トイレの改修工事 所沢市の現場

このエントリーをはてなブックマークに追加

改修前のトイレ 手洗い付きのタンクのある一般的なトイレと壁はクロス張、床はクッションフロア張と一般的なトイレ空間。便器の排水の漏れがあり交換することに

既存の便器を撤去した後

床材を撤去して断熱材を充填。夢ハウスオリジナルの竹の床を張りました

腰壁も竹を張り飛び跳ね汚れにも対応

トイレのリフォーム工事完成

今回のリフォームは竹の床材を使い、床と立ち上がりの壁に貼りました。材料は本物の竹材を使っている為、水に強く耐久性も高くお掃除がとても楽になります

便器はPanasonicのアラウーノを取り付けました

アラウーノの特徴は従来の陶器の便器ではなく樹脂製の便器によりコンパクトで軽い、タンクレスで工事が早い、二種類の泡とパワフル水流によって汚れをしっかりと落とします

泡と新構造によって「飛び跳ね汚れ」を抑えてくれる優れものです

タレガードで外に垂れにくい構造になっていて床を汚しにくい

お掃除のしやすさにこだわったすき間レス構造など

https://saiken.biz/toirereform.html

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です