所沢市リノベーション進捗

このエントリーをはてなブックマークに追加

玄関引違戸交換完了

フリースペースの無垢フロア施工中

所沢市のリノベーション現場の進捗状況。広縁のサッシ入れ替えと玄関引違戸の入れ替えが終了して残すは後1か所のサッシ取付です。一部屋ずつ終了させていますので、残りはもう少し先になる状態です。

リノベーション工事は新築よりも工期は長くなります。解体しながらの工事になる為と、荷物があると移動しながらという事で、一部屋ずつ工事していく状況とで大工さんの作業は新築よりも多くなります。当然大工さんの経験がモノを言う工事で築年数が古いほど若い大工さんは苦手な部分になります。

なぜかというと、日本の建築は年代によって作り方が変わっていますので、現在の木造住宅と50年前の木造住宅では大きく変わります。職人の世界は経験が重要な部分になります。若い職人さん達が技術を覚えて継承していく事が重要ですね。

AIで仕事が変わるといわれていますが、職人の世界は難しいところがあります。新築はともかくリフォームとなると職人の手で経験で行うものはロボットには出来ない分野です。

職人を目指す若者が増えるといいな・・・そんな社会になるきっかけが今のコロナによって変わればと思います

https://saiken.biz

https://saiken.biz/reset.html リノベーション

https://saiken.biz/reform.html リフォーム

https://saiken.biz/chumon.html 注文住宅

https://saiken.biz/contact.html   問い合わせ

https://www.instagram.com/saikenhagiwara/?hl=ja インスタグラム

https://m.facebook.com/saiken.biz  フェイスブック

https://twitter.com/yumebp ツイッター

https://lin.ee/8QVUKupライン

注文住宅 無垢の家#25規格型住宅「 Tumiki」事例紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です