セカンドライフの為に建てた天然木の「ひらやの家」

このエントリーをはてなブックマークに追加

セカンドライフで建て替える「ひらやの家」のメリット

1.近年頻発している自然災害に強い

①「ひらやの家」は2階の重量がかかっていない為、地震に強い!

地震に強いため、大空間が可能でプランの可能性も広がります。

②台風などの災害にも強いのは高さがない為、風圧を受けにくい!

現在沖縄で木造の2階建てが大人気です。夢ハウスでは沖縄支店をつくり大変好調だそうです。沖縄や九州地方は本来台風の影響が強いため、木造住宅よりRC住宅(鉄筋コンクリート住宅)が好まれていましたが、近年の大型化されている台風の中で木造住宅の平屋が大ヒットしている状態です。それだけ、ひらやは台風に強い事が認められているわけですね。

このように災害に強いってことは安心して生活できる事は老後には大変重要なことですね

ストレスのない住まいでセカンドライフを過ごすことは健康に暮らすことへも繋がります。ストレスは万病のもとになることは知られていますが、精神的な負担を軽減することが重要ですね

2.メンテナンス費用が安い

屋根や外壁などのメンテナンスに足場の設置が軽減されるので費用も軽減されることにもなります。小規模なメンテナンスも脚立だけで可能だったり、もしくは業者を呼ばなくても自分でできたりと・・

3.ワンフロアで生活動線が楽

マンションのようにワンフロアで生活動線があるので楽になります。マンションと違い庭もあれば家庭菜園などもできますね。

このようにメリットがたくさんの「ひらやの家」は広い土地が必要になりますが、現在の住まいの土地が狭ければ、少し離れた土地に買い換えれば安く購入できます。これからに時代はネットワーク社会で全ての事がスマホ一つで生活できる社会になっています

今の生活を見直してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です