長期優良住宅認定 全体のわずか2%

優良住宅の普及促進 認定制度見直しへ法改正 国交省

国土交通省は、耐久性や維持管理のしやすさに優れ、長期間住み続けられる「長期優良住宅」を普及させるため、認定制度を見直す方針を決めた。  戸建てに比べて認定が進んでいないマンションについて、部屋単位ではなく1棟ごとに認定する仕組みを導入。性能が基準を満たしていれば、増改築しなくても認定可能な方法も設ける。関連法の改正案を18日召集の通常国会に提出する。  同省によると、全国に約5400万戸ある住宅のうち、長期優良住宅に認定されているのは約2%の113万戸。このうち、マンションや賃貸住宅などの共同住宅の認定は2万戸にとどまり、戸建て住宅に比べて特に進んでいない。  現行制度は、マンションの部屋ごとに認定する仕組みになっており、申請する分譲事業者にとっては、入居者が決まるたびに所有者の変更申請が必要になるなど手続きが煩雑。負担を軽減するため、管理組合単位で1棟ずつ認定する仕組みに改める。  また現行制度は、新築か増改築時に認定するのが前提で、中古住宅は性能面で基準を満たしているだけでは認定を受けられなかった。改正案では、長期使用に向けた維持保全の計画を申請した上で性能基準を満たせば、増改築を伴わなくても認定可能な仕組みを新設。対象となる住宅の範囲を広げる。

以上「ヤフーニュースより抜粋」 

長期優良住宅が進まない大きな理由は、費用面と制約ではないでしょうか。

長期優良認定を受けるためには100万円~200万円の予算UPが必要になったりします。又、間取りなどにも制限が出たり、成約が多すぎて住まいとしての魅力が半減してしまったり・・・

お役所的に数字だけで物事を考えてしまう住宅の各種制度は長期優良だけではありません。今回見直しを検討ということですが、遅すぎるんではないかと思う。10年以上も前からあるこの制度は初めから認定を受ける住宅が少なかったわけで、何も改善していない10数年間・・・今回の改正でどれだけ進むかは、根本的な問題を解決しないと結果は変わらないと思います。小手先だけの改正ではなくガラガラポンと大幅な見直しが必要なのでは?

住宅ローン減税が延長されます

住宅ローン減税等が延長されます!
~令和4年入居でも控除期間13年の場合があります~

令和2年12月21日

 本日閣議決定された令和3年度税制改正の大綱において、住宅ローン減税及び住宅取得等資金に係る贈与税非課税措置の延長等が盛り込まれました。

1 背景
  ポストコロナに向け、経済の持ち直しの動きを確かなものとし、民需主導の成長軌道に戻していくため、今月8日に新たな経済対策が策定されたところです。
  これを踏まえ、民需主導の好循環の実現等に資する住宅投資の喚起を通じて、新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図ることを目的として、本日閣議決定された令和3年度税制改正の大綱に、住宅ローン減税及び住宅取得等資金に係る贈与税非課税措置の延長等が盛り込まれました。
※今回の措置は、今後の国会で関連税制法が成立することが前提となります。

 
2 税制改正の概要 ※詳細は別紙をご覧ください。
 (1)住宅ローン減税
  ○現行の控除期間13年の措置について、契約期限(注文住宅はR2.10~R3.9、分譲住宅等はR2.12
  ~R3.11)と入居期限(R3.1~R4.12)を満たす者に適用。

 ○上記の控除期間13年の措置の延長分については、床面積要件を40㎡以上に緩和。
  ※40㎡以上50㎡未満については、合計所得金額1,000万円以下の者に適用。
 
(2)住宅取得等資金に係る贈与税非課税措置
  ○R3.4~R3.12の住宅取得等に係る契約について、R2年度と同額の非課税限度額(最大1,500万円)
   を措置。
  ○床面積要件を40㎡以上に緩和。
  ※40㎡以上50㎡未満については、合計所得金額1,000万円以下の者に適用。

