台風被害現場 ガルバリウム鋼鈑屋根材工事

台風被害現場 ガルバリウム鋼鈑屋根材工事

最初に捨て唐草やケラバといった「役物」を取り付けます

軒先から(屋根の先端」から貼り始めます。雪留め金具も同時に付けていきます

今回はニチハの横暖ルーフというガルバリウムにウレタン断熱材が入ったものを仕様。耐久性と軽量(瓦の1/10)で耐震性が良く、断熱性能も良い屋根材です。

専用公式ホームページ

台風による被害。屋根が吹き飛び仮復旧!

10月1日深夜に直撃した台風24号の強風により、屋根の一部が吹き飛ぶという現場が多発!

こちらは所沢市北中の屋根の被害現場。鋼鈑屋根の軒先と棟包の板金が飛んでしまった現場です。築35,6年以上ですが、20年くらい前に現在の鋼鈑屋根に葺き替えたという事です。

台風による屋根の被害。軒先の屋根材が飛んだ被害事例写真 台風による屋根の被害。棟包の板金が飛んだ被害事例写真

台風による屋根の被害。軒先の屋根材が飛んだ被害事例写真 台風による屋根の被害。軒先の屋根材が飛んだ被害事例写真

応急処置をした状態。

今後は火災保険の申請手続きをして、本格復旧をする予定です。続きを見る

所沢市三ヶ島の現場も

こちらはコロニアル葺きの屋根のやはり軒先の屋根材が一部飛んでしまった現場。

台風による屋根の被害。軒先の屋根材が飛んだ被害事例写真 台風による屋根の被害。軒先の屋根材が飛んだ被害事例写真

仮復旧の状態

外れた屋根材を撤去して、アスファルトルーフィングを張り、仮復旧。これで数ヶ月は心配ありませんが、やはり不安ですよね。

こちらも保険申請して葺き替え工事の準備に。

この他、10数件の現場で屋根やバルコニー屋根、カーポート屋根、フェンスの倒壊など多数の被害が出ております。

ほとんどは保険で適用されるものが多いので、被害に遭われた方はご相談ください。

ご相談は0120-504-319又は保険でリフォーム

 

東村山市でバルコニー改修&外壁と屋根の塗替え工事着工しました

東村山市でバルコニー改修&外壁と屋根の塗替え工事着工しました

東村山市でバルコニーからの雨漏りの為、改修工事を行っています。初日は解体工事から

ルーフバルコニー(下に部屋のあるタイプ)と跳ね出しバルコニー 広い部分がルーフバルコニー

アルミの手すりを撤去し、板金で作られた笠木を撤去

笠木を撤去してみると木部の腐食がかなり進んでいました。よくある現象です。アルミの手すりを板金上からビスで止めつけている為、ビス穴から雨水が侵入するケース。

立ち上がりの壁を解体してみると梁までは腐食は進んでいないのが分かり一安心!

雨漏り箇所の床下地。原因は設計の問題と施工不良です。防水の裏から雨水が回っていた為、防水のやり直しをいくらやっても治りません。改修作業は設計から見直すことで、同じことが起きないように根本を直す事が必要です。その為にかかる余分な費用は、結果として安くなる訳です。簡単な補修で済ませてしまうと後でもっと大掛かりになってしまいます。

本日の作業はここまで、明日は床の解体作業と下地施工です。

床下地を剥がした状態で確認。数箇所の雨漏り箇所を発見!構造体の梁は染みがある程度で、下地の交換で済んだのが幸いでした。

バルコニーの改修工事は本当にこのような現場が多いのにびっくりです。建売住宅の手抜き工事がいかに多いか!安かろう悪かろうは後々、大きな出費を生み、メンテナンス費用で結果高いものになってしまいます。

床下地はラーチ合板12ミリの二重貼り+ケイカル板12ミリの三層構造でFRPの割れの対策は万全!

FRP防水のトップコートも完了し、アルミの手すり付き笠木の取り付け開始!

外装工事のことなら専用ページで

秋のリフォームキャンペーン実施中!!

外装のリフォームキャンペーン実施中!!

リフォーム楽楽通信10月号

屋根や外壁は大切なおうちを長持ちさせる為の重要な部分です!

外壁や屋根などの外装の塗り替えや張替えのキャンペーンを行っております。無料点検も実施中なので、気になる方は先ずは無料点検からお気軽にどうぞ!

外装にとって過酷な真夏の日差しを受けてダメージを受けたあとのこの時期。一度点検してみてはいかがですか?涼しくなったこの時期は屋根や外壁のお手入れ時期です。

外装のリフォームで傷んだ外装のチェックをオススメ!

専用ページはこちら

所沢市金山町で外装リノベーション工事着工しました

所沢市の金山町で外壁サイディング張替え、アルミサッシ全面交換、バルコニー改修工事の外装リノベーション工事が着工しました。

先ずは足場の設置工事から

20170720_093330_ks 20170720_093349_ks

20170721_084447_ks 20170721_084439_ks

外壁や窓の全面交換の為、足場の設置作業から開始します。

外装工事のことなら専用ホームページで

20170721_140110_ks 20170721_140115_ks

先ずは外壁の解体工事から。外壁の改修工事では基本は既存の外壁を解体するのがベスト。既存を残したまま重ね貼りは、漏水の原因となる事が多く、お勧めできません!下地の状態を確認して、悪ければ補修する事も出来る為、長く持たせるためにはまず、解体撤去がおすすめ!

アルミサッシの入れ替え、一枚ガラスの古いサッシからペアガラスの断熱サッシに交換します。省エネ効果で冷暖房費が節約出来、リフォームの際は断熱サッシがオススメ!

サッシ交換終了。残るは南側の外壁の撤去と仕上げの金属サイディング貼り。霧除けの板金張替え!バルコニーの撤去!

え、まだまだやることいっぱい!です。熱中症に気をつけて頑張りましょう!

外壁の種類

1.サイディング材

サイディングと言っても種類は多く、材質も 金属系、窯業系、モルタル下地+塗装、モルタル下地+タイル貼りなどさまざま

①金属系サイディング(鋼鈑)

kouhansaidhingu

②窯業系サイディング