増築工事について

木造住宅の増築工事は一般的には10㎡(6帖間は9.91㎡)以内であれば建築確認申請は必要ありません。したがって申請費用などの経費が掛からない、期間の短縮(申請書作成や申請期間などで約2週間から1か月)ができます。

会社のリモートワークによって、ワークスペースの問題が出てきています。専用のスペースを増築したり、リビングの拡張によって一部ワークスペースを設けたりと様々ですが、6帖分のスペースが増やせればゆったりしたワークスペースが確保できますね。

リモートワークが完全に定着した今、おうちの見直しを考えてみてはいかがでしょう?

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

彩建LP  こどもエコすまい住宅支援制度

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/juutakuhojokin/

リフォーム補助金制度始まりました。こどもエコすまい住宅支援制度でリフォーム補助金30万円。子育て世帯及び若者世帯の場合45万円の補助金が交付されます。令和5年12月末日までの期間限定。省エネリフォームが対象

〇あたたかいお風呂で健康家族

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/atatakaiofuro/

家庭内事故は交通事故の約4.2倍!内浴室内のヒートショックによる事故が最も多く、住環境の見直しが

言われています。暖かいところから寒いところへの移動による血圧の変動は心筋梗塞などの重大な

病気を起こしてしまいます。リフォームで暖かいお風呂と脱衣室で健康被害から家族を守る
 

〇内窓の設置

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/utimado/

電気代が高騰しています。

内窓の取り付けリフォームで

電気代などの光熱費の節約になり、CO2削減にも効果的です

しかも今なら補助金がもらえます

リフォーム補助金対象工事の内窓の取り付けで断熱効果UP!。省エネ効果で地球温暖化防止にも

内窓の設置は1窓1時間の簡単施工でお部屋の断熱効果と防音効果のW効果で快適空間に

窓の結露対策や防音対策にもなり、様々な効果で費用対効果は大!です

〇トイレリフォーム

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/toirereset/

お掃除の楽なトイレ、寒くないトイレ、収納のあるトイレや手洗いカウンターのあるトイレなどトイレを快適な空間にすることでストレスも解消。おうち時間がふえた今、トイレの使用頻度も増えてより快適性が求められます。 補助金も使って快適なトイレ空間にリフォームしませんか。

彩建LP浴室
 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/bathroom/

肩湯の出るユニットバスで一日の疲れをいやす至高のお風呂タイムをご提案。

ストレスは万病の元。いつまでも健康でいられる為に、毎日の入浴は大切な時間。

疲れやストレスをとって元気な生活をお風呂の改修で・・
 

〇天然木の無垢フロアで重ね張りリフォーム

既存の床の上に無垢フロアを重ねて張ることで、既存の床を壊さない分、工期が短く費用もお手頃に無垢フロアにリフォームが出来ます。

桐のうづくり無垢フロア12㎜タイプで6帖の重ね張りリフォームが工事費込みで

¥14万6300円(税込)

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/furoa/

〇キッチンリフォーム

おうち時間が増え、外食が減った分キッチンの利用頻度が増えた現在、より快適なキッチンでおうち時間を充実させる快適なキッチンへ交換リフォーム

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/kichinjirei/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

#天然木#リフォーム#リノベーション#埼玉県#無垢材#自然素材#夢ハウスBP#床の張替え

公式ホームページ  https://saiken.biz

問い合わせ     https://saiken.biz/contact.html

リフォーム     https://saiken.biz/reform.html

注文住宅      https://saiken.biz/chumon.html

リフォームの大型補助金が閣議決定しました!!

