あきる野市で新築工事現場の地盤調査実施!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在世間を賑わしている横浜市のマンションの偽装問題。今後の調査結果で他の物件も出てきそうな感じですね。

今回は東京都のあきる野市での地盤調査。前回の飯能市に続いて優良地盤の判定が出ればと願いながら調査の立会に。10月19日 午後12:00より調査開始。前回同様、SDS調査といって、戸建て住宅程度の規模の住宅はスウェーデン式サウンディング試験が一般的ですが、このスウェーデン式+地質調査を行うSDSはより正確なデータが得られるので、必要のない改良工事が起きにくい事が特徴。とはいえ、軟弱地盤の判定が出れば、しっかりと補強しないと、横浜のマンションのようになってしまいます。この調査に立ち会うとその場でおおよそのことがはっきりわかるので、出てきたデータのみを見るだけでは安心できません。又、しっかり調査しているかの管理もできるので間違いが置きにくいのです。地盤保証が付いているので万が一でも金銭的なところは安心ですが、今回の事件をみても建て替えや大規模な修繕などお施主様にとっては大変苦痛な事になります。しっかり調査して、しっかり施工する。改めて責任を重く感じた事件です

公式ホームページ

20151019_122902_ks 20151019_124141_ks

20151019_141501_ks20151019_124618_ks

今回の土地は6m程の擁壁があり、一部盛土をしている為、盛土側が弱く地山側が強いという予想があったのですが、やってみたらかなりの固い地盤で、調査員もびっくりという現場でした。判定結果がまだ出ていないのでわかりませんが、おそらく大丈夫でしょう。

予定どうりで行けば、来月に地鎮祭⇒基礎工事⇒12月に上棟の予定です。夢ハウスの無垢の家は頑強構造で耐震性が強い家ですが、その建物を支える地盤や基礎はより重要な構造材なのです。

自然素材の無垢の家はhttp://saiken.biz

10月21日地盤調査結果が出ました。「改良の必要はなし」良好地盤との結果です!お施主様よかったですね!!地耐力はなんと53KNという非常に高い地盤強度の結果が出ました。木造2階建ての場合は20KN以上あれば大丈夫なんですが、2.5倍強の数値。造成業者がしっかり施工したおかげですね。売り主の造成業者は地元の工務店です。今回の土地の隣に自宅と作業場があるということもあり、しっかり施工したのでしょう。

一流企業は下請け孫請け、ひ孫請けに安い工事費で施工させるので、横浜のマンションのようなことになり、起こるべきして起きた手抜き工事になってしまう訳で、ちっぽけな工務店の方がずっと信頼がおけると思います。この業界にいると超一流の建築業者の悪行(笑)が現場の職人を通じてよく耳にしますが、本当にひどいものです。職人の手間は市場の半値で叩き、下請け業者には同じように施工費を叩く、実際の施工業者は手を抜かないと赤字になってしまう・・・数十年前から当たり前のように行われている事で、10年前のアネハ事件、数年前の三菱地所の手抜き工事なんて氷山の一角、それでも一流企業だから安心と国民は思ってしまうのはなぜでしょう?そろそろ考え直したほうが良いと思います。

建築業界に限りません。日本の工業技術を支えているのは大田区の町工場だって有名な話ですよね。世界に誇れるモノ作りはちっぽけな町工場なんです。日本は大企業がテレビのコマーシャルや大新聞に広告を出し、それを見て信頼をし大企業の物を買う、メディアは何かあってもお客様である大企業を叩かない、政治家も献金をもらっているので動かない!大企業は利益を優先するから下請けを叩く、叩かれた業者は仕方なく手抜きをする。事件として取り上げられるのはほんの一部、氷山の一角、今後もずーとつづくこの悪循環はいつ終わるのでしょう・・・

無垢の家規格型住宅 自由設計の無垢の家 無垢の家リノベーション住宅 リフォーム お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です