所沢市注文住宅進捗

べた基礎耐圧盤の生コン打ち完了し、アンカーボルト・ホールダウン金物設置後立ち上がりの型枠工事に入ります

梅雨入りが早いと言われていた今年ですがここのところの天気続きで現場も順調に進んでいますが、梅雨はどうなったのでしょうか?工事会社にとってはありがたい事ですが、困っているところもたくさんあるのでしょう。農作物などもレタスが2倍に値上がりしていたりと、家計にとってはよろしくないことも・・・天候というのはいろいろなところに影響してきますが、なんといっても大型化されている台風が今年も心配ですね

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/hirayamonitar/ 天然木の家 新築モニター様募集!限定1棟

https://saiken.biz 公式ホームページ

https://saiken.biz/reset.html リノベーション

https://saiken.biz/reform.html リフォーム

https://saiken.biz/chumon.html 注文住宅

https://saiken.biz/contact.html   問い合わせ

https://www.instagram.com/saikenhagiwara/?hl=ja インスタグラム

https://m.facebook.com/saiken.biz  フェイスブック

https://twitter.com/yumebp ツイッター

https://lin.ee/8QVUKupライン

注文住宅 無垢の家#25規格型住宅「 Tumiki」事例紹介

所沢市注文住宅進捗ー基礎工事

基礎工事の配筋完了

所沢市で注文住宅工事中の基礎工事の鉄筋の配筋完了しました

本日「JIO」の配筋検査を行い合格。午後より耐圧盤の生コン打ちに入ります

瑕疵保証付き住宅の配筋検査の様子

JIO(株式会社 日本住宅保証検査機構)の検査員による配筋検査の様子。

住宅の検査とは

新築住宅を建てる際に瑕疵担保責任という法律によって、建てる方(お客様)が保護されています。その期間は構造上重要な個所で10年間、延長10年で最大20年の保証が受けられます。10年の間に基礎や構造部分(土台や柱、梁)又は屋根や外壁の雨漏りなどの欠陥などがあった場合に業者は無償で直さなければいけないのですが、中小企業の場合にはその財力がないなどの問題を解消するために、消費者保護の観点から、第三者の保険機関加盟し、瑕疵があった場合に瑕疵保証保険によって通常2000万円まで保険が下りる制度の事です。これによって建物に重大な欠陥があった場合でも保険で直せるというお客様にとって安心な制度がある為、信用力に少ない中小工務店でも安心して建築の依頼が出来るようになっています。

その保険会社による基礎の配筋検査とこの後に行う、金物検査(土台や柱、桁などをくみ上げた後の構造金物)が行われます。

大手のハウスメーカーなどは供託金を収めており、このような保証会社には入っておらず、自主検査という事になります。

大手ハウスメーカーは保証があるから安心というイメージがあると思いますが、この制度で今では中小工務店で建てても安心な補償が受けられます

又、建てた業者が倒産した場合でも、保険が受けられますので安心です。

https://saiken.biz

https://saiken.biz/reset.html リノベーション

https://saiken.biz/reform.html リフォーム

https://saiken.biz/chumon.html 注文住宅

https://319.saiken.biz  ブログ

https://saiken.biz/contact.html   問い合わせ

https://www.instagram.com/saikenhagiwara/?hl=ja インスタグラム

https://m.facebook.com/saiken.biz  フェイスブック

https://twitter.com/yumebp ツイッター

https://lin.ee/8QVUKupライン

注文住宅 無垢の家#25規格型住宅「 Tumiki」事例紹介

所沢市の新築注文住宅 進捗

基礎工事2日目は砕石事業と捨てコン

砕石事業と捨てコン及び防湿シート工事完了

地中梁部分に砕石、防湿シート及び捨てコン、耐圧盤部分に砕石、防湿シートを張った状態です。

地鎮祭の時に神主さんからお預かりした沈めものを基礎下に置いてきました。

来週から型枠工事と鉄筋の配筋工事が始まります

https://saiken.biz

https://saiken.biz/reset.html リノベーション

https://saiken.biz/reform.html リフォーム

https://saiken.biz/chumon.html 注文住宅

https://319.saiken.biz  ブログ

https://saiken.biz/contact.html   問い合わせ

https://www.instagram.com/saikenhagiwara/?hl=ja インスタグラム

https://m.facebook.com/saiken.biz  フェイスブック

https://twitter.com/yumebp ツイッター

https://lin.ee/8QVUKupライン

所沢市で新築住宅着工

基礎工事が始まりました。

始めに根切工事から

根切り工事とは・・・基礎のコンクリートを打つ位置の土をユンボで掘っていく作業です。関東では一般的に設定地盤より30㎝ほど埋め込まれますので、レベルを出し設計GLから基礎の深さ+捨てコンクリート分を掘っていきます。

