入間市基礎工事進捗ブログ

型枠設置及び丸型換気スリーブ取り付け

DSC05397_ks DSC05401_ks

床下の換気口で一般的なのは基礎パッキンですが、夢ハウスでは基礎パッキンに比べ換気量の多い丸型換気口を採用しています。これによって床下の換気量を増やし結露防止で家の耐久性を上げる事につながります。基礎の強度も丸型にすることで強くなるという実験結果が出ています。

続き・・・

入間市で基礎工事着工しました!

入間市宮寺で基礎工事の着工。

20170220_082011_ks 20170220_082122_ks

20170220_084221_ks 20170220_082307_ks

先ずは根切り工事から。

DSC05358_ks DSC05359_ks

DSC05354_ksDSC05356_ks

砕石地業 柱状改良の間に砕石を入れ転圧作業

丸く浮き出ているのが柱状改良の先端です。深さは約3.7mまで入れてあります。

柱状改良とは
木造住宅の改良方法の一つで直径60センチの穴をドリルで掘っていきながら、セメントミルクを流し込み現場の土を攪拌知らなが固めていく方法で最も使われる方法です。この柱状の杭の上に基礎を載せて家が沈まないようにするのが役目です。
この他に鋼管杭を打ち込む方法があり、これは支持層と言って、地面の下の砂礫層(強度の強い部分)が深い場合(8m以上など)に使われます。
又、表層改良という方法もあり、深さ約1mをそっくり土を取り、その半分と固化材を混ぜたもので埋め戻し、全体を固める方法です。これは比較的支持層が浅く、かつ、広い敷地の場合(取り除いた土の置き場所がないと不可能)にのみ採用されます。
従って、殆どの場合は今回の柱状改良になることが多いのです。

公式ホームページはこちら

続きは・・

入間市で地盤改良工事行いました。

20170213_094122_ks 20170213_094126_ks

20170213_094142_ks 20170213_101023_ks

DSC05330_ks DSC05326_ks

ここ何年か改良地盤に当たらなかったのが、ひさしぶりに改良の必要な現場になりました。お施主様にとっては余分な費用とも言える地盤改良工事。

ですが、これを行えば大安心の地盤になり地震にも強い家になります。

大地震の時は地盤がよいか悪いかが大きく左右する倒壊や損傷の度合。これでひとまず安心!

地盤改良工事とは

木造住宅の場合はほとんどが柱状改良という改良方法で、基礎の下に2m~8m(支持層の深さによる)、直径60センチの穴を開けながら、セメントミルクを注入し、現場の土と撹拌して固めていく改良方法です。費用も深さや本数(建物の大きさ)によって変わりますが、およそ50万円~100万円かかると思ったほうが良いですね。

これは当初の資金計画に初めに入れておくのが基本です。業者選びの段階で見積を出す時に、建物の価格とその他の費用(全てかかる費用)に予算として入れておきます。契約後地盤調査の結果100万円近い額が突如出てきたら、資金計画がたたなくなります。余分に考えておけば、なかったときはその資金でキッチンのグレードアップや家電の購入資金に当てられるわけです

来月上棟予定で4月の初旬の土日に構造見学会を開催する予定です。

所沢市山口で無垢の家注文住宅7月着工予定!

無垢材を使った天然木の家注文住宅が7月より着工致します。延床面積14坪の狭小住宅。無垢材で作る木の家の狭小住宅。コンパクトな家を体積を使って広く見せる工夫を凝らした木の家を着工から完成まで当ブログでご報告します!

DSC04441_ks 19_6 (1)

DSC04503_ks DSC04373_ks

DSC04405_ksDSC04204_ks

シックハウスとは無縁の家。家族が安心して暮らせる自然素材の家はただ今大人気の住宅になっていますが、それに伴い、部分的に又は一部に自然素材や無垢材を使っただけで「無垢の家」や「四亜鉛素材の家」を歌っている工務店がどんどん増えています。普通の方はどれが無垢なのか?何が自然素材なのかがはっきりわからない方も多いのが当たり前。又、無垢の家を広告やホームページに出して実際には新建材を進めるなんて業者が非常に多いようです。わたくし共に相談に来られるお客様からはよくそういったお話を耳にします。なぜそんなことをするのか?それは無垢材の扱いに慣れている職人がいない、反りの出ない変形しない良質な無垢材を使えないなどが主な原因だと思います。人気が出たからといってすぐに採用できるものではありません。今の大工さんも新建材に慣れきった、新建材しか暑かったことがない職人さんがほとんどです。それだけ難しい無垢材の施工。彩建では専属の大工さんは無垢材での工事がほとんどなので工事には自身があります。又、無垢材も徹底乾燥させた良質の無垢材を使用しており、ほとんど変形しない乾燥材を使用しております。所沢ショールームは出来てから9年経過していますが、無垢の床材は全く変形していないのが確認できます。

無垢の家注文住宅  無垢の家規格型住宅 無垢の家リノベーション 無垢の家リフォーム

フラット35史上最低金利の1.08%(35年固定)に!

