天然芝から人工芝へー所沢市事例

このエントリーをはてなブックマークに追加

天然芝の場合は雑草などの手入れが大変、ということで人工芝へ改修したいとの要望。外壁の塗り替えとともに芝生の改修工事を行いました

天然芝を撤去して、防草シートを敷き、人工芝に改修。真冬でも青々とした人工芝は手入れが要らず雑草も出にくいので見た目もきれいを保ちます。

本来は天然芝がりそうですが、手入れをするにあたって機械が使えるかどうかでも変わってきます。手作業での手入れは大変です。しかし機械を使うとなればそれなりに広い芝生でないと使えません。たいていのお宅は狭い敷地の一部に芝を植えるということになるため、よっぽど庭いじりが好きでないと続きません。

とはいえ、全てを石やコンクリートでは水はけの問題もあるし、夏の照り返しの問題なども考えると土の部分が必要なわけです。そこでお勧めなのが「人工芝」です。手入れが簡単で見た目も良く、冬でも青々しているので綺麗です

お庭を考えるときは、その後の手入れを考えたプランにしないとあとが大変になるのと費用もかさみます。ガーデニングが人気の今、よーく考えたガーデニングプランがおすすめです

サイディングの外壁。シーリングが切れて塗膜も傷んできていました。このようなサイディングの壁の塗装の場合は2通りの方法があります。一つは既存の色や柄を生かしたクリア塗装、もう一つは塗りつぶしの塗装です。

今回は塗りつぶしの塗装で2色で塗り替えをいたしました。塗装の前に水洗いとシーリングの打ち直しを行いフッ素系の塗料で塗り替えを行いました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。