昨日よりの雨が納まり、しばらく天気が続く模様なので一安心です。来週半ばごろには鉄筋をくみ終わる予定です

基礎工事は建物の全荷重を支える重要な役割と地震の時に土台や柱をアンカーボルトやホールダウン金物などで止付ける重要な役割を担います。しっかりとした基礎工事がその後の建物の強度や耐久性に影響していきます

https://saiken.biz

https://saiken.biz/reset.html リノベーション

https://saiken.biz/reform.html リフォーム

https://saiken.biz/chumon.html 注文住宅

https://319.saiken.biz  ブログ

https://saiken.biz/contact.html   問い合わせ

https://www.instagram.com/saikenhagiwara/?hl=ja インスタグラム

https://m.facebook.com/saiken.biz  フェイスブック

https://twitter.com/yumebp ツイッター

https://lin.ee/8QVUKupライン

注文住宅 無垢の家#25規格型住宅「 Tumiki」事例紹介

彩建LP  EC https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/ecbace/

彩建LP 新築メルマガ https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/chumonresetmerumaga1/

彩建ECサイト https://saikenec.thebase.in/

彩建LP ライン登録

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/line/

彩建LP フロントP https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/

彩建LP リノベ https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/reset/

彩建LP 内窓 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/utimado/

彩建LP 注文住宅 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/catarogu/
彩建LP ひらやの家  https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/hiraya/

彩建LP フロアリフォーム https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/furoa/

彩建LP テレワーク  https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/terework/

彩建LP リモート相談 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/zoom/

https://thebase.in/to_app?s=shop&shop_id=saikenec&follow=true

彩建LP メルマガリフォーム1 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/merumagareform1/ 

彩建LP ZOOM https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/zoom/

彩建LP 床暖房 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/heat-plus/

彩建LP抗ウィルス壁紙 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/koukinkurosu/

彩建LPペット対応リフォーム https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/petreform/

彩建LPガイナ 塗装     https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/gaina/

彩建LP浴室 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/bathroom/

彩建LPキッチン https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/kitchen/

彩建LPグリーン住宅ポイント

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/juutakupoint/

所沢市で地鎮祭&やり方出し行いました

所沢市の新築予定現場の地鎮祭を行いました。朝9時からの予定ですが、準備で8時頃に現場に行き、地鎮祭の準備を。

朝方早い時間に雨が降っていたのですが、予報だと早いうちに雨が上がるということで一安心

現場に着いた頃には雨は降っておらず準備作業を。ぬかるんでいたのでブルーシートを敷き、現場の養生を。その後雨も降らずに無事に終了しました。

地鎮祭後には「水盛やり方」を

これは、基礎工事のためのレベルや位置だしを囲いの木に記していく作業です。基礎工事の職人がどの位置に基礎を作れば良いのか高さや深さ基礎の位置を出す作業です

「水盛やり方」という名前の由来は今でこそ水平レベルなどはレーザーで測りますが、昔は竹を割りそこに水を入れて水平を測っていたことから「水盛」という名前になり今でもそうした名称で読んでいます。業界では単に「やり方」と言っています。

みなさまも道を歩いていると上記のような光景を目にしたことがあると思いますが、これがやり方作業のことです。この杭や板は基礎工事が終われば撤去されるものなので、短い期間しか現場にはありません。横の板はレーザーで水平を取り、水平レベルで設置された板になります

日本の木造建築は古いものでおよそ1400年前に建てた「法隆寺」が世界最古の木造建築物となっていますが、埼玉県でも古民家と言われる筑後300年~500年の木造建築物はあちらこちらに存在しており、今でもその古民家再生で移築や古材を使った建築などが人気です

現在法律の改正で公共建築物の低層建築については原則木造化となり、それ以外の公共建築物も内装材などに木材を使用することが義務化されています。なぜそのような法律改正が行われたのか?それは木材を使うことが地球温暖化を止めることになる為です。

木は二酸化炭素(CO2)を食べて酸素を吐き出す地球にとってなくてはならない重要な存在なのですが、木を使わずに森林を放置してしまうとやがて木は枯れて二酸化炭素を食べなくなり当然酸素も出さなくなります。木を伐り二酸化炭素を閉じ込めて、住宅や他の建築物などに使用し、苗木を植え育てていくことで成長過程でどんどん二酸化炭素を吸収し、酸素をつくる循環をつづけるのです。