昨年11月に続き、今年もリフォーム補助金が前倒しで始まりました。

今回は前回に単位当たりの補助金額が大幅にアップしました。適用は令和4年11月8日以降の契約分で令和5年12月末までの期間です。コロナ化によるリフォーム建築業界の経済対策として、又、地球温暖化の緊急対策として省エネリフォームに対して補助金が出ます。

リフォームの場合最大30万円です。

内窓の設置や断熱リフォームなどが対象となりますのでお早めにご検討を

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/juutakuhojokin/

リフォーム補助金制度始まりました。こどもエコすまい住宅支援制度でリフォーム補助金30万円。子育て世帯及び若者世帯の場合45万円の補助金が交付されます。令和5年12月末日までの期間限定。省エネリフォームが対象

〇あたたかいお風呂で健康家族

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/atatakaiofuro/

家庭内事故は交通事故の約4.2倍!内浴室内のヒートショックによる事故が最も多く、住環境の見直しが

言われています。暖かいところから寒いところへの移動による血圧の変動は心筋梗塞などの重大な

病気を起こしてしまいます。リフォームで暖かいお風呂と脱衣室で健康被害から家族を守る
 

〇内窓の設置

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/utimado/

電気代が高騰しています。

内窓の取り付けリフォームで

電気代などの光熱費の節約になり、CO2削減にも効果的です

しかも今なら補助金がもらえます

リフォーム補助金対象工事の内窓の取り付けで断熱効果UP!。省エネ効果で地球温暖化防止にも

内窓の設置は1窓1時間の簡単施工でお部屋の断熱効果と防音効果のW効果で快適空間に

窓の結露対策や防音対策にもなり、様々な効果で費用対効果は大!です

所沢市で耐震改修工事進行中

所沢市で昭和54年地区の中古戸建現場の耐震診断を行い、補強プランを元にスジカイや構造用合板などで耐震補強工事をしています。

耐震補強工事の際は基本的に補強個所の壁は勿論、床や天井も部分的に解体して補強工事を行います。各市町村で昭和56年6月以前の建築については補助金が支給されます。今回の現場も補助金の申請を行い、補強工事をいたします

近年中に大規模な地震が起こる可能性も高くなっておりますので、まずはご自宅がどの程度の耐震性があるのかだけでも知っておくとよいと思います。診断だけでも5万円程度の補助金が出ますので、一度専門家に相談されてみてはいかがですか?

わたくし共では所沢市近郊の方の耐震診断を行っていますので、お近くの方はぜひお声掛けください。専用ページはこちら

スジカイと構造用合板による耐震補強

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/taisin/

大地震に備えておうちの耐震診断してみませんか?

平成12年6月(2000年6月)以前に建てた木造住宅は現在の基準を満たしていません。

住まいの健康診断で耐震性を確認、どこが弱いのか?問題はあるのかを知っておくのは重要です

この次のリフォームで補強が必要であれば考慮することも・・

何が起こるかわからない現在、住まいの健康診断を考えては?

トイレのリフォーム完了しました

リクシルのタンクレストイレに交換。床は大理石調のフローリングで目地がなく、お掃除がしやすいタイプのトイレ専用フロアに張替え。カウンター収納付き手洗い器を設置したトイレのリノベーション。

トイレの交換は補助金が24000円支給されます。LDKも内窓を設置して十数万円の補助金が適用されます。

この補助金ですが省エネを推進するための補助金制度なので、断熱性リフォームや高効率給湯機や高断熱浴槽などが対象になり、現在、電気代が大幅にアップしていますので、補助金も含めて、長期的に光熱費の節約になりますので、ぜひおすすめしたいリフォームのタイプです

コロナ化になって、リフォーム需要が増えている今、省エネリフォームは今後も人気のリフォームに定着しています。

特に内窓の設置については大ヒット商品で、現在ペアガラスの方もさらに断熱性を上げるための内窓の設置が増えています。

最近は断熱性は勿論、防音の為の内窓が増えていますが、これはリモートワークや学習などでおうちで仕事や学習するのに外部の音対策でつける方が増えています。

又、災害対策(台風などで飛来物によるガラスの破損対策)にもなり、内窓一つで様々な効果が得られます。

〇内窓の設置

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/utimado/

彩建LP  こどもエコすまい住宅支援制度

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/juutakuhojokin/

こどもエコリフォーム補助金制度新設!

現在進行中の「こども未来住宅支援事業」のリフォーム&新築の補助金中に、新たに「こどもエコリフォーム補助金制度」が来月始まる予定です。

今回の補助金制度も異例の速さで、通常は年度明けの4月か5月頃から始まるのですが、昨年11月に早々と始まって、今回も11月8日に決まり、来月から開始というこれまた異例の速さで始まろうとしています。現在の補助金もまだ予算が残っている状態で、新規受付も可能な状態で、並行して補助金制度が行われるのは初めてではないでしょうか?

