夢エコ便り~リフォーム失敗!? 業者選びのポイントとは~

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在新築戸建てが減少傾向にある中、リフォーム市場は年間6兆円と言われており、住宅エコポイントと相まって注目度が高まっています。しかし活況になれば住宅トラブルが付いて来るもの。お客様からよく他社のリフォームで失敗したと耳にします。なぜ失敗してしまったのでしょうか? ここで1つの失敗談をご紹介します。

【リフォームを繰り返すケース】
御手洗さん(仮名)は老巧化したトイレやお風呂のリフォームを決意。どちらも下地の木が腐っていたので全てきれいに直す事にしました。
丁度住宅エコポイント制度の受付期間だったという事もあり、思いきって節水型トイレや断熱性能の高い浴槽を設置してもらい家族の皆も新しいトイレとお風呂に大満足でした。それから5年後・・・・・トイレとお風呂を再びリフォームすることに!?
また床下が腐っていたのです。なぜ??

実は御手洗さんの家は、もともと家を建てる時点で床下の換気対策に問題がありました。日本は高温多湿。高い温度と湿度で腐朽菌が繁殖してしまうのです。

表面だけきれいに直しても原因を取り除かないと、同じ工事を短期間で何度もやり直さなければいけません。
今回の場合は施工業者が早く仕事を納めるために先の事を考えず作業をしたのが原因でした。再び木が腐ってしまい折角のリフォームが台無しです。
床下の換気を調査し、通気工法を見直す必要があったのは言うまでもありません。

また、専門が外壁や水回り等の施工業者なのに「リフォーム専門」を名乗っている例があり注意が必要です。これもリフォームが注目されているからでしょうか。

作りっぱなしではなく、事前調査やあらゆるアフターケアが可能かどうかを判断基準に業者を選ぶ事が肝心です。普段は見ることが出来ない家の内側「見えない住宅の欠陥」をしっかりチェックしてもらいましょう。ぜひ顧客の立場でアドバイスや工事をしてくれる誠実な業者、又は新築とリフォームどちらも施工できる会社をお選びください。

もし「部分的なリフォームでは済まないかも」とお思いでしたら夢ハウスの”リセット住宅”がオススメです。今の家をいったん骨組みの状態に戻し、天然無垢材をふんだんに使用したリフォームで「断熱・耐震・通気」の機能を備えさせ築年数を「リセット」します。

弊社のリセット住宅は「蘇り」テーマです。だたの修繕ではない、価値を高めるリフォームです。

81_3reset189_111

お建て替え、新築、リフォームのご相談は、お気軽にこちらへ連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です