夢ハウス新潟工場 製材前の丸太の原木
夢ハウス新潟工場 内装建材の一次製材を天日干しの状態。これを乾燥機にかけ、加工していきます

https://saiken.biz 公式ホームページトップ

https://saiken.biz/reset.html リノベーション 

https://saiken.biz/reform.html リフォーム 

https://saiken.biz/chumon.html 注文住宅 

https://319.saiken.biz  ブログ 

https://saiken.biz/contact.html   問い合わせ 

https://www.instagram.com/saikenhagiwara/?hl=ja インスタグラム 

https://www.facebook.com/saiken.biz  フェイスブック 

https://twitter.com/yumebp ツイッター 

https://lin.ee/8QVUKupライン

注文住宅 無垢の家#25規格型住宅「 Tumiki」事例紹介 

所沢市の地盤調査結果が出ました。

18日に行った地盤調査の結果が早速出ました。結果は良好地盤という結果に!お施主様おめでとうございます。良かったですね

SDS試験は本当に精密な調査結果が出せて、改良工事になることが少なく助かっています。このSDS試験というのはリクシルグループのジャパンホームシールドという調査会社なのですが、この調査解析が出来るのがこのジャパンホームシールドだけで、他の参入は出来ない独占状態なのですが、正確に解析が出るので安心なのと保証も5000万円まで出るので万が一の時も安心です。彩建コーポレーションではジャパンホームシールドの登録事業者になっておりますので、調査依頼などはお気軽にお問い合わせください

問い合わせ先https://saiken.biz/contact.html   

又は0120-504-319まで

上記のような調査報告書が提出されます

地盤の強さは建物の強度に大きく影響されます。地盤強度によって地震で倒壊するかしないかが建物強度以上に重要な部分でもあります。

これから土地を購入しようとされている方はその土地の地盤の強度が強いのか弱いのかも重要なポイントになります。確実なのは購入契約前に地盤の事前調査を行い、調査結果を元に購入の決断をされるのがベストでしょう。数万円の費用はかかりますが、そこは惜しまない方がよいでしょう。又、調査が出来ない場合は周辺の調査データがネットで公開されて言っますので参考にされるのも良うでしょう。ただし、周辺に改良工事がされていなくてもその土地が大丈夫という保証はありません。あくまでも参考程度になるでしょうけど、知らないよりは事前に知っておいたほうがよいいと思います。

地盤サポートマップはこちら

https://saiken.biz

https://saiken.biz/reset.html リノベーション 

https://saiken.biz/reform.html リフォーム 

https://saiken.biz/chumon.html 注文住宅 

所沢市で地盤調査行いました

所沢市で新築予定の現場で地盤調査を行いました。スウェーデン式サウンディング試験という一般的な調査方法に地質調査を加えたSDS方式の調査になります。

調査結果は2,3日後に出る予定ですがこの期間がいたな期間ですね

お施主様は勿論、工務店としても改良工事にならないような地盤の強さが願っています

軟弱地盤と判定されれば費用は100万円前後かかるのが一般的なので余計な費用は避けたいものです。我々工務店としてもそこにお金を使われるよりは建物に使っていただいた方がより良い建物になる訳です

一般の方の率直な疑問は、今まで建物が建っていたのに地盤改良が必要になるの?・・

というような疑問があるかと思います。軟弱地盤だったら家が傾いていたんじゃないの?

素直な疑問ですよね。

そもそも地盤調査って以前からやっていたのか?という事ですけど、勿論、調査自体は以前からあるものですが2階建て程度の一戸建ての場合はやらないことが多く、そのまま基礎工事を行っていました。基礎工事も布基礎という構造がほとんどでした。

95年の阪神淡路の震災から地盤や基礎の構造、その他の耐震構造が見直されてから普通に地盤調査が行われるようになりました。基礎工事もべた基礎が当たり前の工法に代わりました。

保険制度も出来、基準も厳しくなり耐震に対しては万全の体制になったのです。

そのような経緯から地盤調査を行い、地盤の強度によって良好地盤は布基礎、少し弱いとべた基礎、軟弱地盤だと改良工事というような判定がでて、判定に基づき基礎工事を行った場合にはその後不動沈下で家が方抜いてしまった場合は最大で5000万円の保険が下りるようになったのです。勿論、すべての建築物に地盤改良すれば安心なのですが、地質汚染などの問題や次の建て替え時に改良地盤をどうするのかという問題もありますので、全て行えばよいというものでもありません。やらなくてよいものはやらないほうが良いという事です。

