな出費を生み、メンテナンス費用で結果高いものになってしまいます。

床下地はラーチ合板12ミリの二重貼り+ケイカル板12ミリの三層構造でFRPの割れの対策は万全!

FRP防水のトップコートも完了し、アルミの手すり付き笠木の取り付け開始!

外装工事のことなら専用ページで