所沢市のリノベーション現場進捗

内部の壁や収納の解体工事

解体した廃材を一旦バルコニーへ バルコニーから下のトラックに搬出していきます

リノベーション作業の初めは当然解体作業から始めるわけですが、この廃材は産業廃棄物として受け入れ業者に処分を依頼するのですが、この産業廃棄物の費用が年々値上がりしています。

産廃メディアによると

産業廃棄物の処分費用が急騰しています。日刊産業新聞は2019年7月16日、海外のゴミ輸入の規制強化問題を受け、産業廃棄物に関わる処分費用が全国的に急騰している点を指摘。

2019年4月から2倍~3倍に引き上げられたケースを挙げ、一部品種に至っては5倍にも急騰したケースもあると明かしました。

アジアで続々と規制の流れ

今回の処分費用高騰の主因は、中国によるゴミ輸入の規制強化です。しかし規制強化の流れは中国のみに留まらず、代替地と言われるフィリピンなど東南アジア地域でも同様の流れで進んでいます。

というようなことで、今後もこの傾向は続くことでしょう。

というようなことで、家具などの処分は地元の市町村の焼却場へもっていくか、取りに着てもらうかすれば、費用はほとんどかかりません。ただし、建材は受け付けてもらえませんので、建具や畳などの建物に固定されているもの以外になりますが、少しでも費用負担を少なくするためにお客様にお願いしております。その為のお手伝いはさせていただきます。

建て替えかリノベーションか?

上記の産廃の問題だけを見ると圧倒的にリノベーションの方が産廃の物量は少なくて済みます。どっちが良いのかという問題はあらゆる条件で変わってきますので、それぞれご相談の上アドバイスをさせていただくことになります。

問題なのは相談する業者が新築しか行っていない又はリフォームしか行っていないという業者に相談してしまう事です。当然、自分の行っている工事を勧めてくるので、選択の要素がなくなってしまいますよね。相談する業者がどちらも積極的に行っているかどうかを調べることから始めましょう。

リノベーション専用ページ

https://saiken.biz/reset.html

注文住宅専用ページ

https://saiken.biz/chumon.html  

メルマガ登録専用ページ

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/chumonresetmerumaga1/

長期優良住宅認定 全体のわずか2%

優良住宅の普及促進 認定制度見直しへ法改正 国交省

国土交通省は、耐久性や維持管理のしやすさに優れ、長期間住み続けられる「長期優良住宅」を普及させるため、認定制度を見直す方針を決めた。  戸建てに比べて認定が進んでいないマンションについて、部屋単位ではなく1棟ごとに認定する仕組みを導入。性能が基準を満たしていれば、増改築しなくても認定可能な方法も設ける。関連法の改正案を18日召集の通常国会に提出する。  同省によると、全国に約5400万戸ある住宅のうち、長期優良住宅に認定されているのは約2%の113万戸。このうち、マンションや賃貸住宅などの共同住宅の認定は2万戸にとどまり、戸建て住宅に比べて特に進んでいない。  現行制度は、マンションの部屋ごとに認定する仕組みになっており、申請する分譲事業者にとっては、入居者が決まるたびに所有者の変更申請が必要になるなど手続きが煩雑。負担を軽減するため、管理組合単位で1棟ずつ認定する仕組みに改める。  また現行制度は、新築か増改築時に認定するのが前提で、中古住宅は性能面で基準を満たしているだけでは認定を受けられなかった。改正案では、長期使用に向けた維持保全の計画を申請した上で性能基準を満たせば、増改築を伴わなくても認定可能な仕組みを新設。対象となる住宅の範囲を広げる。

以上「ヤフーニュースより抜粋」 

長期優良住宅が進まない大きな理由は、費用面と制約ではないでしょうか。

長期優良認定を受けるためには100万円~200万円の予算UPが必要になったりします。又、間取りなどにも制限が出たり、成約が多すぎて住まいとしての魅力が半減してしまったり・・・

お役所的に数字だけで物事を考えてしまう住宅の各種制度は長期優良だけではありません。今回見直しを検討ということですが、遅すぎるんではないかと思う。10年以上も前からあるこの制度は初めから認定を受ける住宅が少なかったわけで、何も改善していない10数年間・・・今回の改正でどれだけ進むかは、根本的な問題を解決しないと結果は変わらないと思います。小手先だけの改正ではなくガラガラポンと大幅な見直しが必要なのでは?

