これからの住まいづくりを考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ禍によって住まいのあり方が大きく、急速に変わろうとしています

1.テレワークやリモート学習が進むことで在宅率が上がってくる

2.副業を認める企業が増え、テレワークではない人も在宅で副業する人が増える

3.物の購入をネットで済ませる割合がふえる

4.フリーランスが増え自宅で仕事する割合がふえる

5.賃貸から持ち家派がふえる?

以上のような変化が進み、郊外から地方への移住や現在の住まいを変化に対応した住まいに リノベーションという事が進んでくるでしょう。5の賃貸派から持家派が増えるは、こうした変化に対応した住まいづくりは賃貸では対応出来ないと思いますのであげてみましたが、賃貸のオーナーさんがこうした変化に柔軟に対応してくれば、逆に賃貸派が増えるかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です