35年間固定金利のフラット35が2016年5月1日 実行金利で市場最低金利の1.08%に!Sタイプで0.78%(当初10年間)に!

マイナス金利政策により住宅ローン金利が超低金利になっていますが、35年固定のフラット35がついに1.08%に(35年間固定)となりました。住宅購入の方はますます有利に!消費税アップ前に最低金利と追い風が!

そもそもフラット35の前身の住宅金融公庫は5.5%の時代が長く、その頃の銀行金利は7%から8%、住宅ローン専門会社で9%から10%超える時代もありました。今から考えると嘘みたいな、いや、今が嘘みたいな低金利!ちなみに1000万円を5.5%の金利で35年で組むと月々返済は5万3,701円なのに対し、1.08%だと2万8,602円と約半分に!単純計算で考えると不動産価格が半分になる計算!30年前は不動産価格も倍、金利も倍で今の購入される方は本当に良い時代です。

低価格の天然木の企画型住宅       無垢の家注文住宅      土地を買って家を建てる  中古を買ってリノベーション

 

2016年4月22日(金)土地探しから家づくりセミナー開催!

新築注文住宅を建てる方の約7割は土地探しからです。土地探しをする為には色々な前準備が必要になりますが、これがなかなか難しいものです。

どんな事に注意すればよいのか?

①土地を買う時の住宅ローンはどの金融機関でもよい訳ではない?ってどうゆうこと?

②土地を買って家を建てるまでの流れって?どのくらい期間がかかるの?

③土地によって建築費や外構費が変わるってどういう事?

④土地代金や建物代金の他に必要な資金はどのくらいかかるの?どんな費用がかかるの?

⑤更地と古家付きどっちが得なの?

などなど数え上げればキリが無いほどわからないことばかり!しっかり勉強しないと失敗してからでは取り返しがつきません。そこで彩建コーポレーションでは土地探しから家を建てるまでの疑問や質問にお答えするため、

「土地探しからの家づくりセミナー」を開催致します。

とき:2016年4月22日(金)・29日(金) ※要予約

時間:朝10:00から12:00まで

場所:埼玉県所沢市東狭山ケ丘1-68-6「木樹の里ショールーム」

お車で来られる方はショールーム前のコインパーキングにお止めください。お帰りの際に無料券をお渡しいたします

access-MAP120140913_112642_ks

専用ページへ

3月26日(土)・27日(日)は入間市下藤沢で無垢の家見学会開催!

DSC04405_ks DSC04442_ks

天然木を使った自然素材の家 住宅見学会を開催いたします

今回は入間市下藤沢のお客様が実際に建てる家の建築途中の見学会。住宅の耐震性や断熱性能は完成してからでは見ることは出来ません。又、断熱材なら何でもよいというわけではありません。断熱材の重要なポイントは数十年、数百年とその性能を維持することです。グラスウール断熱材のような湿気を吸い込んでしまう断熱材は数年後に断熱性能が急低下してしまい、冬は寒くて暖房が聞かない家になってしまいます。当社でリフォームする方の理由のトップは冬寒くていられない!何とかしたい・・・という理由です。なぜ、湿気を吸い込むと断熱性能が落ちるか?それは乾いた布で熱い鍋を持つことは出来ますが、水に濡らした布では熱くてもてません。このように、水分は熱を伝える性質を持っていますので、日本の高温多湿な国は、ハワイのような湿度の少ない、高温の国に比べて、同じ30度でも熱さが違うのです。断熱性能は数値だけではダメなのです。

天然木の無垢材は断熱性能があります。真夏の公園のベンチで木のベンチは普通に座れますが、石のベンチは熱くて座れません。このように木材は空気をいっぱい含んでいるので熱を伝えにくく断熱性能があります。勿論、真冬に鉄を触ると冷たくて長く触れませんが、木材は冷たくなりません。彩建コーポレーションでは床板に暑さ3センチの分厚い無垢の床材を張りますので、湿気を吸わない高性能断熱材 厚さ7・5センチと合わせたダブル断熱になります。今回の見学会ではこの断熱材が見える状態で開催いたしますので、ぜひご覧いただき、体感してください。

土地探しから家探しの方は、当社の「土地購入から建築までワンストップサービス」のご説明をさせていただきます。宅建業・建築士事務所・建設業の資格を持った彩建だから、土地探しから建築まですっべてお任せいただけます。お気軽にご相談ください!