住宅ローン減税が延長されます

住宅ローン減税等が延長されます!
~令和4年入居でも控除期間13年の場合があります~

令和2年12月21日

 本日閣議決定された令和3年度税制改正の大綱において、住宅ローン減税及び住宅取得等資金に係る贈与税非課税措置の延長等が盛り込まれました。

1 背景
  ポストコロナに向け、経済の持ち直しの動きを確かなものとし、民需主導の成長軌道に戻していくため、今月8日に新たな経済対策が策定されたところです。
  これを踏まえ、民需主導の好循環の実現等に資する住宅投資の喚起を通じて、新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図ることを目的として、本日閣議決定された令和3年度税制改正の大綱に、住宅ローン減税及び住宅取得等資金に係る贈与税非課税措置の延長等が盛り込まれました。
※今回の措置は、今後の国会で関連税制法が成立することが前提となります。

 
2 税制改正の概要 ※詳細は別紙をご覧ください。
 (1)住宅ローン減税
  ○現行の控除期間13年の措置について、契約期限(注文住宅はR2.10~R3.9、分譲住宅等はR2.12
  ~R3.11)と入居期限(R3.1~R4.12)を満たす者に適用。

 ○上記の控除期間13年の措置の延長分については、床面積要件を40㎡以上に緩和。
  ※40㎡以上50㎡未満については、合計所得金額1,000万円以下の者に適用。
 
(2)住宅取得等資金に係る贈与税非課税措置
  ○R3.4~R3.12の住宅取得等に係る契約について、R2年度と同額の非課税限度額(最大1,500万円)
   を措置。
  ○床面積要件を40㎡以上に緩和。
  ※40㎡以上50㎡未満については、合計所得金額1,000万円以下の者に適用。

住宅ローン減税の延長で特筆すべきものは先に決まった床面積要件の緩和で40㎡以上の1LDKも対象になるという事でしょう。今後、分譲マンションで40㎡1LDK以上という物件が増えることと思われますが、今までは対象になっていなかった50㎡以下の物件も40㎡以上で対象になります。単身者や高齢者、夫婦2人住まいの方などには朗報ですね。

コロナによる経済対策でいろいろな部分が見直されたり新設されたりしていますので、情報収集をしっかりすることで知っているだけで得をする、知らないと損をすることにならないようにしましょう

このような情報をメールマガジンで配信していますので、メルマガ登録していただければ自動的に住宅関連の情報が入るようになります

詳細は専用ページで

グリーン住宅ポイントhttps://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/juutakupoint/

新築メルマガ https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/chumonresetmerumaga1/

注文住宅 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/catarogu/

グリーン住宅ポイント制度創設されました

新築及びリフォームが対象になります

新型コロナウィルス感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図るため、一定の省エネ性能を有する住宅の新築やリフォームなどに対して、商品や追加工事と交換できるポイントを付与する「グリーン住宅ポイント制度」を創設することになりました

グリーン住宅ポイント制度の概要

●新築は最大40万円相当、リフォームは最大30万円相当のポイントを付与。
※一定の要件を満たす場合は、新築で最大100万円相当に引き上げ

●「新たな日常」等に対応した追加工事にもポイントを交換可能

●若者・子育て世代がリフォームを行う場合などにポイントの特例あり

●住宅の新築・リフォーム、既存住宅の購入で、令和2年12月15日から令和3年10月31日までに契約の締結等した場合が対象。

となっております

詳細はお問い合わせください

尚、追加情報やお得な情報をいち早くお知らせするメールマガジンにご登録いただくと、情報を逃すことなく早めの情報が入手できます

詳細はこちら

ふじみ野市で増築工事

ふじみ野市の増築工事 建て方終了

明日は野地板張から始めます

増築工事の場合は既存建物を部分的に解体しながらの工事なので、手間がかかります。増築やリフォーム、リノベーションは木造軸組構造の場合がほとんどです。鉄骨や木造でもツーバイフォー住宅の場合は制限が厳しく出来ないことはありませんが、割高になったりします

