ふじみ野市の増築現場進捗

このエントリーをはてなブックマークに追加

屋根の工事完了しました。屋根材は本体と同じガルバリウム鋼板葺きです。

今回は立てハゼ葺きという工法で勾配が緩くても1/100迄の勾配に対応しているものです。今回の現場は問題ないのですが、増築工事で一番の問題はなんといっても屋根の問題です。既存の建物の屋根などと取り合う部分によっては屋根の勾配によって天井の高さが思うように取れないなどで悩まされますが、このタイプはこうした問題を少しでも楽にしてくれるものです。

ガルバリウム鋼板とは、外壁材と屋根材として使用される金属板です。55%のアルミニウムと43.4%の亜鉛、1.6%のシリコンでできており、アルミ亜鉛合金メッキ鋼板とも呼ばれています。とくに屋根として使用されることが多く、新築の住宅であればガルバリウム鋼板が使用されているかもしれません。ガルバリウム鋼板には欠点だけでなく、良い点もあるので先に紹介させていただきます。

●サビに強い
ガルバリウム鋼板は金属製ではありますが、とてもサビに強いです。サビは建築物に悪影響を及ぼすため放置しておく訳にはいきません。サビが原因で外壁が剥がれることや、ひび割れの原因にもなります。サビが目立ってしまうと美観が悪くなり、建築物の印象も悪くなってしまうため注意しなくてはいけません。

●長い耐久年数
ガルバリウム鋼板は耐久性が高く、犠牲防食機能もあるため酸性雨に強いです。海岸地域に設置されたトタンの場合は寿命が5~10年程と言われているのに対し、ガルバリウム鋼板は約10~20年と言われています。

●軽く、耐震性が高い
ガルバリウム鋼板は金属製にも関わらず軽いのが特徴的です。板の厚みも1~3mmほどでとても薄くできています。外壁に使用されることの多いサイディングと比べてみても、その軽さと丈夫さは圧倒的で、地震にも強い外装材と言われています

https://saiken.biz 公式ホームページ

https://saiken.biz/reset.html リノベーション

https://saiken.biz/reform.html リフォーム

https://saiken.biz/chumon.html 注文住宅

彩建LP 内窓 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/utimado/ 

彩建LP 注文住宅 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/catarogu/ 

彩建LP フロアリフォーム https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/furoa/ 

彩建LP テレワーク  https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/terework/ 

彩建LP リモート相談 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/zoom/ 

彩建ECサイト https://saikenec.thebase.in/ 

https://thebase.in/to_app?s=shop&shop_id=saikenec&follow=true

彩建LP メルマガリフォーム1 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/wp-admin/post.php?post=357&action=edit  

彩建LP ZOOM https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/zoom/ 


メルマガ登録お願いします

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンをクリックしてください

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です