川越市のマンション ユニットバス工事完了しました

このエントリーをはてなブックマークに追加

築年数の古いマンションのユニットバスの改修工事

古いマンション特有の床からのまたぐ高さが35センチもありましたが21センチほどまで下げることができました。配管の問題で下げられるかどうかは解体してみないとわからないのですが今回は14センチほど下げることができ、お客様も大変喜んでいました。

新しいマンションと古いマンションの大きな違いは

給排水の配管のやりかたが大きく違います

古いマンションは床がコンクリートスラブといって構造の床のコンクリートにジュータンやフローリングが直に貼ってある場合がほとんどです。

その為、壁に配管があったり、パイプシャフトといって配管スペースがすぐ脇に有りそこへつなげていたりすることが多く、水回り部分の床が高くなっていたり、平らの場合でも配管が床の上に出ていたりとリフォーム工事で大変苦労することが多いものです

新しいマンションはコンクリートから床が高くなっているため、床下に配管がしてあることが多く比較的リフォームは容易になっています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です