住宅ローン減税の延長で特筆すべきものは先に決まった床面積要件の緩和で40㎡以上の1LDKも対象になるという事でしょう。今後、分譲マンションで40㎡1LDK以上という物件が増えることと思われますが、今までは対象になっていなかった50㎡以下の物件も40㎡以上で対象になります。単身者や高齢者、夫婦2人住まいの方などには朗報ですね。

コロナによる経済対策でいろいろな部分が見直されたり新設されたりしていますので、情報収集をしっかりすることで知っているだけで得をする、知らないと損をすることにならないようにしましょう

このような情報をメールマガジンで配信していますので、メルマガ登録していただければ自動的に住宅関連の情報が入るようになります

詳細は専用ページで

グリーン住宅ポイントhttps://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/juutakupoint/

新築メルマガ https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/chumonresetmerumaga1/

注文住宅 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/catarogu/

新年あけましておめでとうございます

本日より仕事始めとなりました

本年もよろしくお願いいたします。

明日8日より、緊急事態宣言となりましたがとにかく頑張るしかない!

動いていれば何とかなるし、何とかしなくてはいけないと・・・

今年は元日に東所沢にできた「サクラタウン」にちょこっと寄ってみました


コロナで人はまばらでした。時間がなかったのでじっくりは見れなかったのですが、テレビに出ている本棚は入場料が1400円かかるというので、後日ゆっくりできるときに見てみようと思います。やはり、混んでるのも嫌ですが、人気のないのも寂しいですよね。早くコロナが終わってほしいなって、こういったところに来るとつくづく実感した元旦でした。

二度目の緊急事態宣言で各企業や個人も本当に仕事の仕方や生活の仕方が変わったように思いますが、新しい生活に早く対応していかないと、コロナのせいにして前に進まないのは良くないと思います。何かをしていかないと新しいことにチャレンジしていかなくてはと思った元日でもありました。

テレワーク  https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/terework/

リモート相談 https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/zoom/

メルマガリフォーム https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/merumagareform1/

グリーン住宅ポイント

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/juutakupoint/

所沢市のリノベ進捗

所沢市のリノベーション住宅

外構の木製パーゴラやサンデッキ工事中。年末完成予定。

年末ギリギリまでの現場が数件あり、何とか納まる状況ですが、年内に手を付けられず年明けになってしまう現場も数件。忙しい1年でしたが、来年も現場が忙しそうです。

建築現場は人で不足で困っていますので、建築経験のある方はご一報ください

グリーン住宅ポイント制度創設されました

新築及びリフォームが対象になります

新型コロナウィルス感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図るため、一定の省エネ性能を有する住宅の新築やリフォームなどに対して、商品や追加工事と交換できるポイントを付与する「グリーン住宅ポイント制度」を創設することになりました

グリーン住宅ポイント制度の概要

●新築は最大40万円相当、リフォームは最大30万円相当のポイントを付与。
※一定の要件を満たす場合は、新築で最大100万円相当に引き上げ

●「新たな日常」等に対応した追加工事にもポイントを交換可能

●若者・子育て世代がリフォームを行う場合などにポイントの特例あり

●住宅の新築・リフォーム、既存住宅の購入で、令和2年12月15日から令和3年10月31日までに契約の締結等した場合が対象。

となっております

詳細はお問い合わせください

尚、追加情報やお得な情報をいち早くお知らせするメールマガジンにご登録いただくと、情報を逃すことなく早めの情報が入手できます

詳細はこちら

withコロナ時代は家で楽しむ時代!

バスタイムをより快適に

ちょっと贅沢なバスタイムを過ごしませんか?

大画面のモニターでテレビや映画、ユーチューブなどインターネット接続でお好みのチャンネルでゆったりバスタイムはいかがですか?
https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/bathroom/

withコロナ時代はいかに住まいを快適にするかが大きなテーマですね!その中で毎日のバスタイムをより快適にするのはちょっと贅沢だけどストレス解消や健康維持には必要なことです

今まで以上に健康やストレス解消を考えたら、少し贅沢してもバスタイムを快適にしたいもの

湯を、まとう。お湯が織りなすベールのような新感覚

「アクアフィール[肩湯]

