狭山市築80年のリノベーション住宅見学会報告!

このエントリーをはてなブックマークに追加

おかげさまで大盛況で終了いたしました!

公式ホームページ

狭山市で築80年のリノベーション住宅、1日限りの見学会は27組約70名のご来場をいただき、大盛況の中終了させていただきました。ご来場ありがとうございました。

DSC02748_ks DSC02771_ks

築80年sの戦前に建築した木造住宅。当初は茅葺き屋根だったそうで、囲炉裏もあったそうですが何度もリフォームをしていく中で数十年前に囲炉裏はなくなり、茅葺き屋根も瓦屋根に変わっていた状態。

今回は重い瓦を撤去して、下地や垂木まで交換。軽量瓦の「ルーガ雅」に葺き替え野地板や垂木も交換しました。

DSC02765_ks DSC02762_ks

約10畳のひろーい玄関ホール。隠れていた梁をあらわしにして、天井に赤松の無垢の天井材、床も赤松の無垢材を貼り、壁は珪藻土壁紙でリフォーム。

建具も夢ハウスオリジナルの天然木の建具を入れ替えフルリフォーム。

DSC02773_ks DSC02780_ks

赤松の玄関収納が小さく見えてしまう程の大きな玄関ホール。

DSC02774_ks DSC02810_ks

和室の天井は巨大な梁と2階床板や根太をそのまま残し、壁と畳みをリフォーム。キッチンは隠れていた天井の梁を見せて、キッチンの位置も買えフルリフォーム

DSC02803_ks DSC02814_ks

トイレの床はヒバ材。タンクレストイレでスッキリ。居間件書斎の床は赤松、ローボードも赤松で

DSC02798_ks DSC02815_ks

屋根の野地板と垂木も交換し、あわらしに、書斎の梁もあらわしで

DSC02826_ks DSC02824_ks

キッチンは対面式に変更し、隠れていた梁もあらわしで。桜抜きのオリジナルの天然木の建具。

DSC02804_ks DSC02786_ks

洗面脱衣室は桐のうづくりで、壁は珪藻土壁紙。2階の丸太の小屋梁もあらわしで、天井は赤松材で

DSC02788_ksDSC02776_ks

2階の小屋組はあらわしで、天井と壁は珪藻土壁紙。1階の収納部屋は総桐でリフォーム

公式ホームページ

専用ページへ
営業エリア
埼玉県

所沢市、入間市、狭山市、飯能市、川越市、日高市、坂戸市、鶴ヶ島市、新座市、志木市、三芳町、ふじみ野市、富士見市、朝霞市、東松山市、さいたま市、川島町、毛呂山町、越生町、鳩山町、東松山市、嵐山町、滑川町、小川町、鴻巣市
寄居町 、ときがわ町など

東京都

東村山市、東大和市、東久留米市、武蔵村山市、羽村市、瑞穂町、福生市、青梅市、清瀬市、小平市、立川市、国分寺市、国立市、昭島市 、西東京市、武蔵野市、三鷹市、練馬区、
小金井市、杉並区、板橋区、八王子市、あきる野市、日野市など

無垢材でリフォームをお考えの方は公式ホームページ

リフォームの難しさ!

無垢材のリフォームはどこでも出来るわけではありません。材料も無垢材ならなんでもというわけにはいきません。なぜなら、無垢材は乾燥があまいと取り付けたあとに反ってきて、がたがたになってしまいます。工事の仕方も無垢材に扱いなれた大工さんでないと出来ない・・・なのに最近の無垢材の人気からホームページやチラシを見ると無垢材という言葉や自然素材という言葉がたくさん出てきます。勿論、大半は扱いのなれた職人が、乾燥無垢材を使って工事をしているところがほとんどだと思います(そうあってほしいという願い?)が、表向きの宣伝と実際にすすめている工事内容が全く違うというとこをよく耳にします。その理由は最初に書いた乾燥材の入手が出来ない(又は高い)、できる職人がいない!ということが原因だと思います。最近の大工さんはノミもカンナも使えないという方が増えています。建売やローコスト住宅を作るときは、電動ドライバーひとつで出来てしまうからなのです。日本の伝統技術を残さなければいけないのに実際は技術がいらない方向にどんどん進んでいるのが現状。リフォーム工事はノミやカンナ、のこぎりやゲンノウ(カナヅチ)が使え無いと出来ないのに、この先が心配です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です