中古住宅の省エネリフォームに最大65万円の支援金-国交省

若年層の中古住宅購入支援=40歳未満に最大65万円

国土交通省は24日、40歳未満の若年層に限り、中古住宅を購入し、リフォーム工事や耐震改修をした場合、最大65万円を補助する新たな制度を創設する方針を決めた。マイホームを初めて購入したり、子育てを始めたりする年齢層である30代にターゲットを定め、中古住宅取引の活性化につなげるのが狙い。

 新制度では、住宅の劣化具合を専門家に調べてもらう建物状況調査(インスペクション)を実施した上で、断熱性能の高い二重サッシを取り付けるなどのリフォーム工事をした場合、最大50万円を支給。耐震改修も実施すれば上乗せして最大65万円を補助する。

これに併せ、年齢制限のない支援制度も設ける

中古住宅を購入してリフォーム工事をした場合は最大30万円、同時に耐震改修も行えば最大45万円を補助する。耐震化していない古い住宅を壊して建て替える際に最大50万円を支援する仕組みも新たに設ける。(2016/08/24-19:32)

中古住宅購入リフォーム埼玉中古を買ってリノベーション 埼玉県

中古を買ってリフォームやリノベーションなら埼玉県所沢市の彩建コーポレーション。

専用ページへ

所沢市松が丘地区の方に朗報!遮熱塗装で10万円の補助金!

埼玉県エコタウンプロジェクト・マチごとタウン所沢構想に所沢市松が丘地区が新たな対象になりました。

埼玉県スマートハウス化補助金で外壁の遮熱塗装や屋根の遮熱塗装で最大10万円の補助金が受取れます

その他省エネリフォームも補助金対象になります

①対象は松が丘1丁目と松が丘2丁目の範囲内にお住みの方。

②平成28年4月1日から平成29年2月28日の間にお住まいの住宅で一定の省エネ性能等を満たす太陽光発電の設置や省エネリフォームに取り組む方

③埼玉県で実施する意識調査や省エネ効果を検証するための簡単な調査に協力いただける方

(戸建て住宅や店舗兼住宅の住宅部分が対象)

補助金対象設備と補助金額は

太陽光発電                       上限20万円

節湯水栓、LED照明器具                 上限6千円

ビルトインコンロ                    上限2万円

節水型トイレ                      上限3万円

給湯器(エコジョーズ(ガス)、エコフィール       上限4万円

給湯器(エコキュート、エコウィル、ハイブリッド給湯器) 上限10万円

高断熱浴槽、遮熱塗装(外壁・屋根)           上限10万円

断熱ドア、窓 断熱改修(外壁、屋根、天井、床)     上限10万円

上記項目を複数設置した場合は年間で

一世帯あたり上限50万円まで

詳細はお問い合わせください 04-2929-8400

公式ホームページ