肩湯はくびを直接温めることにより、血流量が増します。肩こりは、血行が悪くなることから引き起こされるもの。お湯が筋肉の緊張をほぐし、発痛物質が血液により洗い流されるというメカニズムから見ても、肩湯は美容にも健康にもふさわしい入浴法といえるかもしれません。

少ない湯量でも、肩湯によって全身浴のように温まることができます。身体の負担が少なく長く入浴できる半身浴と、肩までつかる心地よさの全身浴。その両方の良さを一度に味わえるのが「肩湯+半身浴」という入浴方法です。

ジェットの刺激でリフレッシュ

ジェットの刺激で身体をほぐしてリフレッシュ。コンパクト設計で低騒音のポンプを採用しているので、時間を気にせずにご使用できます。操作は壁のリモコンで、噴流の角度はお好みでカンタンに変えることができます。

上記のようなちょっと贅沢なものが人気が出ています。コロナ化で楽しみ方の変化や健康やストレスを考える方が増え、食べ物も高級品が売れている現代

少しでも家で快適に健康に暮らしたい・・・そんな時代に変化しています

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/bathroom/

ふじみ野市の増築現場完成写真

埼玉県ふじみ野市で行っていた増築現場の内部写真です

真壁といって構造材である柱や梁が見える構造。一般的には柱や梁にかぶせるように壁や天井を張るといった仕上げになりますが、彩建では柱の内側に壁をつくり、柱を見せる真壁構造を得意としております。これは大工の技術が必要になる為、現代ではあまり行われていません。

もともとは日本の住宅というのはこの「真壁づくり」が当たり前の工法でしたが時代とともに洋風化された住宅と集成材という建材、大工技術などなどで今では数少ない工法になっています。

これが出来るために大きな条件がありますがそれは

「乾燥無垢材を使う」という事です。柱や梁が見えてくるわけですから、乾燥のあまい無垢の構造材を使うとやがて変形して壁が割れてきたり、建具が開かない、閉まらないなどの不具合が起きてしまいます。しっかりと乾燥させた構造材が必要になります。この材料があって出来る事なので、大工の技術だけではその後の生活を考えた場合は出来ないのです

乾燥無垢材を作るのは難しい⇒コストがかかる!

彩建では新潟にある夢ハウスの加盟店の為、この乾燥無垢材が安価で手に入れることが出来ます。この夢ハウスは木材乾燥機の特許を取得している無垢材にこだわった建材メーカーであり、工務店として自社でも家を建て、全国に400社以上の加盟店を持つ会社です。

まず、乾燥無垢材を作るためには、乾燥機で乾燥させればいいだけじゃないの?と思う方がいるかもしれませんが(笑)・・そう簡単ではないのです

そもそもなんで乾燥無垢材を使わらければいけないのかですが、

未乾燥木材を使うと建てた後に徐々に乾燥していき、乾燥の過程で収縮変形をおこします。これがのちに出る不具合の原因なのです。外壁や内壁、建具や床などに不具合が生じます

という事で乾燥機にかけると大きく変形してしまう為、商品として使えない木材になってしまいます。そこで夢ハウスでは仕上げ寸法に対し、1.7倍ほどの一次製材した木材を乾燥させ、変形分を削り仕上げ寸法に仕上げるという方法をとっています。当然こんなことをするとコストがかかりますので普通なら価格を上乗せにしますが、夢ハウスではこの削った粉を固めて薪ストーブの燃料として販売しております。又、商品そのものは一般に販売しているのではなく加盟店だけが直接購入するため、流通マージンがかかりません

よって、良質の乾燥無垢材を安価でご提供できるというシステムを確立しているのです

勿論、構造材だけではありません。床材や壁・天井材、建具屋、造作材、家具に至るまで住宅に使う木製品全てを作っている為、新築は勿論、リフォームでも良質の無垢材を安価で提供できるのです

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/furoa/?fbclid=IwAR2eA2FYrOiQfyL8SCB6x-P7J_Ms8yJeX40AhCHJ-7jv4stjqy15lydM_hg

