2015年2月21日(土)・22日(日)天然木の新・規格型住宅「tsumiki」構造見学会開催!

このエントリーをはてなブックマークに追加

夢ハウスの新規格型住宅の「tsumiki」がいよいよ着工いたしました!コンセプトは「わたし流のレイアウト」。
夢ハウスの無垢材をふんだんに使った木の家が低価格を実現!お求めやすく、規格住宅なのに間取りが自由につくれるのが最大の魅力。
30代の子育て世代向けのナチュラル住宅「tsumiki」は自然素材を使った家づくりで、安心して子育てできる自然素材の家でナチュラル生活をご提案。

現場見学会の詳細は
とき  2015年2月21日(土)・22日(日)の2日間

時間  10:00~17:00まで

場所  埼玉県三芳町北永井844-10

案内図
miyositumikiimage0021_ks_ks_6_lb12

tsumiki

住宅は見えないところが肝心です!

家づくりにおいて一番肝心なのが見えなくなるところ!例えば断熱材。内装の床や壁、外壁などが出来上がると断熱材は見えなくなります。断熱材とは住宅の省エネに欠かせない重要なポイント!なのは云うまでもありませんが、当社で大規模リフォームされる方の多くは、家が寒くてたまらない!なんとかしてほしい!といった要望の方がほとんどです。築50、60年の家なら仕方ない(当時は断熱材すら入っていない場合が多い)のですが、築15年~20年、時には10年未満の住宅も断熱リフォームをする事も・・・これは数値の上では問題のない断熱材 グラスウール断熱材が経年により空気中の湿気を吸い込み熱(冷気や暖気)を伝えやすくなっているためです。水分を含んだ断熱材は熱伝導が良くなり(断熱性能が悪くなり)年々寒い(暑い)家に変化していくからです。最初の数年だけ暖かい(涼しい)家ではダネなのです。長く住む家だから経年変化のない断熱材が重要。又、水分を含んだ断熱材は柱や土台に密接していますので、構造体までも腐食させてしまい、耐震性や建具の隙間、壁の亀裂など様々な現象が・・・。断熱材だけでも住宅のあらゆる不具合の元になる家づくり。見えないところが肝心!

同時開催

新規格型住宅「tsumiki」説明会開催 

コンセプトは「わたし流のレイアウト」。規格型住宅なのにレイアウトが自由?外観デザインもシンプルな片流れ屋根。今まで斜線制限で郷の家の切り妻屋根が斜線にかかり建てられなかった土地でも「tsumiki」なら大丈夫!今回はtsumiki3.5×4タイプを元に斜線制限と屋根形状など、tsumikiのプランや仕様及び価格などの詳細のご説明や省エネ住宅ポイントの説明会も同時開催致します。史上最低金利の上、政府の緊急経済対策により、フラット35Sの優遇金利が0.3%⇒0.6%優遇(期限付き)で当初10年間の住宅ローン金利が0.5%となりました。またとないチャンスです。

省エネ住宅ポイントの説明会開催

約2年半振りに再開した住宅エコポイント 今回は省エネ住宅ポイントとして新築住宅で30万ポイント リフォームで最大30万ポイント+耐震で15万ポイントが受取れます。

条件は新築で次世代省エネ基準をクリアしている住宅が対象。「夢ハウス」の木の家は規格住宅でも標準でクリア。受け取ったポイントは追加工事や商品券に使えるので、実質30万円分の工事費に充当できます。

又、リフォームでは内窓の設置や壁や床の断熱リフォームで最大30万ポイント。耐震工事でプラス15万ポイントが受取れます。リフォームも勿論、追加工事にも充当できますので、30万円分のグレードアップが可能。

詳細は見学会会場又はお問い合わせを  フリーダイヤル0120-504-319  又は専用ページで

住宅見学会チラシ埼玉県三芳町 2月21日、22日開催

公式ホームページ http://saiken.biz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です