入間市で地盤改良工事行いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

20170213_094122_ks 20170213_094126_ks

20170213_094142_ks 20170213_101023_ks

DSC05330_ks DSC05326_ks

ここ何年か改良地盤に当たらなかったのが、ひさしぶりに改良の必要な現場になりました。お施主様にとっては余分な費用とも言える地盤改良工事。

ですが、これを行えば大安心の地盤になり地震にも強い家になります。

大地震の時は地盤がよいか悪いかが大きく左右する倒壊や損傷の度合。これでひとまず安心!

地盤改良工事とは

木造住宅の場合はほとんどが柱状改良という改良方法で、基礎の下に2m~8m(支持層の深さによる)、直径60センチの穴を開けながら、セメントミルクを注入し、現場の土と撹拌して固めていく改良方法です。費用も深さや本数(建物の大きさ)によって変わりますが、およそ50万円~100万円かかると思ったほうが良いですね。

これは当初の資金計画に初めに入れておくのが基本です。業者選びの段階で見積を出す時に、建物の価格とその他の費用(全てかかる費用)に予算として入れておきます。契約後地盤調査の結果100万円近い額が突如出てきたら、資金計画がたたなくなります。余分に考えておけば、なかったときはその資金でキッチンのグレードアップや家電の購入資金に当てられるわけです

来月上棟予定で4月の初旬の土日に構造見学会を開催する予定です。

入間市で地盤改良工事行いました。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 入間市で地鎮祭行いました! | 株式会社彩建コーポレーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です