アトピー、喘息は住まいの改善で軽減!

このエントリーをはてなブックマークに追加
自然素材の家 アトピーや喘息には住まいを改善

シックハウスって最近の言葉で以前はなかった新しい言葉

いつ頃から出てきたんだろう

話は1970年代のアメリカまでさかのぼります。
この頃のアメリカはオイルショックの真っ只中。燃料高騰の影響から省エネが推進され、多くの事務所ビルでは室内の換気量を大幅に減らすようになっていました(たしかに、たくさん換気するとエアコン効かないですもんね・・・)。 
しかしです。なんとこれが原因で、ビル内で働く人が次々と体の不調を訴えるという不思議な現象が起こったのです。

同じ頃。デンマークで、ビルに勤務する人たちの健康不良に着目したある研究者が、ビルの室内空気質と健康障害の関係についての調査を行います。
その時の報告で使われた言葉が「シックビルディング症候群 (sick building syndrome)」。欧米では「シックハウス(sick house)」ではなく、「シックビルディング(sick building)」というんですね。 (どうやら「シックハウス」という言葉は和製英語のようです。)

そして、1980年代になると欧米で同じ様な症状を訴える患者が多発します。おそらく、それまでは体調不良の原因が分からないが故に黙っていた人々が、「シックビルディング症候群」という原因を知ったことで、次々を声をあげていったのでしょう。このことが社会問題を巻き起こし、ビルにおける職場環境問題として数多くの調査や研究が実施されるようになっていきます。

もちろん日本も、欧米で巻き起こった問題をただ黙って眺めていたわけではありません。食器棚家具などから健康障害を引き起こす可能性のある化学物質(ホルムアルデヒド)が大量に放散されていたことを受け、業界内で自主規制がかけられます。
また、 1980年にはJAS(日本農林規格)において、合板から出るホルムアルデヒドを減らすため、低ホルムアルデヒド合板やフローリングの規格が制定され、F1、F2、F3の3段階の規準が設けられました(今では、F☆☆☆☆などと表示されてますが、昔はF1とかF2という表示だったんですね)。

日本で「シックハウス」とか「シックハウス症候群」という言葉が盛んに使われるようになったのは、1990年代の中頃、ちょうど当時の厚生省がホルムアルデヒドに関してガイドライン値を設定した頃です。

そして大きなターニングポイントとなる2003年がやってきます。
この年、ついに建築基準法にシックハウス対策が盛り込まれ、大幅な法改正が行われたのです。詳しくは後述しますが、シックハウス問題で槍玉にあがっていた建設業界にメスが入れられ、否応無しの対応を迫られたわけです。

こうしてマスコミの注目も高まり、「シックハウス」という言葉が一気に普及し、社会に認知されていきました。 

・夢ハウスBP彩建コーポレーション公式ホームページ・・・夢ハウスの自社ブランドの乾燥木材を使った家づくり。新築注文住宅・リノベーション・リフォームなど
https://saiken.biz
・リノベーション・・・夢ハウスの乾燥無垢材や自然素材を使った住宅のリノベーション。木造住宅は勿論、鉄骨やコンクリートの住宅及び店舗のリノベーションなど
https://saiken.biz/reset.html
・リフォーム・・・部屋別部分リフォームやキッチン・浴室・洗面・トイレなどの水廻や屋根、外壁、外構、窓や玄関ドアなど住宅全般のリフォーム
https://saiken.biz/reform.html
・注文住宅・・・夢ハウスの乾燥無垢材を使った新築注文住宅。良質な乾燥無垢材の柱や梁を見せる真壁構造の高耐震・高断熱・高耐久・自然素材の健康住宅。
https://saiken.biz/chumon.html

天然木のリノベーション

無垢の家

自然素材の家

彩建コーポレーション

注文住宅

リフォーム

〒359-1106
埼玉県所沢市東狭山ケ丘1-68-6
夢ハウスBP彩建コーポレーション
フリーダイヤル 0120-504-319
公式ホームページ https://saiken.biz
公式ブログ  https://319saiken.biz
公式フェイスブック 
https://www.facebook.com/saiken.biz/?eid=ARCPe4pRCK-M9J73KmPKIyk76UvMWeyGeN2R9o1HRb_aI9jBMrUWjTHtWnM2QX2FW119dS8n6tcNlUbB
公式ツイッター https://twitter.com/yumebp
公式インスタグラム https://www.instagram.com/saikenhagiwara/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です