寒い家と温かい家!実はここが違う!!

ご存知でしたか?

体感温度は“室温”と“まわりの温度”で決まります。

みなさん、よく勘違いされるのが、寒い家とは、室温だけが低い家だと思っていませんか?

暖房機のコストをかなりかけて、室温をあげたとしても、決して温かな快適な家にはなりません。

さて快適な温度とはいったい何℃でしょう?

その答えを導くのに2つの温度が外せません。一つは空気の温度である室温。もう一つは、壁・天井・床の身の回りの温度です。

暖房温度が22℃でも窓ガラスの温度が8℃であれば、体感温度は15℃となります。(※1参照)

これでは肌寒くて、じっとしてられません。一般で言われる「寒い家」です。

この時(まわりの温度が8℃)、室温を36℃に上げてあげませんと、体感温度は22℃になりません。

しかし、まわりの温度と室温の温度差は14℃とあまりにも大きく、温かい空気が軽いため天井に暖気が溜まるだけです。

これでは足元は冷たく、顔だけ火照ってしまい、室温は22℃なのに快適とは言えません。

快適な「温かい家」とは暖房器具だけでは絶対に得る事が出来ないのです。

快適な家を得る為には、壁・床の断熱材や開口部(窓などのサッシ)を見直してみましょう?

新築であれば、高性能の断熱材や断熱効果の高いサッシはとても大事です。

リフォームであれば、高断熱仕様の全面リフォームが出来るのであれば越したことはありませんが、費用も時間もかかります。

手軽に断熱省エネ効果を発揮できる方法として内窓インププラス設置もあります。

(※1)体感温度の計算式は(室温+まわりの温度)÷2

窓の温度が8℃まで下がった部屋で体感温度を22℃まで保つためには、、、

22℃=(?℃+8℃)÷2 よって、36℃の室温が必要になる訳です。

 

弊社は、高性能断熱材+床板から天井まで全て天然木の断熱効果のダブル断熱を実現しました。

快適な温かい家の秘密はこちらです。

この度、2月20日(土)、21日(日)の二日間に限り、

実際に建てたお施主様の等身大の家づくりを見ることが出来る完成現場見学会を開催します。

会場:あきる野市草花1542-2

AM10:00~PM5:00(雨天決行)

是非、ご家族で、「冬でも温かい断熱性能の訳?」を体験しに来てください。

 

自然素材の無垢の家 DSC03176_ks

20150904_112819_ks

 

空家条例改正により平成28年度より固定資産税が6倍に!

昨年改正された空家条例により、平成28年度より、放置された空き家の所有者に対し、固定資産税を最大で6倍に課税することになっています。

土地の固定資産税は住宅用の家屋が立っている場合は、軽減税率というものがって、更地の状態に比べて6分の1の税額しか払っていないのですが、空家条例により、平成28年度からは、放置している空家に対し、この軽減税率を徹倍し、家屋の撤去を指導されてしまいます。この指導を無視すると最終的に行政代執行が行われ、市町村が解体業者を頼んで強制的に解体撤去となります。解体費用は市町村から所有者に請求が来るため、高い解体費用を強制的に払わされるということになります。

空家を所有の方はお早めに対策を取るのがオススメ!詳細は専用ページへ

空き家対策といってもどうすればいいの?解体費はどのくらいかかるの?直せば使えるし壊すのはもったいない!人に貸すのもどうなの?持っている土地が遠方だから、知っている業者もいないし不安・・・そもそも空き家条例って何? わからない事ばかりで、どこに相談すればいいのという方は、まず、ネットで相談できるワンストップサービスの彩建コーポレーションにお任せ。 akiyakopi1 akiyawansutop11

詳細は専用ページへ

飯能市で自然素材の無垢の家完成写真UPしました

DSC04163_ks DSC04167_ks

DSC04174_ks DSC04200_ks

DSC04206_ks DSC04161_ks

DSC04204_ks DSC04215_ks

2016年1月に飯能市で無垢の家が完成いたしました。

土地探しからのお手伝い 専用サイトはこちら

ワンストップサービスの不動産物件検索サイトオープン

ワンストップサービスの会員専用ページオープン

彩建コーポレーションでは新築注文住宅の土地探しや中古住宅を買ってリフォームの物件探しをワンストップで行うサービスを行っております。物件探しにお役に立つよう検索サイトのオープンと同時に会員登録していただくと大きな特典が受けられる会員専用ページを作成いたしました。estaterogo11111eventQRcode (1)