日本の住宅の古くからある軸組構造は大工職人も圧倒的に多いのもメリットと言えるでしょう。

木造軸組構造は現在の建売住宅でもほぼ90%以上で採用されているのも職人の数によるものが多いと思います。大手の建売住宅では年間何千棟と家をつくる訳ですから職人の数が圧倒的に多い軸組構造でないと数をこなせないという事です。

この建売住宅で使われている構造材(土台や柱、梁など)は100%集成材のものを使われています。

注文住宅の場合でも大手ハウスメーカーはじめ中小工務店でもほぼ99%が集成材になっています

彩建コーポレーションでは構造材は全て無垢材を使用して新築住宅や増築、リノベーションなどをおこなっています

柱と梁の断面を見ると張り合わせの集成材か無垢材かがはっきりわかります

接着剤で張り合わせたものはいつかは、はがれてしまう危険な木材ですが、無垢材は1000年以上の歴史が証明しているのであんしんです

無垢材で増築や注文住宅、リノベーションの詳細ha

埼玉県所沢市東狭山ケ丘1-68-6

夢ハウスBP彩建コーポレーション

フリーダイヤル 0120-504-319

公式ホームページ https://saiken.biz

公式ブログ  https://319.saiken.biz

公式ツイッター https://twitter.com/yumebp

公式インスタグラム https://www.instagram.com/saikenhagiwara/

彩建LP 内窓 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/utimado/

彩建LP 注文住宅 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/catarogu/

彩建LP フロアリフォーム https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/furoa/

彩建LP テレワーク  https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/terework/

彩建LP ZOOM   https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/zoom/#

彩建ECサイト https://saikenec.thebase.in/

連休が明けてリフォームや新築も動き出してきた

5月に入ってから問い合わせや注文も動き出してきた感がある建築業界

全く入ってこなかったトイレなども入るようになり、少しずつ戻ってきた感じのある業界ですが、まだまだ動きの止まっている部分もあります。

建築の業界もこれからは大きな変化があるような感じです

いままでと変わらないものは

1.老朽化による設備機器や建材の交換の要望は今後も変わらず起こる事

2.台風などの災害による改修工事は災害の大型化によりむしろ増えるでしょう

3.老朽化による建て替え

大きく変わるものは

1.リモートワークやリモート学習がものすごいスピードで増えることで、住まいのあり方が変わるでしょう

①より広い住まいが必要になると同時に都内の会社に近い場所が必要なくなる事で、郊外や地方の広い住まいに住むような移住が増えてくる

②家にいる時間が長くなる分、より快適性が求められる。

③家庭菜園などが出来る広い敷地が必要になる

④カラダの動かせるトレーニングスペースが必要になる

⑤より健康を意識した住まいを求める時代になるでしょう

2.防犯に対してより、関心が高まるでしょう

防犯カメラが売れている時代・・建築的な防犯も要望は増えるでしょう

郊外で建てた自然素材の健康住宅事例

これからの住まいは郊外にひろーい家づくりが増えてくる? コロナウィルスの影響でわかったこと ①勤務携帯はテレワークが増え、会社からの距離(通勤時間)が関係なくなる ②在宅ワークやリモート学習でより広い住まいや維持費の安い住宅が求められる ③ひろーい庭がある遊び場スペースがほしくなる ④今まで以上に健康に気を使う生活を考える ⑤自宅にいる時間が増えるため、ホームシアターなどもほしくなる ⑥外食が減る分、自宅で料理する時間が増える為、キッチン周りも充実しくなる ⑦リフォームやDIYによって住まいの快適化なども増えるでしょう ⑧オンラインでの仕事が増え、誰もが電話を掛けるようにビデオ通話が増えてくる などなど大きな変革の時代が始まりました。 ・夢ハウスBP彩建コーポレーション公式ホームページ・・・夢ハウスの自社ブランドの乾燥木材を使った家づくり。