寒い家と温かい家!実はここが違う!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ご存知でしたか?

体感温度は“室温”と“まわりの温度”で決まります。

みなさん、よく勘違いされるのが、寒い家とは、室温だけが低い家だと思っていませんか?

暖房機のコストをかなりかけて、室温をあげたとしても、決して温かな快適な家にはなりません。

さて快適な温度とはいったい何℃でしょう?

その答えを導くのに2つの温度が外せません。一つは空気の温度である室温。もう一つは、壁・天井・床の身の回りの温度です。

暖房温度が22℃でも窓ガラスの温度が8℃であれば、体感温度は15℃となります。(※1参照)

これでは肌寒くて、じっとしてられません。一般で言われる「寒い家」です。

この時(まわりの温度が8℃)、室温を36℃に上げてあげませんと、体感温度は22℃になりません。

しかし、まわりの温度と室温の温度差は14℃とあまりにも大きく、温かい空気が軽いため天井に暖気が溜まるだけです。

これでは足元は冷たく、顔だけ火照ってしまい、体感温度は22℃なのに快適とは言えません。

快適な「温かい家」とは暖房器具だけでは絶対に得る事が出来ないのです。

快適な家を得る為には、壁・床の断熱材や開口部(窓などのサッシ)を見直してみましょう?

新築であれば、高性能の断熱材や断熱効果の高いサッシはとても大事です。

リフォームであれば、高断熱仕様の全面リフォームが出来るのであれば越したことはありませんが、費用も時間もかかります。

手軽に断熱省エネ効果を発揮できる方法として内窓の設置が有効です。

(※1)体感温度の計算式は(室温+まわりの温度)÷2

窓の温度が8℃まで下がった部屋で体感温度を22℃まで保つためには、、、

22℃=(?℃+8℃)÷2 よって、?=36℃の室温が必要になる訳です。

弊社は、高性能断熱材+床板から天井まで全て天然木の断熱効果のダブル断熱を実現しました。

快適な温かい家の秘密はこちらです。

天然木の所沢ショールームでご家族で、「冬でも温かい断熱性能の訳?」を体験しに来てください。

https://saiken.biz/access.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です