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/catarogu/

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/reset/

公式ホームページ

コロナ禍以後の住宅ローン調査

コロナ禍以後、年収300~400万円台層が住宅購入に積極的。 

 持ち家派が増加傾向 

住宅ローン借り入れ可能額判定サービス「モゲパス」を提供する株式会社MFS(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:中山田 明、以下「MFS」)は、新型コロナウイルス感染拡大前後における、東京都および隣接する県の住宅購入希望者の傾向を分析しました。対象は、「モゲパス」を利用して住宅ローン借り入れ可能額を判定した東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の物件を希望する20〜50代の男女1,735名です。 

 「モゲパス」は、住宅購入希望者が住宅ローン借り入れ可能額を把握するサービスであり、申込者の入力情報を分析することで、住宅購入の最新傾向をつかむことができます。 

===== 
<分析結果> 
コロナ禍以後(2020年3月から)、 
・300〜400万円台の年収層が、特に以前よりも住宅購入に積極的に 
・住宅ローン以外の借り入れがある申込者が増加。借金があっても「持ち家ほしい」願望が顕在化 
・戸建て・新築希望者が増加。都心部の「職住近接」から郊外の「職住融合」へニーズが変化 
===== 

300〜400万円台の年収層が、特に以前よりも住宅購入に積極的に 

コ ロ ナ 禍 前 後 に お け る 、 モ ゲ パ ス 申 込 者 の 年 収 比 較 
コ ロ ナ 前 
コ ロ ナ 後 
92 % 
15 名 % 
10.5 % 
15.8 % 
164 % 
133 % 
149 % 
148 % 
・ 印 0 万 円 台 
・ 0 万 円 台 
& 9 % 
9 % 
聞 0 万 円 台 
・ 10 圓 万 円 以 上 
20.6 % 
17.9 % 
0 万 円 台 
700 万 円 台 
・ 0 万 円 台 
・ 0 万 円 台

コロナ禍以後には300万〜400万円の年収層の申し込み割合が特に増加し、この層で住宅購入に積極的な人が増えていることがわかりました。具体的には、コロナ前には300万円台の申し込み割合は9.2%だったのに対して、コロナ後には15.8%(6.6%増)となり、400万円台は10.5%から16.4%(5.9%増)となりました。このことから、年収300〜400万円台層において賃貸派から持ち家派が増えている傾向にあることがわかります。 
   

住宅ローン以外の借り入れがある申込者が増加。借金があっても「持ち家ほしい」願望が顕在化 

コ ロ ナ 禍 前 後 に お け る 、 モ ゲ パ ス 申 込 者 の 
住 宅 ロ ー ン 以 外 の 借 り 入 れ 有 無 比 較 
コ ロ ナ 前 
コ ロ ナ 後 
37.4 % 
10

コロナ禍以後には教育ローンや自動車ローンなど、住宅ローン以外の借り入れがある層の申込割合が増えていることがわかりました。コロナ前に住宅ローン以外の借り入れがある層の割合は28.5%だったのに対し、コロナ後には37.4%と8.9%増加しました。これは、コロナ禍以後に増加した300〜400万円台の層において、住宅ローン以外の借り入れをしている割合が高くなっていることも一因となっています。その他の借り入れがあっても、家を持つことで将来の住居に対する安心感を得たい人が増えていることが推測されます。

戸建て・新築希望者が増加。都心部の「職住近接」から郊外の「職住融合」へニーズが変化 コ ロ ナ 禍 前 後 に お け る 、 希 望 物 件 種 別 の 変 化 
ノ / ョ ン 
コ ロ ナ 前 
コ ロ ナ 後 
乍 建 そ ち ら で も 
25. 
戸 建 て 
21. 
ど ち ら 
21.1 、

コ ロ ナ 福 前 後 に お け る 、 希 望 物 件 状 態 の 変 化

希望物件種別では、戸建てを希望する人が25.9%から44.1%へと20%近くの大幅な増加となりました。また、希望物件状態では、新築を希望する人が26.8%から32.7%へと5.9%増えました。テレワークが普及し始めたことから、自宅で仕事のためのスペースを確保したいという需要が出てきていることや、価格の高い駅近や都心部のマンションよりも、価格も抑えられ広い住戸も多い郊外の戸建てに住みたいというニーズが高まっていることが伺えます。また、新築は税制上の優遇や最新設備が備わっていること、建売などの選択肢も多いことから希望者が増加したと推測されます。 

