ふじみ野市の増築現場完成写真

このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉県ふじみ野市で行っていた増築現場の内部写真です

真壁といって構造材である柱や梁が見える構造。一般的には柱や梁にかぶせるように壁や天井を張るといった仕上げになりますが、彩建では柱の内側に壁をつくり、柱を見せる真壁構造を得意としております。これは大工の技術が必要になる為、現代ではあまり行われていません。

もともとは日本の住宅というのはこの「真壁づくり」が当たり前の工法でしたが時代とともに洋風化された住宅と集成材という建材、大工技術などなどで今では数少ない工法になっています。

これが出来るために大きな条件がありますがそれは

「乾燥無垢材を使う」という事です。柱や梁が見えてくるわけですから、乾燥のあまい無垢の構造材を使うとやがて変形して壁が割れてきたり、建具が開かない、閉まらないなどの不具合が起きてしまいます。しっかりと乾燥させた構造材が必要になります。この材料があって出来る事なので、大工の技術だけではその後の生活を考えた場合は出来ないのです

乾燥無垢材を作るのは難しい⇒コストがかかる!

彩建では新潟にある夢ハウスの加盟店の為、この乾燥無垢材が安価で手に入れることが出来ます。この夢ハウスは木材乾燥機の特許を取得している無垢材にこだわった建材メーカーであり、工務店として自社でも家を建て、全国に400社以上の加盟店を持つ会社です。

まず、乾燥無垢材を作るためには、乾燥機で乾燥させればいいだけじゃないの?と思う方がいるかもしれませんが(笑)・・そう簡単ではないのです

そもそもなんで乾燥無垢材を使わらければいけないのかですが、

未乾燥木材を使うと建てた後に徐々に乾燥していき、乾燥の過程で収縮変形をおこします。これがのちに出る不具合の原因なのです。外壁や内壁、建具や床などに不具合が生じます

という事で乾燥機にかけると大きく変形してしまう為、商品として使えない木材になってしまいます。そこで夢ハウスでは仕上げ寸法に対し、1.7倍ほどの一次製材した木材を乾燥させ、変形分を削り仕上げ寸法に仕上げるという方法をとっています。当然こんなことをするとコストがかかりますので普通なら価格を上乗せにしますが、夢ハウスではこの削った粉を固めて薪ストーブの燃料として販売しております。又、商品そのものは一般に販売しているのではなく加盟店だけが直接購入するため、流通マージンがかかりません

よって、良質の乾燥無垢材を安価でご提供できるというシステムを確立しているのです

勿論、構造材だけではありません。床材や壁・天井材、建具屋、造作材、家具に至るまで住宅に使う木製品全てを作っている為、新築は勿論、リフォームでも良質の無垢材を安価で提供できるのです

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/furoa/?fbclid=IwAR2eA2FYrOiQfyL8SCB6x-P7J_Ms8yJeX40AhCHJ-7jv4stjqy15lydM_hg

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/catarogu/

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/reset/

公式ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です