電気・ガス代の高騰

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、東京電力や関西電力をはじめとする大手電力会社9社が、3月に電気代を55~292円ほど値上げすることを発表しました。
また、東京ガスをはじめとする大手都市ガス4社も、3月にガス代を168~229円ほど値上げすることを発表しました。

これは3月に限った話ではなく、このところ電気代とガス代はもの凄い勢いで値上げし続けています。
たとえば利用者が多い東京電力の場合、平均的な家庭における2021年3月の電気代は6,000円程度だったのに対し、2022年3月は8,000円程度になると想定されています。
つまり、1年間でなんと2,000円近く値上げしているということになります。

さらに、電気代は制度上「基準価格より5割高くなった場合、それ以上は値上げできない」と定められていますが、関西電力や中部電力などではその上限を突破してしまい、会社が超過額を負担する事態となっています。

この事は将来的にもまだまだ値上げがあるという事になるでしょう。電気代の多くは冷暖房費に多くかかっていますので、おうちの断熱性は重要になっています。その中でも窓の断熱は特に重要な個所です。窓の断熱化で電気代を減らす工夫が必須となっています。現在、国の補助金制度で内窓の設置リフォームをすると、補助金がもらえます。このチャンスに検討してみてはいかがですか・・・

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/utimado/


内窓の取り付けリフォームで

電気代などの光熱費の節約になり、CO2削減にも効果的です

しかも今なら補助金がもらえます

リフォーム補助金対象工事の内窓の取り付けで断熱効果UP!。省エネ効果で地球温暖化防止にも

内窓の設置は1窓1時間の簡単施工でお部屋の断熱効果と防音効果のW効果で快適空間に

窓の結露対策や防音対策にもなり、様々な効果で費用対効果は大!です

https://saiken.biz/contact.html     問い合わせフォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。