住宅ローンの借り入れ可能額の目安は、年収の6倍〜7倍前後

年 収 万 円 台 48 万 円 台 万 円 台 万 円 台 万 円 台 万 円 台 万 円 台 
平 均 値 1724 万 
中 央 値 1725 万 
2553 万 
268 万 
3495 万 
35 聞 万 
4298 万 
4350 万 
4899 万 5515 万 
10 万 5930 万 
628 万 
6350 万

※分析対象は、住宅ローン以外の借り入れがなく、かつ判定金額0円以外のユーザー1,019人

「モゲパス」で算出された住宅ローン借り入れ可能額を年収別に分析したところ、年収300万円台〜900万円台のユーザーで年収の6〜7倍前後が中央値となりました。具体的には、300万円台で5.8倍、400万円台で6.6倍、500万円台で7.1倍、600万円台で7.3倍、700万円台で7.2倍、800万円台で7.4倍、900万円台で7.1倍となりました。 
 
 一般的に、住宅ローンの借り入れ可能額は年収の7〜8倍と言われることが多いですが、住宅ローンの審査には細かい項目が設けられており、同じ年収の人であっても年齢や雇用形態など様々な要因で借り入れ可能額が異なります。例えば、年齢が高いケースや、その他の借り入れがすでにある場合には借り入れ可能額が想定以上に少ないことがあります。また金融機関ごとにも審査の傾向があり、単身者には審査が厳しいなどのケースもあります。「モゲパス」では年間5,000件以上の住宅ローン事前審査結果の分析から、個人の年収以外の細かな情報も加味した住宅ローン借り入れ可能額を算出しています。もしご自身のより正確な住宅ローン借り入れ可能額を知りたい場合には、住宅ローン借り入れ可能額判定サービス「モゲパス」をご利用ください。

調査概要 

・対象:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の物件を希望する30〜50代の男女1,735名 
   (20代:311名、30代:867名、40代:475名、50代:82名、 
    東京都希望者:1,086名、神奈川県希望者:312名、埼玉県希望者:154名、千葉県希望者:183名) 
 
・期間:2019年7月1日~2020年10月28日 
   (コロナ禍前:2019年7月〜2020年2月、コロナ禍後:2020年3月〜2020年10月として分析) 

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/chumonresetmerumaga1/

https://yumebpsaiken.sakura.ne.jp/wp/index.php/catarogu/

所沢市リノベーション進捗

サンルーム内部のタイル張り工事

コロナで庭にサンルームやサンデッキを希望される方は増えています

テレワークなどで自宅にいる時間が増えてストレス解消に敷地内に外部の空間を作り、食事やティータイム又は外の空間でテレワークなどで気分転換するスペースが欲しいというような方が増えています

お部屋にこもりっきりでは仕事の効率も良くないので気分転換できる場所は重要ですね

コロナによって生活習慣が変わり、今までとは違った住まいの環境づくりがこれからの時代は必要になってきます。現在様々なリフォームをされる方が増えていますが、今までとはちょっと違うご要望が多くなっています。

あなたはどんな不満や要望がありますか?予算やご希望をまずはプロに相談してみてはいかがですか。相談は基本的にどこの会社も無料が当たり前ですから・・・

https://saiken.biz/reform.html

来年度より50㎡以下の1LDKでローン減税が利用可能に

2021年の税制改正で、住宅ローン減税の「50平米規制」が緩和される見通しとなった。

不動産業界と1人暮らし、2人暮らしの人たちにとっては、悲願の改正が実現することになる。

というのも、現状、「10年間で400万円」というような大型の住宅ローン減税を利用できるのは、「登記簿面積50平米以上の住宅」という規制があり、その面積に満たない分譲マンションは対象外となっていたからだ。

