所沢市注文住宅進捗ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加

屋根工事中

屋根材はガルバリウム鋼板の横葺き。一般的になったガルバリウム鋼板屋根材。

特徴は

①軽い!とにかく軽いのが大きなメリットです。屋根材の中では一番の軽さ。軽い屋根材は耐震性もよく、台風などの災害にも強い材料です

②耐久性抜群。ガルバリウム鋼板とは鋼板にアルミニウムがコーティングされたものなので、ご存じの通りアルミの耐久性(さびにくい)のが特徴です

③価格もお手頃。性能のわりに価格の手頃感が良いのが特徴

というように、優等生的な屋根材で人気は高いのガルバリウム鋼板。新築は勿論リフォームにもよく使われています。

窓のサッシも入りカタチになってきました

窓のアルミサッシはリクシルの高断熱サッシ サーモスⅡHを使用しています。

暑さ・寒さに悩まされない、健やかで快適な住まいへ。

家を建てるとき、まず第一に考えたいのが「断熱」です。
住まいの断熱をおろそかにすると、夏の暑さ・冬の寒さに悩まされたり、冷暖房費が高くなったり…。さらには、熱中症やヒートショックなど、家族の健康を脅かすこともあります。
住み始めてから気づいて後悔しないために、住まいの「断熱」を考えるには、家の中で最も熱の出入りが多い“窓の断熱性能”を高めることが、快適で健康な暮らしを実現するための大切なポイントとなります。

サーモスⅡ-H/Lなら、冬暖かく、夏涼しい快適な暮らし。

高断熱窓をはじめ断熱化された住まいは、部屋ごとの温度差を抑えることができます。
これは高齢者に起こりやすい冬期のヒートショック対策に効果的。寒くなりがちなトイレ、廊下、浴室などとの
温度差を少なくすれば、快適さと同時にカラダへのやさしさにもつながります。

※画像はイメージです。

※建具とガラスの組み合わせによる開口部の熱貫流率(一般複層ガラス(空気層11mm以上)/Low-E複層ガラス(ガス層14mm以上))

エアコン効率を高めて、暖冷房費&CO2を削減。

優れた断熱性能で暖房時の熱の流出、冷房時の熱の侵入を抑制し、暖冷房の効率を高めます。
電気の使用量を減らすことで暖冷房費やCO2排出量を大幅に低減します。

地域別暖冷房費用[年間](エアコン設定温度 冬期暖房:20℃/夏期冷房:27℃の場合)

仙台

sせ仙台

長野
東京
大阪

https://saiken.biz

https://saiken.biz/reset.html リノベーション

https://saiken.biz/reform.html リフォーム

https://saiken.biz/chumon.html 注文住宅

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/totisagasichumon/

土地探しから注文住宅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です