本物の天然木の家を、隔週ごとに見学会で体験できます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日は、所沢でも雪が降り積もり、今日は冷たい北風!いよいよ冬本番ですね!

この度、1月24・25日
「真冬を体感!木の家の完成見学会」国分寺市西恋ヶ窪3-11-30
に引き続き、
今週2月7・8日「暖かさの訳?を体感!構造現場見学会」狭山市狭山台1-4-17
又、二週間後の2月21・22日「何故構造を見るの?見えない所が肝心!構造見学会」
三芳町北永井844-10
と現場見学会が隔週で続きます。

私も先日、国分寺市の完成現場見学会に行ってきました。
寒し中、遠い所からのご来場者もいらして、皆さん、大変熱心に天然木材と自然素材をふんだんに使用した子育て世代に優しい健康的な木の家をご覧になって、沢山の方が体感していかれました。
この見学会で私がとても印象的だったのは、とにかく皆さん滞在時間が長く、帰る時には、遊園地のアトラクションを楽しんできたかのように「また次の見学会に行きますね」と笑顔で帰っていく事でした。
(中には、今回は帰りたくな~いと大泣きする子もいました(^_^;))
夢ハウスの天然木の家の特徴である、まず、こんなに?って思うぐらい本物の天然木を使用して、家全体が木の香りに包まれた心地いい空間と、高断熱材に包まれ、暖かさを蓄熱した無垢材が室内を快適な温度にし、皆さんの時間の感覚をのんびりとさせてしまうのかな~と感じました。そして、「無垢の家」に興味のあるお客様は、好奇心が旺盛で、いろんな説明に対して、時間をかけて吸収して、納得される事が多いのだと思いました。

今週の狭山市狭山台の見所は、敷地と道路の高低差を利用した車庫と、完成後では見ることの出来ない家の裏側やその特徴を知る事で、「暖かさの訳?」の答えがわかるようです。
私は構造見学会は入社してから初めてです。(いつも事務所でお留守番係)
「天然木の本物の木と暖かさの訳?」の答えが、完成後では見えない部分に隠されていて、それが家づくりの最大のポイントになるのかもしれないようです。

皆さんも是非このチャンスに謎解きアトラクションに参加する気持ちで、足を運んではいかがでしょうか?きっと、もっと「自分らしい本物の家づくり」を知るきかっけになると思います。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です