以前の建物は地盤が悪ければ大小の違いはあっても何らかの問題が出ているのです。

例えば、建具の立て付けが悪くなったり、外壁や内壁に亀裂が入ったり、床に傾斜が出来たりなどは地盤の弱さも原因の一つかもしれません。古くなった家は新しい時と違い、あまり気にならなかったりという事があります。気がつかない方もたくさんいらっしゃいます。

彩建LP 注文住宅 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/catarogu/

注文住宅https://saiken.biz/chumon.html 

新築メルマガ https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/chumonresetmerumaga1/

新築モニター   https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/hirayamonitar/

木材価格が急激に上がっている

昨年からのアメリカの住宅市場の活況により、木材の需要が急激に上昇。価格が高騰しています。アメリカの住宅バブルが始まっています

https://news.yahoo.co.jp/articles/e53289278e31e45a56dea2bede37a74ac1ac2991

上記リンクはヤフーニュースより

日本への影響が大きく、価格が高騰しています。これはコロナにより、アメリカでは大都市アパートから郊外の戸建てに移住する動きが急激に増えている様子で、それに伴い、中古住宅や新築がバブル期並みに好調という事です。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6391946

上記は2021.4.28ヤフーニュースです

日本でも同じような動きが活発で今後も木材価格は値上がりしていく予想です。

住宅購入や大規模リノベーションをお考えの方は、今後の住宅市場の動向に注目して、お早目の決断が必要になることも・・・

コロナは思わぬところに思わぬ影響が出ていて、急激に変化する市場動向は今後も見逃せない状況ですね

https://news.yahoo.co.jp/articles/2d54b73d4a81f3a4558a7405c289816bb8159c1a

銅が急伸!ヤフーニュースより

銅は住宅建築にも大きくかかわります。電気の配線は銅が使われていますし、その他の電気部品も銅が使われています。この辺りも値上がりしていきますので、建築業界としては苦しい状態です。

・夢ハウスBP彩建コーポレーション公式ホームページ・・・夢ハウスの自社ブランドの乾燥木材を使った家づくり。新築注文住宅・リノベーション・リフォームなど

https://saiken.biz

・リノベーション・・・夢ハウスの乾燥無垢材や自然素材を使った住宅のリノベーション。木造住宅は勿論、鉄骨やコンクリートの住宅及び店舗のリノベーションなど

https://saiken.biz/reset.html

・リフォーム・・・部屋別部分リフォームやキッチン・浴室・洗面・トイレなどの水廻や屋根、外壁、外構、窓や玄関ドアなど住宅全般のリフォーム

https://saiken.biz/reform.html

・注文住宅・・・夢ハウスの乾燥無垢材を使った新築注文住宅。良質な乾燥無垢材の柱や梁を見せる真壁構造の高耐震・高断熱・高耐久・自然素材の健康住宅。

https://saiken.biz/chumon.html

〒359-1106

埼玉県所沢市東狭山ケ丘1-68-6

夢ハウスBP彩建コーポレーション

フリーダイヤル 0120-504-319

公式ホームページ https://saiken.biz

公式ブログ  https://319.saiken.biz

公式フェイスブック 

https://www.facebook.com/saiken.biz/?eid=ARCPe4pRCK-M9J73KmPKIyk76UvMWeyGeN2R9o1HRb_aI9jBMrUWjTHtWnM2QX2FW119dS8n6tcNlUbB

公式ツイッター https://twitter.com/yumebp

公式インスタグラム https://www.instagram.com/saikenhagiwara/

彩建LP リノベ https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/reset/

彩建LP 内窓 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/utimado/

彩建LP 注文住宅 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/catarogu/
彩建LP ひらやの家  https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/hiraya/

彩建LP フロアリフォーム https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/furoa/

彩建LP テレワーク  https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/terework/

彩建LP リモート相談 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/zoom/

彩建ECサイト https://saikenec.thebase.in/

https://thebase.in/to_app?s=shop&shop_id=saikenec&follow=true

彩建LP メルマガリフォーム1 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/merumagareform1/ 

彩建LP ZOOM https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/zoom/

彩建LP 床暖房 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/heat-plus/

彩建LP  EC https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/ecbace/

彩建LP 新築メルマガ https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/chumonresetmerumaga1/

彩建LP抗ウィルス壁紙 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/koukinkurosu/

彩建LPペット対応リフォーム https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/petreform/

