空家条例改正により平成28年度より固定資産税が6倍に!

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年改正された空家条例により、平成28年度より、放置された空き家の所有者に対し、固定資産税を最大で6倍に課税することになっています。

土地の固定資産税は住宅用の家屋が立っている場合は、軽減税率というものがって、更地の状態に比べて6分の1の税額しか払っていないのですが、空家条例により、平成28年度からは、放置している空家に対し、この軽減税率を徹倍し、家屋の撤去を指導されてしまいます。この指導を無視すると最終的に行政代執行が行われ、市町村が解体業者を頼んで強制的に解体撤去となります。解体費用は市町村から所有者に請求が来るため、高い解体費用を強制的に払わされるということになります。

空家を所有の方はお早めに対策を取るのがオススメ!詳細は専用ページへ

空き家対策といってもどうすればいいの?解体費はどのくらいかかるの?直せば使えるし壊すのはもったいない!人に貸すのもどうなの?持っている土地が遠方だから、知っている業者もいないし不安・・・そもそも空き家条例って何? わからない事ばかりで、どこに相談すればいいのという方は、まず、ネットで相談できるワンストップサービスの彩建コーポレーションにお任せ。 akiyakopi1 akiyawansutop11

詳細は専用ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です