花粉症対策の家づくりとは 埼玉県の夢ハウスBP彩建コーポレーション

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年も花粉の季節が全開になってきましが、皆様大変な思いをされていることでしょう。家づくりにおいても花粉症の方の家が約3割くらい作っていますが、ひどい方(1年中何らかの花粉に悩まされている方)は、バルコニーは作りません。部屋干しにするか、サンデッキをつくり、物干しスペースを作る方が増えております。最近は中国からのPM2.5や黄砂などがある為、花粉とは関係ない方も外に干せない時期がありますね。困ったことです!

夢ハウスの家づくりで毎回お客様にデメリットをお伝えしてきたことが、家中の建材が調湿作用が有るため、乾燥しすぎてしまう事を伝えていました。特に冬場は過乾燥になりすぎる為、カゼのウィルス菌が活発になり、風邪をひきやすくなってしまう事!。対策として、洗濯物は室内で干してください。とお願いしていました。カゼのウィルス菌は湿度が50%を下回ると活発になる為、50%以上60%未満くらいに湿度をあげることが必要です。加湿器という手もありますが、あまり機械に頼るのは・・・電気代も・・・そこで室内干しがベスト!

普通は室内に干すスペースが取れにくいのですが、夢ハウスの家づくりは吹き抜けや傾斜天井の上の空間を利用するなど空間がたくさん有るため、2階のスペースに干すことができます。

photo_charm_03[1]dsc_0002_ks_2_lb_3_lb

DSC_0043_ksDSC01548_ks

本部サンデッキtokorozawasandeki

2階の傾斜天井や吹き抜け部分に干すと外で干したのと変わらないくらいパリッと乾きます。物干し専用スペースを作られる方も増えております。

夢ハウスBP彩建コーポレーション公式ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です