今回も内容はほぼ同じようですが、内窓の補助金額は少し高くなっているようです。詳細はまだこれからということで、発表されたら、又このブログにて投稿させていただきます

ひとまず速報でお知らせいたします

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

彩建LP  こども未来住宅支援制度

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/juutakuhojokin/

リフォーム補助金制度始まりました。こども未来住宅支援制度でリフォーム補助金30万円。子育て世帯及び若者世帯の場合45万円の補助金が交付されます。令和5年3月末日までの期間限定。(5か月延長しました。予算も600億円追加決定) 省エネリフォームや耐震リフォームなどが対象となります。

〇あたたかいお風呂で健康家族

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/atatakaiofuro/

家庭内事故は交通事故の約4.2倍!内浴室内のヒートショックによる事故が最も多く、住環境の見直しが

言われています。暖かいところから寒いところへの移動による血圧の変動は心筋梗塞などの重大な

病気を起こしてしまいます。リフォームで暖かいお風呂と脱衣室で健康被害から家族を守る
 

〇内窓の設置

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/utimado/

電気代が高騰しています。

内窓の取り付けリフォームで

電気代などの光熱費の節約になり、CO2削減にも効果的です

しかも今なら補助金がもらえます

リフォーム補助金対象工事の内窓の取り付けで断熱効果UP!。省エネ効果で地球温暖化防止にも

内窓の設置は1窓1時間の簡単施工でお部屋の断熱効果と防音効果のW効果で快適空間に

窓の結露対策や防音対策にもなり、様々な効果で費用対効果は大!です

〇トイレリフォーム

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/toirereset/

お掃除の楽なトイレ、寒くないトイレ、収納のあるトイレや手洗いカウンターのあるトイレなどトイレを快適な空間にすることでストレスも解消。おうち時間がふえた今、トイレの使用頻度も増えてより快適性が求められます。 補助金も使って快適なトイレ空間にリフォームしませんか。

彩建LP浴室
 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/bathroom/

肩湯の出るユニットバスで一日の疲れをいやす至高のお風呂タイムをご提案。

ストレスは万病の元。いつまでも健康でいられる為に、毎日の入浴は大切な時間。

疲れやストレスをとって元気な生活をお風呂の改修で・・
 

〇天然木の無垢フロアで重ね張りリフォーム

既存の床の上に無垢フロアを重ねて張ることで、既存の床を壊さない分、工期が短く費用もお手頃に無垢フロアにリフォームが出来ます。

桐のうづくり無垢フロア12㎜タイプで6帖の重ね張りリフォームが工事費込みで

¥14万6300円(税込)

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/furoa/

〇キッチンリフォーム

おうち時間が増え、外食が減った分キッチンの利用頻度が増えた現在、より快適なキッチンでおうち時間を充実させる快適なキッチンへ交換リフォーム

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/kichinjirei/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

#天然木#リフォーム#リノベーション#埼玉県#無垢材#自然素材#夢ハウスBP#床の張替え

公式ホームページ  https://saiken.biz

問い合わせ     https://saiken.biz/contact.html

リフォーム     https://saiken.biz/reform.html

注文住宅      https://saiken.biz/chumon.html

3Dプリンター住宅が来年日本にも本格上陸するらしい

個人向け3DP住宅の共同開発計画をセレンディクスが発表

世の中の技術の進歩には目まぐるしいものがありますが、とうとう建築の世界にも3Dプリンターを使った住宅が現実に販売されることになったとのことです

3Dプリンター住宅は基本的に特殊コンクリートを流し込みながらバウムクーヘンのように重ねて壁を作っていく工法で24時間程度でできてしまうようですが、基礎工事や内装、電気工事、設備工事は別途必要なので正味2か月程度はかかるのではないでしょうか?

