住宅展示場前年同期比4倍に増加!

□■ 2020年7月~9月の住宅展示場への来場予約件数が
     前年同期間と比較して約4倍にも増加
     (総合住宅展示場ハウジングステージ 調べ)

—————————————————————-

本日は<コロナ禍での住まいづくりに関する意識・実態調査>を
ご紹介します。今年7月~9月に住宅展示場へ来場した消費者の
住まいづくりに関する調査となっています。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<コロナ禍での住まいづくりに関する意識・実態調査>
おうちに求めるニーズ 男女で差
https://www.atpress.ne.jp/news/233070
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Q1 コロナ禍で、家族との時間や在宅勤務について考えるうえで、
  今後の住まいや暮らしに欲しくなったものは何ですか?

男性(52.6%)→ 在宅勤務のため「ワークスペース」が欲しい
女性(52.2%)→ 自宅で遊べる「広い庭、屋上、バルコニー」が欲しい

Q2 コロナ禍によって働き方にどんな変化がありましたか?(複数回答)

「自宅でのテレワークが増えた」 → 男性41.1%、女性21.6%
「オンライン会議が増えた」 → 男性42.1%、女性13.4%
「特に変化なし」      → 男性25.3%、女性25.0%
 → 男性の働き方に大きな変化も、男女ともに4人に1人は「変化なし」。

Q3 コロナ禍で住まいづくりに影響はありましたか?(複数回答)

「特に影響はない」 35.2%
「モデルハウスや住宅展示場、不動産店舗へ行くのをやめた」 25.7%
「検討を中断、様子見することにした」 20.8%
 → 3人に1人は「影響なし」だが、先送りにする人も多い

—-コロナ禍を受けて消費者の動きも二極化————————–

総合住宅展示場「ハウジングステージ」の見学予約申込数が7~9月の
前年同月比で約4倍に増加。本調査結果のように新型コロナの影響による
暮らし方の変化で、住宅展示場を訪れる人が増えたと考えられます。

この調査のように、展示場に来場し積極的に動いている方がいる一方、
変化もなく、住まいづくりを先送りにする人も少なくありません。
コロナ禍を受けた動きも「二極化」しているといえます。

在宅時間や在宅勤務の増加に伴い、住まいに求めるニーズが変わった
お客様が増えているということは確かだといえます。コロナ禍を受けた
新しい住宅の提案力も求められる時代となりました。

https://saiken.biz/chumon.html

株価の29年ぶりの高値や世界各国でGDPの対前年比が大幅上昇といった不思議?な現象が起きています。

完全に二極化した感じがありますね。家を建てる人、リフォームする人も増えていてコロナ化によって価値観も変わり、おうちで美味しい料理を食べ、美味しいお酒を飲み、買い物はネットで買い、娯楽もおうちでという方が増えて来ている。

コロナが落ち着いてもこの大きな流れは変わらないのかも知れませんね。

無垢材に相性のいい遠赤外線床暖房

遠赤外線とは

細胞組織との共鳴作用で、体の内部から温める。
石焼いもや炭火焼の焼き鳥はとりわけおいしい。これは石や炭火からでる遠赤外線が原因であることはすでに広く知られている。
しかし、その遠赤外線が体の血行をよくするとか、疲労回復に効果があるとか、はては難病や末期のガンまで治すといわれ、サポーターや下着、ヒーター、サウナ、遠赤外線治療器まで世に出ている。本当に体や健康にいいのだろうか。

遠赤外線とは、光や電波と同じ電磁波の一種で、可視光の赤色よりも波長の長い赤外線のうち、4ミクロンから50ないし100ミクロンまでの領域の電磁波をいう。赤外線は熱作用を持っている。
「NASA(アメリカ航空宇宙局)の研究によって、人体は8~14ミクロンの遠赤外線をよく吸収して熱作用をすることがわかってから、ブームが起こったんです。
もう少し正確にいうと、昔はこの遠赤外線を効率良く放射するヒーターが作れなかった。それが1980年代後半にセラミックス製造技術の進歩などで可能になった。
そこで、遠赤外線コタツ、ヒーター、オーブンなどの製品が次々に姿を現すことになったのである。 「8~14ミクロンの遠赤外線はアルミナ系やジルコニウム系のファインセラミックスから得られます。この波長の波は皮膚の下40~50ミリメートルまで到達し、細胞組織と共鳴作用を起こして体を内部から温めます。毛細血管を拡張し、全身の血液循環を活性化させ、新陳代謝を促進します。その結果、組織を再生する力が高まるわけです。また、異常興奮を起こした近く神経を抑制したり、自律神経の機能を調整する効果もあります」このことから筋肉の疲れがとれて、疲労回復から冷え性、肩こり、腰痛などに効果があるとされている。

また、人体のツボの部分に遠赤外線を当てると、鍼灸と同じか、より高い効果が得られるという。遠赤外線は、人体細胞と共振して発熱する原理ゆえ、皮膚の表面から熱だけ電動する温灸やお灸よりもよりすぐれた効果があるというのだ。
このような遠赤外線のツボ刺激、あるいは鍼灸との併用治療により、難病の関節リウマチをはじめ、通風、慢性気管支炎、気管支喘息、慢性肝炎、胃・十二指腸潰瘍病などまで治療効果が現れるという。

遠赤外線床暖房ヒートプラス

無垢材フロアは蓄熱効果が有り遠赤外線により、蓄熱された熱が輻射熱によって、床暖房のスイッチを切ったあとでもしばらく暖かいので省エネ効果が高いと言えるでしょう。

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/heat-plus/