中古住宅の省エネリフォームに最大65万円の支援金-国交省

このエントリーをはてなブックマークに追加

若年層の中古住宅購入支援=40歳未満に最大65万円

国土交通省は24日、40歳未満の若年層に限り、中古住宅を購入し、リフォーム工事や耐震改修をした場合、最大65万円を補助する新たな制度を創設する方針を決めた。マイホームを初めて購入したり、子育てを始めたりする年齢層である30代にターゲットを定め、中古住宅取引の活性化につなげるのが狙い。

 新制度では、住宅の劣化具合を専門家に調べてもらう建物状況調査(インスペクション)を実施した上で、断熱性能の高い二重サッシを取り付けるなどのリフォーム工事をした場合、最大50万円を支給。耐震改修も実施すれば上乗せして最大65万円を補助する。

これに併せ、年齢制限のない支援制度も設ける

中古住宅を購入してリフォーム工事をした場合は最大30万円、同時に耐震改修も行えば最大45万円を補助する。耐震化していない古い住宅を壊して建て替える際に最大50万円を支援する仕組みも新たに設ける。(2016/08/24-19:32)

中古住宅購入リフォーム埼玉中古を買ってリノベーション 埼玉県

中古を買ってリフォームやリノベーションなら埼玉県所沢市の彩建コーポレーション。

専用ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です