新築注文住宅・リノベーション・リフォームなど https://saiken.biz ・リノベーション・・・夢ハウスの乾燥無垢材や自然素材を使った住宅のリノベーション。木造住宅は勿論、鉄骨やコンクリートの住宅及び店舗のリノベーションなど https://saiken.biz/reset.html ・リフォーム・・・部屋別部分リフォームやキッチン・浴室・洗面・トイレなどの水廻や屋根、外壁、外構、窓や玄関ドアなど住宅全般のリフォーム https://saiken.biz/reform.html ・注文住宅・・・夢ハウスの乾燥無垢材を使った新築注文住宅。良質な乾燥無垢材の柱や梁を見せる真壁構造の高耐震・高断熱・高耐久・自然素材の健康住宅。 https://saiken.biz/chumon.html #天然木のリノベーション #無垢の家 #自然素材の家 #彩建コーポレーション #注文住宅 #リフォーム 〒359-1106 埼玉県所沢市東狭山ケ丘1-68-6 夢ハウスBP彩建コーポレーション フリーダイヤル 0120-504-319 公式ホームページ https://saiken.biz 公式ブログ  https://319saiken.biz

ストレスのない健康住宅の木の家

ストレスのない家づくり。ストレスから起因する様々な病気。このストレスも様々な原因が考えられますが私たちの提供する住まいもその大きな原因でもあります 住まいによる最大の原因は使用建材によるものが大きく、人の五感に与える影響が大きい事です ①視覚・・・目で見たときに感じるストレスは尖ったものや冷たい物や熱いもの、硬いものなどを見るとストレスを感じます。鉄の板の硬い角や石の角などを見るだけでストレスを感じます。逆に、木材は見るだけでストレスは感じません。それは自然界で普段目に触れることのない物を見るとストレスを感じ、木のような自然界で普通に目にするものを見ると安心して、ストレスにならない ②臭覚・・・匂いもストレスの原因になります。臭いものや嫌な臭いを嗅ぐとストレスを感じます 無垢の木の香りはフィトンチッドという成分により、精神を安定させる効果があることは科学的に証明されています。無垢の木の香りの嫌な方は少ないでしょう ③聴覚・・・音によるストレスも大きな原因になるでしょう。無垢の木の家は断熱効果と比例して防音効果も高く外部の音を抑え、家の中の音を漏らさない防音効果が高い家になります。又、無垢の木材のぶつかる音はさほどストレスを感じないのに対し金属のぶつかる音はストレスが高くなります。 ④触覚・・・さわったり、肌が触れたりした時の感覚は無垢材に触れたときは気持ちが安らぐのに対し、鉄や石、又新建材などはやすらぐ感覚はありません。 ⑤味覚・・・ゴハンを食べる時に使うお箸やスプーン、フォークなどといった道具も木のものと金属のものでは味覚も変わりストレスにもつながります。又、お皿や茶碗などの器なども木のものと陶器や鉄のものでは味覚も変わり、ストレスにもつながります こういった少しのストレスが毎回毎日つづけることでストレスが溜まっていき健康被害にもつながっていきます。これからの時代は特にこのストレスが増え続ける世の中になっていきます 今こそ住まいを見直し自分や家族の健康を考えてみませんか? ・夢ハウスBP彩建コーポレーション公式ホームページ・・・夢ハウスの自社ブランドの乾燥木材を使った家づくり。新築注文住宅・リノベーション・リフォームなど https://saiken.biz ・リノベーション・・・夢ハウスの乾燥無垢材や自然素材を使った住宅のリノベーション。木造住宅は勿論、鉄骨やコンクリートの住宅及び店舗のリノベーションなど https://saiken.biz/reset.html ・リフォーム・・・部屋別部分リフォームやキッチン・浴室・洗面・トイレなどの水廻や屋根、外壁、外構、窓や玄関ドアなど住宅全般のリフォーム https://saiken.biz/reform.html ・注文住宅・・・夢ハウスの乾燥無垢材を使った新築注文住宅。良質な乾燥無垢材の柱や梁を見せる真壁構造の高耐震・高断熱・高耐久・自然素材の健康住宅。 https://saiken.biz/chumon.html #天然木のリノベーション #無垢の家 #自然素材の家 #彩建コーポレーション #注文住宅 #リフォーム 〒359-1106 埼玉県所沢市東狭山ケ丘1-68-6 夢ハウスBP彩建コーポレーション フリーダイヤル 0120-504-319 公式ホームページ https://saiken.biz 公式ブログ  https://319saiken.biz

リモートで住宅リフォーム相談どこまでできる?

