ふじみ野市の増築現場進捗

このエントリーをはてなブックマークに追加

壁の構造用合板を貼り、断熱材を入れているところ。

断熱材はビーズ法ポリスチレンフォームといって、厚さは75ミリで高性能な断熱材です

約9年前に再検で新築されたお客様で、当時の断熱材と同じものを入れております。外壁も通気工法を行っており、15ミリの胴縁と5ミリの金具をつかってサイディングを貼っているので壁の撤去後の状態は非常に良い状態でした

9年後の外壁の裏側はまるで新築のようなキレイさを保っていました。これは通気工法のおかげです。通気工法のしていない家のリフォーム現場では黒くカビが出ていたりするのが一般的です。カビというのは人体にももちろん悪いのですがカビ菌によって木材が朽ちて構造的に弱くなったり、ゆがみ等が出たりといろいろ問題が出てきます。

自社で建てた家の状態がここまで良いと嬉しくなりますね

家づくりは何が重要か?構造の重要性を調べて家づくりすることが後々に影響してきますのでしっかり勉強して家づくりしましょう

通気工法とは

図のように基礎の上のサイディングの隙間から換気を取り、屋根裏や軒裏(のきうら)に空気を流す工法です。これによって外壁の結露(けつろ)を防止し、外壁表面の黒カビや緑色の藻(も)の発生を防いだり、内部結露と言って、外壁と内壁の間に起こる結露(けつろ)を防ぐ事ができます。家の美観を保つのと外壁の塗膜を長持ちさせ、建物の構造を傷めず、耐久性を上げる重要な工法となります

無料メルマガ登録お願いします

下記の入力欄にメールアドレスを入力してください

メールアドレス入力欄

彩建LP 内窓 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/utimado/ 

彩建LP 注文住宅 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/catarogu/ 

彩建LP フロアリフォーム https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/furoa/ 

彩建LP テレワーク  https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/terework/ 

彩建LP リモート相談 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/zoom/ 

彩建ECサイト https://saikenec.thebase.in/ 

彩建LP メルマガリフォーム1 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/wp-admin/post.php?post=357&action=edit  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です