床のリフォームについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

床のリフォームには大きく分けて2通りの方法があります

①今の床の上に重ねて張る「重ね張り」

利点は解体撤去が無い為工期が早くコストも安く出来ます。6帖一間であれば、1日か1日半くらいで工事が完了いたします。

欠点はキッチンなどの引き出しタイプなどの場合は、重ねて張ることで引き出しがぶつかって開かなくなってしまう事があるので、この場合は剥がして張替えになります。

又、断熱材の入れ替えが出来ないので、より快適性を求める場合は向かない方法でしょう

②今の床を剥がして張る「張替え」リフォーム

利点は床下の状態の確認や問題があった場合は補修も簡単にできる、断熱材の入れ替えも簡単にできる、上記のキッチンの問題も解消できるなどです

欠点は工期が長く、コストがかかるという事です。いずれにしても①、②とも選択ができる作りであれば、二種類の見積もりを出して検討していただくことがおススメです。

床材について

床の材料は大きく分けて2種類あります

①新建材のフローリング

利点は価格が安く工期が短いという事

欠点は耐用年数が短い、表面が割れて剥がれてくる、健康被害などです

②無垢フローリング

利点は自然素材なので健康に良い、冬でも床が冷たくない、夏はさあらっと気持ちがいい

耐久性は抜群で一生モノです。張替えは必要なし

欠点は若干値段が高く工期が少し長いという事

但し、一般的な無垢材は反りがあり変形するという大きな欠点があります

夢ハウスの無垢材はこの最大の欠点である変形に対して、徹底的な木材乾燥技術で変形しない無垢材を開発しています。彩建コーポレーションでも夢ハウスに加盟して13年、天然無垢のショールームに無垢フロアを張って13年経ったものが張ってありますので、来てみて比べてください。

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/furoa/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です