それにしても世の中の進化にはついていけませんね。

木造の数十階建てのビルができたり、びっくりすることばかりですが、見ている分にはおもしろいです。

医療現場でもこの3Dプリンターによって、臓器を作って移植したりなどが可能だとか。

今後、身近で3Dプリンターの家ができたら見てみたいものです。

https://lin.ee/8QVUKup LINE友だち追加
https://saiken.biz  トップページ

https://saiken.biz/contact.html     問い合わせフォーム

https://saiken.biz/reset.html リノベーション

https://saiken.biz/reform.html リフォーム

https://saiken.biz/chumon.html 注文住宅

https://319.saken.biz  ブログ

https://blog.ameba.jp/ucs/top.do

アメブロ

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/totisagasichumon/

土地探しから注文住宅

 

  https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/tokrozawasireform/ ‎

所沢市のリフォームは地元密着安心のの彩建コーポレーション

所沢市と入間市、狭山市の市境に位置する東狭山ヶ丘にあるリフォーム会社です

所沢市・入間市・狭山市でリフォームをお考えなら建築士事務所登録のリフォーム会社で安心のリフォームをご提案いたします

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/reform/

天然木リフォーム 

自然素材で健康住宅にリフォーム

フィトンチッドによる癒し効果でストレスを軽減

ストレスは万病の元、木の香りのする住まいで、

癒しの住まいで健康家族に

夢ハウスの天然木材を使った自然素材のリフォーム

内装のリフォーム工事からキッチン、浴室、洗面、トイレの水回りのリフォーム

を自社設計施工で行っている所沢市の工務店です

天然木のリノベーション

建て替えの5割から7割の費用で新築同様にリセット出来るリノベーション

自然素材の天然木を使ったリノベーションで家族の笑顔が絶えない家づくり

ストレス軽減効果のある無垢材のフィトンチッドによる癒し効果で

おうち時間を楽しく過ごす家づくり

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

彩建LP  こども未来住宅支援制度

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/juutakuhojokin/

リフォーム補助金制度始まりました。こども未来住宅支援制度でリフォーム補助金30万円。子育て世帯及び若者世帯の場合45万円の補助金が交付されます。令和5年3月末日までの期間限定。(5か月延長しました。予算も600億円追加決定) 省エネリフォームや耐震リフォームなどが対象となります。

〇あたたかいお風呂で健康家族

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/atatakaiofuro/

家庭内事故は交通事故の約4.2倍!内浴室内のヒートショックによる事故が最も多く、住環境の見直しが

言われています。暖かいところから寒いところへの移動による血圧の変動は心筋梗塞などの重大な

病気を起こしてしまいます。リフォームで暖かいお風呂と脱衣室で健康被害から家族を守る
 

〇内窓の設置

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/utimado/

電気代が高騰しています。

内窓の取り付けリフォームで

電気代などの光熱費の節約になり、CO2削減にも効果的です

しかも今なら補助金がもらえます

リフォーム補助金対象工事の内窓の取り付けで断熱効果UP!。省エネ効果で地球温暖化防止にも

内窓の設置は1窓1時間の簡単施工でお部屋の断熱効果と防音効果のW効果で快適空間に

窓の結露対策や防音対策にもなり、様々な効果で費用対効果は大!です

〇トイレリフォーム

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/toirereset/

お掃除の楽なトイレ、寒くないトイレ、収納のあるトイレや手洗いカウンターのあるトイレなどトイレを快適な空間にすることでストレスも解消。おうち時間がふえた今、トイレの使用頻度も増えてより快適性が求められます。 補助金も使って快適なトイレ空間にリフォームしませんか。

彩建LP浴室
 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/bathroom/

肩湯の出るユニットバスで一日の疲れをいやす至高のお風呂タイムをご提案。

ストレスは万病の元。いつまでも健康でいられる為に、毎日の入浴は大切な時間。

疲れやストレスをとって元気な生活をお風呂の改修で・・
 

〇天然木の無垢フロアで重ね張りリフォーム

既存の床の上に無垢フロアを重ねて張ることで、既存の床を壊さない分、工期が短く費用もお手頃に無垢フロアにリフォームが出来ます。

桐のうづくり無垢フロア12㎜タイプで6帖の重ね張りリフォームが工事費込みで

¥14万6300円(税込)

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/furoa/

〇キッチンリフォーム

おうち時間が増え、外食が減った分キッチンの利用頻度が増えた現在、より快適なキッチンでおうち時間を充実させる快適なキッチンへ交換リフォーム

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/kichinjirei/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お住まいの耐震診断

