平成28年4月1日より「空き家を売却した場合の譲渡所得の3,000万円特別控除開始!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例の創設!

空き家の発生を抑制するため、親などが亡くなって空き家になった一定の住宅を、相続人が耐震リフォームをするか更地にして売却した場合、譲渡所得から3,000万円を特別控除する特例が創設されます。適用時期は平成28年4月1日から平成31年12月31日までの間に行う1億円以下の住宅又は更地の売却に適用されます

不動産の売却の際は通常は高額の譲渡所得税がかかります。所有期間(相続を受けたときから)5年を超えた場合は譲渡益の20%(3000万円の場合は600万円)、5年未満の場合は39%(3000万円の場合で1170万円)が課税されます。今回の特例は所有年数に関わらず、3000万円までは無税となります。期間は4月1日より3年半の間だけです。この機会に売却をオススメいたします!

彩建コーポレーションでは住宅の耐震工事や家屋の解体工事から不動産の売却まで、ワンストップで行っております。査定は勿論無料です。耐震診断から補強工事の見積り、補強工事から売却まで一切お任せで面倒なことは手続きも代行いたします。個別に業者に頼むわずらわしさは一切なく全ての業務をお任せいただけるので安心して、日常の生活が送れます。空き家条例で空き家をそのままにしておくことができなくなった今、チャンス到来です。

空家の売却の事なら、ワンストップサービスの彩建コーポレーションにお任せ!!

akiyakopi1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です