さいたま市の耐震補強&リノベーション進捗

このエントリーをはてなブックマークに追加

基礎の補強工事 鉄筋の配筋工事

基礎の耐震補強工事 ベタ基礎

耐圧盤と立ち上がりの抱合せ基礎の配筋工事。採石事業、防湿シートと新築の基礎と同様に基礎の配筋工事。

20160819_134838_ks耐震補強専用ホールダウン金物 抱合せ基礎用

既存の土台の束石を撤去してサポートで仮に梁を支え、土台下の基礎の補強を

基礎の抱合せ補強用 ガードアンカージベル

抱き合わせ用のホールダウン金物。公的機関認定のガードアンカージベルで補強。特殊な金物で市販されていません。無筋コンクリート用と有筋コンクリート用があり、抱合せ基礎用は無筋コンクリートを使用

 築50年の家は基礎に鉄筋が入っていないため、抱合せ基礎で補強。耐圧盤も作って、ベタ基礎同様の基礎補強。ホールダウン金物は抱合せ基礎専用のガードアンカージベル。建築防災協会認定の金物でさいたま市の補助金対象金物です。8月22日にさいたま市の1回目の基礎の検査(配筋検査)で合格。26日に生コン打設の予定です。基礎工事のあとは土台補強や梁や柱、筋交いの補強を行い2回目の検査を受ける予定。耐震補助金額120万円が助成金としてお施主様に送金されます。

耐震工事専門ページ

DSC04970_ks DSC04971_ks

DSC04986_ks DSC04973_ks

生コン打ち ポンプ車で圧送して基礎の生コンクリートを打設。基礎の耐震補強工事。

20160901_090903_ks 20160901_090907_ks

20160901_101055_ks 20160901_115502_ks

立ち上がりの型枠を組み生コン打ちの後レベラーを流し込み基礎打ち終了

20160903_085107_ks 20160903_085112_ks

20160903_094118_ks 20160903_094122_ks

型枠を外して基礎の補強工事の完了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です