コロナ対策に抗菌壁紙に張替えリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウイルスや細菌の増殖を抑制する壁紙が新登場!

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、室内環境を見直される方も増えてきました。
今回は、新しく発売されたウイルスと細菌対策に有効な「抗ウイルス壁紙」を紹介します。

リリカラの「抗ウイルス壁紙」とは?

リリカラの「抗ウイルス壁紙」は、A型インフルエンザウイルスやネコカリシウイルス(ノロウイルスの代用)といった「ウイルスを不活化する機能」と、大腸菌など「細菌の繁殖を抑制する機能」の2つの機能を備えています。

<ウイルス+細菌対策>

壁紙表面に付着したウイルスを減少させる「抗ウイルス性能」

この「抗ウイルス壁紙」は壁紙表面に抗ウイルス剤コーティング層があり、壁紙に付着したウイルス表面のタンパク質を変質させ不活化し減少させる効果があります。 A型インフルエンザウイルスやネコカリシウイルス(ノロウイルスの代用)などのウイルスに効果的です。

※エンベロープとは?
エンベロープとは、脂肪・タンパク質・糖タンパクなどの成分でできた膜のことです。この膜があるかないかで、ウイルスは「エンベロープウイルス」と「ノンエンベロープウイルス」の2つのタイプに分類されます。
代表的な「エンベロープウイルス」にはインフルエンザやコロナウイルスなどがあります。
「ノンエンベロープウイルス」は、ノロウイルスやウイルス性胃腸炎などです。「抗ウイルス壁紙」はどちらにも効果があります。

<抗菌性能>

効果持続と安全性

抗ウイルス機能の持続性は、壁紙表面に抗ウイルス剤がある限り理論的には半永久的です。汚れの付着などにより効果が低減する可能性がありますが、下図のとおり、日常のメンテナンスを想定した、水スプレー後の拭き取りを20回繰り返した後でも効果が持続しています。
また使用薬剤についても、人体に影響が少なく安全です。

<持続性・安全性>

今日も東京都のコロナ感染者数が570人と過去最多を記録しました

今後もますますコロナ対策が必要な時代にリリカラという壁紙メーカーが新商品として、コロナ対策の抗菌壁紙を出しました。ご自宅にコロナ対策の壁紙の張替えはいかがですか?

店舗や事務所の壁や天井にもコロナ対策壁紙はおススメ!

現場調査やお見積もりはリモートでも可能です。スマホでリモート相談が簡単に出来ます。

ご相談はこちらクリック

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です