「登記簿面積50平米以上」は、分譲マンションの3LDKであれば、楽々クリアできる。2LDKでも、大半は50平米以上だ。

しかし、1LDKではむずかしい。広さがクリアできず、住宅ローン減税の対象外になるのが普通だ。そうなると、3人家族、4人家族の世帯は住宅ローン減税が使えて当然なのに、1人世帯、2人世帯は、1LDKや一部2LDKの購入で住宅ローン減税が利用できないことになる。それは、おかしな話だった。

4人家族、3人家族では使えて当然の住宅ローン減税が、1人暮らし、2人暮らしで利用できないのは差別ではないか、という声さえあった。

だから、不動産業界は、数年前から「50平米制限の緩和」を訴え続けていた。それが、今回の税制改正で実現する見通しとなった。

50平米を40平米に緩和する改正は、1LDKを購入しようとする1人暮らし、2人暮らしの人にとって朗報となる。

同時に、不動産会社にとっても、マンション購入層が広がる、という意味でうれしいニュースとなった。

しかし、手放しで喜んでばかりもいられない。広さの規制が緩和されたことで、新たな動きが予想され、一部に「早い者勝ち」の状況が生じかねないからだ。

これまでは販売に苦労した、狭い2LDKや1LDK

これまで、登記簿面積が50平米を切る1LDKや2LDKは販売で苦労した。「この住戸は、住宅ローン減税を利用できません」と説明して販売しなければならなかったからだ。「だったら、住宅ローン減税が利用できる広さの3LDKを買う」と言ってくれればよいのだが、「それじゃあ、買わない」という人もいた。

住宅ローン減税を利用できない住戸は、売りにくかったのである。

そこで、2つの動きがあった。

まず、なるべく50平米未満の住戸をつくらないようにした。2LDKで48平米というような住戸をつくっても売りにくいので、2LDKの登記簿面積は50平米を切らないようにしたわけだ。

もう1つの動きは、登記簿面積が50平米を切る住戸は、価格を下げた。「住宅ローン減税が利用できない分、割安にしてあります」と説明し、購入検討者に納得してもらったのである。

今回の改正で、以上2つの動きに変化が生じることが予想される。

税制改正で、2LDKが狭くなり、1LDKは値上がりする?

まず、新たにつくられる2LDKは、登記簿面積で50平米を切るケースが増える可能性がある。

これまでより10平米程度狭くしても、住宅ローン減税を使うことができる。だから、狭くしやすい。10平米といえば、6畳程度の広さ。リビングダイニングを2畳ほど狭くして、2つの居室をそれぞれ1畳ずつ削減。収納スペースを全体で2畳狭くする……そんな圧縮型2LDKが増える事態が起きかねない。

圧縮型の2LDKをつくると、分譲価格は下がる。これまで、都心部では2LDKでも6000万円以上するところが多かったが、それを5000万円台にできる。すると、購入できる人が増え、売れ行きがよくなる。それを狙って、面積を圧縮した2LDKが増える可能性があるわけだ。

もう1つ、1LDKに関しては、面積を変えずに価格が上がる可能性がある。

「住宅ローン減税が使えないので、割安にする」時代が終わり、「少々高めの価格ですが、住宅ローン減税があるからいいでしょ」と説得できるようになるからだ。

今、売っている40平米台の1LDKは早い者勝ちか

登記簿面積の規制を50平米から40平米に下げることで、困った問題が生じる可能性もあるわけだ。

そこで、狙い目となるのが、今、分譲中のマンション。入居が来年になる新築マンションで、登記簿面積が50平米を切り、40平米以上の1LDKなどは要チェックとなる。

入居が来年ならば、40平米台の1LDKでも住宅ローン減税が利用できる。一方で、その1LDKは「住宅ローン減税利用不可」という前提で企画されているため、価格が割安になっているケースが多い。つまり、安く買えて、得が大きいマンションとなるわけだ。

この週末から、お得な1LDKを探す人がマンション販売センターに増えるかもしれない。

(ヤフーニュースより)

これは単身者にとって朗報ではありますが、上記の解説のように価格が上がってしまうという懸念もありますね。

マンションや一戸建てのリフォームに無垢の床材がおススメ!