#1無垢材なら何でも良い訳ではない

このエントリーをはてなブックマークに追加

柱や梁といった構造材は特に言える事ですが、無垢材には含水率と言って、木に含まれている水分量が多い無垢材と少ない無垢材が有ります

さて、どっちが良いのでしょうか?・・・

普段考えている人はまずいないでしょう(笑)・・家を建てる時でさえ、無垢材って何?となる人は多いと思います。

そこでまずは木の家で使われる柱や梁、土台と言った構造木材で使われる木の種類を簡単に説明させて頂くと、

現在、一般的に一番多く使われている構造木材は「集成材」と言われるものです。これは何かと言うと、「無垢の板」を接着剤で貼り合わせて作った柱や梁の事です。普及している寸法で言うと柱は10.5センチ角なので約2センチ✖️10.5センチの板を5枚貼り合わせたものです。大手のハウスメーカー始め、建売住宅は殆んどこの「集成材」を使用しています。

無垢材とは貼り合わせたものではなく、自然の木の丸太から切り出した木材の事です。30、40年ほど前までは全てこの無垢の木材を使っていました。古民家と言われる数百年立っている建物は勿論無垢材ですし、世界最古の木造建築の「法隆寺」も勿論無垢材です。現在1400年ほど経っていまる建築物が木造建築物と言う事はそれだけ耐久性があると言う証明ですね。

木材は桧やヒバなどは構造強度のピークはおよそ1000年だそうです。一般的な木材でも300年ほどと言われているくらい耐久性や強度が強いものです。この木材の強度は時間が経つにつれ強くなっていきます。

時間が経つと木の水分量が少なくなって強度が増してくるからです。と言う事で、木材は水分量が少ない方が良いのです。

無垢の家造り ホームページはhttps://saiken.biz

・夢ハウスBP彩建コーポレーション公式ホームページ・・・夢ハウスの自社ブランドの乾燥木材を使った家づくり。新築注文住宅・リノベーション・リフォームなど
https://saiken.biz
・リノベーション・・・夢ハウスの乾燥無垢材や自然素材を使った住宅のリノベーション。木造住宅は勿論、鉄骨やコンクリートの住宅及び店舗のリノベーションなど
https://saiken.biz/reset.html
・リフォーム・・・部屋別部分リフォームやキッチン・浴室・洗面・トイレなどの水廻や屋根、外壁、外構、窓や玄関ドアなど住宅全般のリフォーム
https://saiken.biz/reform.html
・注文住宅・・・夢ハウスの乾燥無垢材を使った新築注文住宅。良質な乾燥無垢材の柱や梁を見せる真壁構造の高耐震・高断熱・高耐久・自然素材の健康住宅。
https://saiken.biz/chumon.html

天然木のリノベーション

無垢の家

自然素材の家

彩建コーポレーション

注文住宅

リフォーム

〒359-1106
埼玉県所沢市東狭山ケ丘1-68-6
夢ハウスBP彩建コーポレーション
フリーダイヤル 0120-504-319
公式ホームページ https://saiken.biz
公式ブログ  https://319saiken.biz
公式フェイスブック 
https://www.facebook.com/saiken.biz/?eid=ARCPe4pRCK-M9J73KmPKIyk76UvMWeyGeN2R9o1HRb_aI9jBMrUWjTHtWnM2QX2FW119dS8n6tcNlUbB
公式ツイッター https://twitter.com/yumebp
公式インスタグラム https://www.instagram.com/saikenhagiwara/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です