ワンストップサービスとは

通常土地や住宅をお持ちでない方は不動産業者に土地探しや中古住宅を紹介してもらって購入。その後建築業者を探し新築や中古住宅のリノベーションやリフォームを依頼するというのが一般的な流れになっております

そこで問題になるのは新築住宅の場合は土地は購入したものの建築費以外の余分な費用がかかる土地を買ってしまった!?思っていた建物が入らない(建てられない!)予算がオーバーしてしまった!などなどいろいろな問題が購入後に出てくることです。これは土地と建物+外構費やその他必要経費をトータルで計画していないからです。中古住宅購入でリノベーションやリフォームの場合などは、建物の調査をしていないと予定外の補修費が出てきたり、間取り変更も考えていたが、構造的にできない、なんてこともよくある事です。初めに分かっていれば購入しなかったのに・・・という事になってしまうのです。中古を買ってリフォームやリノベーションする方が大幅に増えている為、このようなトラブルや問題が後を立ちません。そこで、物件購入と設計・建築をすべて同じ会社で行うことで問題解決が出来る為、政府でもこのワンストップサービスを推奨しているのです。

不動産検索サイト専用ページ(ワンストップサービス)

新築を建てる方の7割は土地探しから

新築注文住宅を建てる方は7割が土地探しから行っています。賃貸アパートや賃貸マンション等に住んでいる方は、そろそろ我が家がほしいなと思ったらまずどんな行動を起こしますか?
①住宅展示場に行ってなんとなく家づくりのことを調べてみる
②不動産会社に行って土地探しをする
③ネットで家づくりの勉強をする
④ネットで住宅会社を調べる
⑤ネットで土地探しをする
⑥住宅雑誌を購入する
・・・・いろいろな方がいると思いますが大抵はこのような行動を起こす事が多いのではないでしょうか。一生に一度の大きな買い物!絶対に失敗したくない!誰もが思う事だと思います。
又、途中で諦めて建売住宅を購入する。良い土地があったけど建築条件付きだったので、そのまま建売仕様の注文住宅(?)を建てる方も多いかと思います。
プロからのアドバイスとして絶対に初めにして欲しい行動は「家づくりの勉強」です。不動産と建築はとても難しく、勉強といっても、なかなか理解できない!プロが家を建てるんだから大丈夫でしょ!・・・こんな方が多いのも事実です。でもここは少し考えましょう、なぜなら一生に一度のものだから、御自分の人生がかかっているのだから・・・
勉強といっても何から始めればよいのかわからない?どこを勉強すればよいのかわからない?と思います。そこでおススメなのが、建築会社が行っている家づくり勉強会や住宅見学会です。住宅見学会の場合は実際にその建築会社が建てる仕様や特徴、構造などが目で見てわかるのと、見学会では必ず、スタッフが説明をしてくれますので、一番わかりやすいし、現物を見ることが一番の勉強なのです。本を読んでもわかりづらいし、偏った内容になっていることが多く、混乱してしまうことになりかねません。いろいろな業者の見学会に参加して、業者の生の声を聞くのが大事です。その中で自分にあった業者を選び、そこと一緒に土地探しをする事が一番の方法です。

estaterogo11111eventQRcode (1)

土地探しや中古住宅探し専用サイト

住宅見学会のご案内

明けましておめでとうございます。

いよいよ2016年がスタートいたしました。皆様にとって良いお年であることを願います。

さて、年明けの新年第一弾の住宅完成見学会を行います。場所は埼玉県の飯能市。圏央道 狭山・日高インターから4,5分の所で、無垢材を使った天然木の家。オール4寸の真壁仕様の家が完成し、お施主様のご好意で開催する2日間限りの見学会です。

ご家族揃ってのご来場お待ちしております。詳細は専用ページ

来年の4月からは消費税が10%にUPは確定的!今年の9月末までにご契約された方は、現行の8%で据え置きとなりますので、残り機関はわじか!!今年こそ最後のチャンスとなります。

土地からご購入の方は土地購入からのワンストップサービスでお任せいただけますので、お気軽にご相談ください。専用ページはこちら

hannnoutirasi2 hannoutirasi1

目玉のおやじ

ぜひ見に来てくださいね!!