彩建LPガイナ 塗装     https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/gaina/

彩建LP浴室 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/bathroom/

彩建LPキッチン https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/kitchen/

彩建LPグリーン住宅ポイント

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/juutakupoint/

施主支給リフォーム

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/sesyusikyu/

彩建LP カーポート屋根

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/carport/

彩建LP ライン登録

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/line/

彩建LP ガーデニング

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/gardening/

彩建LP ガーデンルーム

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/gardening/

彩建LP 新しい日常

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/atarasiinitijou/

彩建LPコロナ対策リフォーム

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/coronataisaku/

彩建LP 耐震診断  https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/taisin/

所沢市のリノベーション現場進捗

内部の壁や収納の解体工事

解体した廃材を一旦バルコニーへ バルコニーから下のトラックに搬出していきます

リノベーション作業の初めは当然解体作業から始めるわけですが、この廃材は産業廃棄物として受け入れ業者に処分を依頼するのですが、この産業廃棄物の費用が年々値上がりしています。

産廃メディアによると

産業廃棄物の処分費用が急騰しています。日刊産業新聞は2019年7月16日、海外のゴミ輸入の規制強化問題を受け、産業廃棄物に関わる処分費用が全国的に急騰している点を指摘。

2019年4月から2倍~3倍に引き上げられたケースを挙げ、一部品種に至っては5倍にも急騰したケースもあると明かしました。

アジアで続々と規制の流れ

今回の処分費用高騰の主因は、中国によるゴミ輸入の規制強化です。しかし規制強化の流れは中国のみに留まらず、代替地と言われるフィリピンなど東南アジア地域でも同様の流れで進んでいます。

というようなことで、今後もこの傾向は続くことでしょう。

というようなことで、家具などの処分は地元の市町村の焼却場へもっていくか、取りに着てもらうかすれば、費用はほとんどかかりません。ただし、建材は受け付けてもらえませんので、建具や畳などの建物に固定されているもの以外になりますが、少しでも費用負担を少なくするためにお客様にお願いしております。その為のお手伝いはさせていただきます。

建て替えかリノベーションか?

上記の産廃の問題だけを見ると圧倒的にリノベーションの方が産廃の物量は少なくて済みます。どっちが良いのかという問題はあらゆる条件で変わってきますので、それぞれご相談の上アドバイスをさせていただくことになります。

問題なのは相談する業者が新築しか行っていない又はリフォームしか行っていないという業者に相談してしまう事です。当然、自分の行っている工事を勧めてくるので、選択の要素がなくなってしまいますよね。相談する業者がどちらも積極的に行っているかどうかを調べることから始めましょう。

リノベーション専用ページ

https://saiken.biz/reset.html

注文住宅専用ページ

https://saiken.biz/chumon.html  

メルマガ登録専用ページ

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/chumonresetmerumaga1/

友だち追加

長期優良住宅認定 全体のわずか2%

優良住宅の普及促進 認定制度見直しへ法改正 国交省

国土交通省は、耐久性や維持管理のしやすさに優れ、長期間住み続けられる「長期優良住宅」を普及させるため、認定制度を見直す方針を決めた。  戸建てに比べて認定が進んでいないマンションについて、部屋単位ではなく1棟ごとに認定する仕組みを導入。性能が基準を満たしていれば、増改築しなくても認定可能な方法も設ける。関連法の改正案を18日召集の通常国会に提出する。  同省によると、全国に約5400万戸ある住宅のうち、長期優良住宅に認定されているのは約2%の113万戸。このうち、マンションや賃貸住宅などの共同住宅の認定は2万戸にとどまり、戸建て住宅に比べて特に進んでいない。  現行制度は、マンションの部屋ごとに認定する仕組みになっており、申請する分譲事業者にとっては、入居者が決まるたびに所有者の変更申請が必要になるなど手続きが煩雑。負担を軽減するため、管理組合単位で1棟ずつ認定する仕組みに改める。  また現行制度は、新築か増改築時に認定するのが前提で、中古住宅は性能面で基準を満たしているだけでは認定を受けられなかった。改正案では、長期使用に向けた維持保全の計画を申請した上で性能基準を満たせば、増改築を伴わなくても認定可能な仕組みを新設。対象となる住宅の範囲を広げる。

以上「ヤフーニュースより抜粋」 

長期優良住宅が進まない大きな理由は、費用面と制約ではないでしょうか。

長期優良認定を受けるためには100万円~200万円の予算UPが必要になったりします。又、間取りなどにも制限が出たり、成約が多すぎて住まいとしての魅力が半減してしまったり・・・

お役所的に数字だけで物事を考えてしまう住宅の各種制度は長期優良だけではありません。今回見直しを検討ということですが、遅すぎるんではないかと思う。10年以上も前からあるこの制度は初めから認定を受ける住宅が少なかったわけで、何も改善していない10数年間・・・今回の改正でどれだけ進むかは、根本的な問題を解決しないと結果は変わらないと思います。小手先だけの改正ではなくガラガラポンと大幅な見直しが必要なのでは?

友だち追加