超低金利のマイナス金利の今が絶好のチャンス!住宅ローン金利がここまで低くなるとはだれもが想像しなかったでしょう!?このビックチャンスに今こそ住宅購入を考えるチャンスです。土地購入からの方は住宅取得控除が最大で400百万円というこの時期に最大限の活用をおススメ!

見学会のご予約はこちら

無垢の家住宅見学会開催

埼玉県入間市で無垢の家住宅見学会開催します

土地購入から家を建てる

埼玉県や東京都で土地探しから家を建てる方はワンストップサービスで

10年前に比べ中古住宅購入希望者が2倍以上に!人気の秘密は?

tyukorenoveestaterogo1111

04年の内閣府の調査時点で中古住宅の購入希望者が15年の調査で2倍以上にふえるという結果が出ました。新築希望者が減り、中古住宅を買ってリフォームするという方の割合がどんどん増えてきています。

なぜ?中古住宅が人気に!

以前は中古住宅には不安がいっぱい有り、買うなら新築という方が多かったのですが、その不安が解消されてきている事が要因だそうです。

不安なこととは

①耐震性に不安

②リフォームにどれくらい費用がかかるのか不安

③保証や保険に不安

というような不安からか、希望者が少なかったのですが

最近の中古住宅はその不安を解消している物件や業者が増えたことが人気の秘密みたいです。

①購入前に耐震診断による調査で安心!

②ワンストップサービスによる事前にリフォーム費用がわかる安心!

③保険や保証の充実

④立地条件が良い!

⑤リノベーションで新築同様に出来る!

工事金額を安く見積もれる事も当然ながら、住宅に対する価値観が欧米化してきている事も理由の一つ。現代的な住宅の価値観は、家を「住む為の道具」として捉えます。それは、依然のように家自体の大きさや使われている材の豪華さ、様式を求めるのではなく、いかに「便利」で「快適」かが重要な要素であるという事です。間取りにおいても、立派な応接室や床間より、家事動線の整理された間取りが好まれるようになりました。中古住宅のリフォームは「豪華さ」よりは「気軽な便利さ」というニーズにマッチしているのかもしれません。このようにして生活スタイルの変化にあわせて住まいも変わっていくのです。

DSC03920_ks DSC03918_ks

DSC03611_ks r00127851

中古を買ってリノベーション専用ページ

 

東京都あきる野市で天然木の家完成見学会開催!!

2016年2月20日(土)・21日(日)の2日間限り!で自然素材の無垢の家「完成見学会」を開催いたします!

シックハウスとは無縁の家!アトピーや喘息などの方は是非、住宅見学会で体感してみてください。

天然木の家吹き抜けのスケルトン階段 無垢の家吹き抜け空間

今回は規格型住宅「tsumiki」の木樹の里バージョンの初公開!オール真壁で柱や梁が見える木の家!高気密な発泡ウレタン吹き付け断熱で真冬の暖かさを体感してください。

とき 2016年2月20日(土)と21日(日)の2日間限り(その後お施主様はお引越しされ見れなくなります)

時間 朝10時から夕方5時まで 2日間とも

場所 東京都あきる野市草花1542-2(カーナビは近所を示しますので下記の地図をご覧下さい)

案内図

akirunotizu akirunoannnai1

当日は見学会会場隣の敷地を臨時駐車場としておりますので、係員の誘導に従い、お車をお止め下さるようお願いいたします。

今回の見所は?

①大きな吹き抜け空間で開放的なリビング

②広いロフトスペースに吹き抜けのスケルトン階段

③手作りの造作洗面化粧台

④大きなパーゴラのアプローチ

⑤傾斜天井の大空間

専用ページはこちら    eventQRcode (1)

土地探しから家づくりの方はワンストップサービスで下記をクリック

土地を買って家を建てる 埼玉県所沢市saikenestatesaitQRcode