地震大国日本では耐震基準というものが建築基準法で定められていますが、この基準は最新では平成12年6月(2000年6月)に改正されています。約22年前になります。

したがって、築21年の住宅は現行基準の耐震性に合致しておりますので、一応は安心になりますが、それ以前の建物は注意が必要ということになります。

さらに昭和56年6月(1981年6月)にも改正されています。

昭和56年以降、平成12年までの耐震基準は耐力壁といわれる壁、すじかいや構造用合板を使った壁のことですが、数量の規定はあったが、どこへ入れてもよかった、すじかいの配置に基準がなかったわけです。これは偏った強度になるため、地震の揺れでねじれが起こってしまう事になり危険な状態といえます。又、阪神淡路大震災を受け、柱のほぞ抜きによる倒壊が増えたため、ホールダウン金物の設置の基準も現在の基準で改正されています。

国の補助金がもらえるのは昭和56年以前の住宅になりますが、以降の建物も上記のような問題点があります。

まずはご自分の家がどの程度の耐震性があるのか知っておくことが肝心なのです。

中古を買ってリノベーション

建築資材の高騰で新築住宅の値上がりが続いていますが、最近は中古住宅を購入する方が増えています。中古住宅を購入してリノベーションやリフォームをする。現在は金利がまだまだ低金利の為、中古購入が割安感があります。

そこで中古住宅を購入するにあたって、購入は不動産会社、リフォームやリノベーションは建築会社にという今までの流れは現在は購入からインスペクション、耐震診断、リノベーションまでワンストップで営業している業者に全てお任せという流れに変わってきています。

一社ですべて完結すれば問題点が解消され、不安要素もなくなり安心して、購入からリフォームまでを終了して、予算的にも予定通りに済むことになります

物件購入前に物件の不具合箇所を建築のプロがみて補修やリフォームの提案、予算などが正確に分かったうえで購入する「ワンストップサービス」で中古購入をおススメします

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/tyukoreset/

すまいの防災対策は進んでますか?

近年の台風シーズンは1か月ほどずれているような感じですね。皆さまは耐風対策や災害対策はお済ですか?対策と言っても何をすればわからない、という事もあるので建築の立場から住まいの対策を考えてみましょう?

まず、台風が来るとどんなことが起きるかを考えてみましょう

1.強風によって、建物の屋根の一部が外れてしまう、又は飛んでしまい隣家の建物や車などを破損させてしまう事が考えられます。

2.隣家の物が飛んできて窓ガラスが割れてしまう。外壁などはガラスに比べて強度がありますので破損しても生活には影響するほどにはなりませんが、窓ガラスが割れてしまうと大変ですね。

3.強風によって風圧のかかった雨水は普段の雨では何ともなかったのに風邪向きによって雨漏りしてしまう

上記の現象が主だった災害と言えますが、3については雨漏れの量がそれほど多くなければ、又数年に一度程度であれば、外壁の塗装工事をするときに補修するという事で良いと思いますが、1や2は何らかの対策を事前に取っておかないと大変なことになります。窓ガラスが割れた状態で強風と強雨が家に侵入してくるわけですから、二次災害、三次災害という事になってきます。台風は毎年やってきます。大型台風が直撃するような年は少ないと思いますが、台風が来るたびに不安になっているのであれば、体にもよくありません。対策をして安心を買うのは心と体に良いことでしょう。

防災対策専用ページはこちら

こどもみらい住宅支援事業 リフォーム補助金の現在予算状況

リフォーム補助金の「こども未来住宅支援事業」の現在の予算状況ですが、期間が2023年3月末に延長、追加予算600億円で総額1142億円のうち、7月末時点の実施状況は321億となっており、約28%実施という状況です。まだまだ予算は十分にありますので、リフォームをお考えの方はこの機会に補助金を使ってリフォームをお勧めします。

対象リフォーム工事は

内窓の設置工事

断熱工事

高断熱浴槽の設置

節水型トイレの設置

高効率給湯器の設置

手すりの設置や節湯水栓などが対象です。

詳細は専用ページで  こちら