埼玉県三芳町で低価格な無垢の家「tsumiki」建築中!

 木の家規格型住宅「tsumiki」埼玉県三芳町で建築中

tumikihyousi-2

夢ハウスの規格型住宅「tsumiki」が埼玉県三芳町で建築中!コンセプトは30代の子育て世代に贈る「わたし流のレイアウト」

規格の段階で間仕切りを造らずコストを抑えた低価格住宅。子供の成長に合わせて後から間仕切りを造っていけるような構造にすることで、可変性を持たせ、建築費を抑えて若い世代でも本物の無垢の家が持てるような価格帯に・・・。

勿論、予算があれば最初から間仕切りを作ることも可能。新建材だらけの建売で子供や家族の健康を考えたら自然素材のナチュラル住宅がいい。

今回はtsumiki3.5×4をベースにオプションで吹き抜けやロフト間仕切りをつくったtsumikiを建築中。その現場の様子をご覧下さい。

基礎工事

20141222_134718_ks 20150114_080856_ks

基礎工事着工前のやり方と言って、基礎の水平レベルと通り芯といって、基礎の中心を木の板に印をつける作業。レーザーを使って正確に出していき、基礎工事のガイドとなります。

基礎の鉄筋を組んだところ。家づくりの第一歩で重要な部分。鉄筋も細かく入れて強度をつけ、コンクリートのかぶり厚(鉄筋とコンクリートの厚み)をしっかり取ることが重要。ベタ基礎といっても内部構造が肝心!

 建て方工事

20150203_094349_ks_ks20150203_094352_ks_ks

基礎工事が終わって、コンクリートが固まったらいよいよ土台敷き。米ヒバの土台を載せていき、アンカーボルトでしっかりと固定します。

20150203_122508_ks_ks20150204_141518_ks_ks

その後、杉の4寸角の柱を建てていき、耐力壁のパネルを入れて2階の床梁を組んでいきます。

20150204_093001_ks_ks20150204_164802_ks_ks

20150206_114945_ks_ks20150205_113002_ks_ks

幅4寸(12センチ)の無垢の梁を組んでいよいよ上棟(棟上げ)。右は内部からの写真。極太の無垢の構造材は古民家ではよく見る光景。

一般の住宅の構造材と比べると違いがわかります。2度の中越地震にもびくともしない頑強構造!

20150206_131325_ks_ks20150206_133503_ks_ks

屋根の下地の構造用合板(野地板)を貼り、つなぎ目は防水テープで処理。

 

 

リフォームチラシ「省エネ住宅ポイント」埼玉県所沢市

 

省エネ住宅ポイント リフォーム版チラシをアップいたしました。

 

内窓をつけて、浴室の改修工事で10万ポイントや内窓とトイレ交換で3.2万ポイントなど、ポイントがもらえるリフォームは今がチャンス!!

お部屋の悩みを解決します

inplassetuden-1 inpurasu2

埼玉県所沢市の彩建コーポレーションでは省エネ住宅ポイントの申請手続きまで一切お任せください。

詳細は専用ページで

〒359-1106

埼玉県所沢市東狭山ケ丘1-68-6

tel04-2929-8400

株式会社彩建コーポレーション

夢エコ便り~無垢を使いこなそう!~

「一物全体」という言葉があります。これは、この世に存在する生命はそれを構成する部分・要素が協力しあってほどよく全体のバランスを保っており、自然のままの形で存在するときに最大限のパワーを発揮する、ということを意味します。

木材についても、異なる木ばかりをたくさん集め、接着剤で貼り合わせた人工的な集成材よりも、一本の木として自然のままの姿を残す無垢材のほうが、はるかに品質が高いことは明らかです。「無垢」は文字どおり、余計な加工をせず、木の特徴をそのまま活かしたものであることを表します。木目があり、節目があり、色合いや香りがあり、生き物が生き物らしく感じられるからこそ、味わい深いものなのです。
無垢材は反る、割れやすい、”くるい”が生じると言われることがありますが、これは乾燥が中途半端な場合に起こることで、無垢材に対する大きな誤解です。しっかりと乾燥させた無垢材には、少しのくるいも生じることはありません。
木の本当の良さを知る大工は、集成材ではなく、無垢材を使いこなします。昔の木造建築は、棟上げをして骨格ができれば一年ぐらいは風雨にさらし、充分に自然になじませ、乾燥させたうえで完成させていたものです。
また現代は、住宅の高気密化、エアコンの普及で、自然界にはない室内環境に無垢材を対応させる必要があり、優れた人口乾燥の技術も求められています。
こうして充分に乾燥させた無垢材を使った建物こそが、本物の味わいのある住まいであると言えるのです。
夢ハウスでは、構造材・内装材はすべて無垢材を使用しています。また、独自の乾燥技術で表面的含水率15%以下を実現。”くるい”や腐朽の心配はありません。

無垢材の正しい知識を知った上で、家族の夢を叶える快適な住まいの為に、無垢材を使いこなした家づくりをしてみませんか?

40_8chumon1

リノベーション住宅見学会開催!狭山市で4月5日(日)開催予定!

