#2無垢材ならなんでも良いわけではない

このエントリーをはてなブックマークに追加

何で集成材が使われるようになったのか?

約20年以前までは構造材=土台(コンクリートの基礎の上に載っている角材)や柱・梁(水平に組んである部分)は殆んどが無垢の構造材でした。

当時一般的に使われていた構造材はグリン材と呼ばれる物で未乾燥の木材です。土台や柱、梁などの構造材に未乾燥の木材(木材の水分が30%を超える未乾燥材)を使用するとどうゆう事が起こるか?

木材というのは切り出した時は水分をいっぱい含んでいます。その状態で製材して建物を建てると、時間の経過とともに木材の水分が抜けて(乾いてくる)木材が縮んできます。構造材が縮んだり、よじれたりすると、外壁に亀裂(ひび割れ)が起きたり、サッシに隙間が出たり、床が斜めに傾いたりなどなど様々な問題が出てきます。こうした事から、国は平成12年4月に「瑕疵担保履行法」という法律を新たに作りました。これは、構造上重要な部分についての瑕疵の責任を建築会社に負わせるということにしました。その期間は引き渡しの日から10年間です。

この法改正がきっかけで大手ハウスメーカーや建売業者などは構造用集成材という木材を使うようになったわけです。集成材とは木の板を柱であれば5枚ほど接着剤で貼り合わせた構造材です。木材というのは厚さが薄ければ乾燥させやすく、この乾燥させた板を張り合わせれば、梁のような大きな構造材も10枚、20枚と貼り重ねていけば大きな構造材を作る事が可能な訳です。

・夢ハウスBP彩建コーポレーション公式ホームページ・・・夢ハウスの自社ブランドの乾燥木材を使った家づくり。新築注文住宅・リノベーション・リフォームなど
https://saiken.biz
・リノベーション・・・夢ハウスの乾燥無垢材や自然素材を使った住宅のリノベーション。木造住宅は勿論、鉄骨やコンクリートの住宅及び店舗のリノベーションなど
https://saiken.biz/reset.html
・リフォーム・・・部屋別部分リフォームやキッチン・浴室・洗面・トイレなどの水廻や屋根、外壁、外構、窓や玄関ドアなど住宅全般のリフォーム
https://saiken.biz/reform.html
・注文住宅・・・夢ハウスの乾燥無垢材を使った新築注文住宅。良質な乾燥無垢材の柱や梁を見せる真壁構造の高耐震・高断熱・高耐久・自然素材の健康住宅。
https://saiken.biz/chumon.html

天然木のリノベーション

無垢の家

自然素材の家

彩建コーポレーション

注文住宅

リフォーム

〒359-1106
埼玉県所沢市東狭山ケ丘1-68-6
夢ハウスBP彩建コーポレーション
フリーダイヤル 0120-504-319
公式ホームページ https://saiken.biz
公式ブログ  https://319saiken.biz
公式フェイスブック 
https://www.facebook.com/saiken.biz/?eid=ARCPe4pRCK-M9J73KmPKIyk76UvMWeyGeN2R9o1HRb_aI9jBMrUWjTHtWnM2QX2FW119dS8n6tcNlUbB
公式ツイッター https://twitter.com/yumebp
公式インスタグラム https://www.instagram.com/saikenhagiwara/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です