オンライン相談~着工・お引渡しまでオンラインシステムでコロナウィルスでも安全・安心のリフォーム

1.オンラインリフォーム相談

1対1は勿論、奥様とご主人や家族もそれぞれのスマホやタブレット、パソコンでオンライン相談ができます。お客様はそれぞれ顔出しや声だしはご自身のスマホなどで解除すれば(最初の設定は会話はミュート、ビデオ機能OFFで入室)会話、ビデオ機能をオンで出来ます。

①ビデオ機能オンでスマホのカメラマークをタップして相談したい箇所の映像を移して頂ければ、こちらで見ることが出来ます。同時に会話すればどんな工事をしたいのかが具体的にわかる為、ご提案も出来ます。又、傷んでいる箇所や雨漏りしている状態などリアルタイムで映像が流せるので、速やかな対応も可能です。

②こちらの資料(カタログや写真など)も担当者のパソコンをそのまま見ることができるので、分かり安くご説明が可能です。

2.現場調査

図面があればメールで事前に送っていただき、リモートでお客様が映像をお送り頂きどこをどうしたいかを会話形式で打ち合せをする事で、プランやお見積もりが出来ます。※最終的には実際の現場を確認して正規見積とさせて頂きます。
外装工事の場合は現場での調査をさせていただきますが、お客様は家の中で待機して頂ければ大丈夫です。
この時もリモートの活用をし、特に屋根の調査は映像を見て頂き、同時に会話できますので、安心して家の中で待機できます。

3.打ち合せ

図面や資料、見積書は事前にメールや郵送で送りますが、オンライン相談上でも見ながらの打ち合せが可能です。修正点や変更点などをリモートで打ち合せします。

4.ご契約

ご契約は郵送か担当者がポストへ投函させて頂きます。
署名捺印はオンラインでご説明しながら行いますので安心です

5.工事着工

現場作業員はマスクの着用を義務付けしております。又、養生や消毒なども行います。 現場作業もリモートの活用をいたします。お客様は別室へ待機していただき、スマホやパソコンで工事の進捗をご報告、相談、ご確認を映像と会話で行います。

6.工事完了引き渡し
工事完了事に映像で確認していただき、その後作業員が帰ったあとに実際の現場を確認していただき、リモートで報告頂きます

以上の流れで相談~工事完了までリモートを最大限に活用し、接触を最低限に抑えたリモートリフォームで安心快適なリフォームをご提案します

オンライン相談申し込みへ

ZOOMのビデオチャットでリフォーム相談

無料アプリのZOOMでリモート操作でリフォーム相談や現場調査、見積もり提出&説明が自宅に居ながらスマホやPCで担当者と合わずにリアルに出来ます

外出を控えている方や時間がない方は、いま話題のリモート学習やリモートワークなど使われている無料アプリ「zoom」を使ったリモート相談を実施しております。ご希望の方は下記にメールアドレスを記入し送信してください。確認次第こちらからURLを送信いたします。

※尚、ミーティングルームに入室はお客様の安全を考慮して、ID及びパスワードの入力をして頂きますので、ご面倒でもご対応の程、よろしくお願いいたします。

ビデオチャットでリモート相談の流れ

1.無料アプリ「ZOOM]のダウンロードをして準備しておくと便利です

インストールや設定などは必要ありませんので見るためだけのアプリのダウンロードだけで大丈夫です。 わからない方は下記の2.メールアドレスを送るだけで大丈夫です https://zoom.us/jp-jp/meetings.html


2.彩建コーポレーション宛にメールアドレスを下記のページで送る


https://saiken.biz/contact3.html

又はライン@の
https://saiken.biz/linecontact.htmlでも大丈夫です

3.こちらからリモート相談のミーティングルームのURLを送りますのでクリックするだけです