リノベーション住宅で快適な空間をご提案

89_111 r0012792111

simookutomitirasiomotesomookutomitirasiura

 

リノベーション住宅見学会チラシ(リフォームチラシ)

2015年4月5日(日)1日限りの完成見学会を開催致します。

開催日 2015年4月5日(日) 朝10:00から夕方5:00まで 1日限り
場所  埼玉県狭山市下奥冨853(JAいるま野奥富前)
お車の方はJAいるま野奥富駐車場(当日のみ臨時駐車場としてJAさんよりお借りしております)へお止めください。警備員により誘導させていただきます。

見どころ

築年数80年の木造住宅が新築同様に蘇りました。天井うらに隠れていた巨大な梁材をあらわしにして、天井を高く開放的な空間に。新築とは違うリノベーション(リフォーム)にしかできない古材を利用した家づくり

現在家のリフォームを考えている方、お建て替えを考えている方、又中古住宅の購入を考えている方などはぜひご覧いただきたい見学会です。築80年の家がリノベーションで新築同様に蘇る!ここまでできるリフォームをご覧いただき、又体感してください。

詳細はホームページ

中古住宅を購入してリフォームをお考えの方

夢ハウスBP彩建コーポレーションでは中古住宅の購入からリノベ設計、自社大工職人による工事までワンストップでおまかせ頂けるシステムです。中古住宅の不動産仲介業務は建築士が現場調査をして御要望のリノベーションが可能なのか?物件により余分な費用がかかるのか?又、リノベ予算と合わせて資金計画は?などを判断しお客様とヒアリングしながら仲介業務を進めていく事ができ、失敗のない物件選びが可能です。まずはご要望をお聞かせください。

現在のお住まいのリフォームを検討中の方

築年数に関係なくリノベーションはできます。従って、早ければその分快適に過ごせる時間が(年数が)増えるわけです。まだ年数がそんなに経っていないからと思っている方は現在の築年数よりもリノベーションした後の住める年数を考えたほうが良いと思います。夢ハウスBP彩建コーポレーションがご提案する木の家は出来たばかりより年数が経つにつれ良さが出てくる本物の家づくり、快適なすまいに1年でも長く住む事がおすすめです。

木の家のホームページ

 

2015年3月8日(日)埼玉県所沢市で規格住宅 説明会開催!

夢ハウスの新しい規格住宅「tsumiki」タイプの説明会を埼玉の夢ハウスBP所沢の彩建コーポレーションが開催します。夢ハウスの天然木の家にたくさんの方に住んでいただきたい!より多くの方に夢ハウスの木の家に住めるように規格型にすることにより低価格を実現!以前よりあった規格型住宅「郷の家」シリーズは大好評を頂き、今回は第二段として「わたし流のレイアウト」をコンセプトに「tsumiki」シリーズを発表。特徴は「郷の家」では斜線制限のため建築できなかった土地でも斜線をクリアできる屋根形状にすることで、土地の法令制限をクリア。ほとんどの土地に対応可能となりました。価格も「郷の家」に比べて約10%のコストダウとなり、よりお求め安くなりました。現在埼玉県の三芳町で建築中の「tsumiki」3×3.5プランを基本プランとして実物もごらん頂くことが可能です。

image0021

省エネ住宅ポイントやフラット35S Aタイプにも標準で対応した高断熱、高耐震使用の木の家。住宅購入をお考えの方、自然素材のナチュラル住宅に興味のある方はぜひ説明会に参加してみてはいかが?

とき 2015年3月8日(日)AM10:00~12:00

場所 埼玉県所沢市東狭山ヶ丘1-68-6 「木樹の里」ショールーム」

参加費 無料

access-MAP1

当日はショールーム正面のコインパーキングにお止めください。お帰りに無料券を差し上げます

今日の埼玉県所沢市は雪、来週の建て方は大丈夫かな?

来週2月の5.6日は埼玉県三芳町で夢ハウスの新しい規格型住宅[tumiki]の建て方(柱や梁などの骨組みを建てる工事)を始めます。予報では雨や雪は降らないようですがちょっと心配。
彩建コーポレーションでははじめての[tumiki]。
今までの郷の家とのちがいは屋根の形状、片流れ屋根により、郷の家では斜線制限により建築できなかった土地でも可能になったことやより都会的なデザインになったことです、使用木材は今まで通り夢ハウスの天然木の家、省エネ住宅ポイントも3年ぶりに復活し、住まい給付金やローン減税、木材利用ポイントや超低金利などなど、住宅取得者には超優遇支援の購入環境!
[今が絶好のチャンス]といえるでしょう!

来月の21.22日の土日の二日間は上記三芳町の構造見学会及びtumiki説明会と省エネ住宅ポイント説明会を行いますので、ぜひお越しください

詳細は

リフォームをお考えの方もエコポイントを使ってリフォームの賢いポイントの使い方を行いますのぜひお越しください
image0021

住宅エコポイント(省エネ住宅ポイント)復活!詳細決定!!

政府は1月9日住宅エコポイント(省エネ住宅ポイント)の復活を決定致しました。対象は平成26年12月27日以降の契約分で平成28年3月末までに着工する住宅となります。木造住宅の新築では一律30万ポイント(円)がグレードアップ工事や商品券などと交換できるポイントを発行する制度。省エネ基準では「省エネルギー対策等級4」「断熱等性能等級4」「一次エネルギー対策等級4」のいづれかに該当する住宅。リフォームでは窓や外壁、屋根の省エネ改修や耐震改修、バリアフリー改修などが対象工事となります。発行ポイントは数は対象工事の種類ことに設定されており、例えば窓では、内窓設置やガラス交換などの種類ごとに1枚辺り3千から2万ポイントと設定されています。1戸当たりの上限ポイントは、耐震改修を伴う場合が45万ポイント、それ以外は30万ポイントとなります。予算枠が935億円が計上されていますので予算に到達次第終了になると思われます。

省エネ住宅や省エネリフォームは夢ハウスBP彩建コーポレーションにお任せ!彩建では新築もリフォームも標準使用で省エネ基準を満たしていますので、特別な仕様変更はいりません。自然素材の「木の家」で造る高耐震・高断熱・高耐久の省エネ住宅。詳細

40_8chumon1mukureform11